タイヤ止め施工方法

車庫スペースにウリンのアクセント!オシャレなタイヤ止めで差をつけよう!

準備する物
  • アンカーボルト・ナット4セット
  • ナイロン糸orチョークライン
  • 電動ドリル
  • ハンマー・手袋
使用する材料
準備する物
  • 専用接着剤(エコぬーる)

※ウリン車止めにはボルトが
付属されておりません。
下記寸法をご確認の上、ご用意ください。

施工する前の準備

パーキング面   50mm±5mm×600mm±6mm
ボルト面     40mm±5mm×600mm±6mm
高さ       90mm±2mm(カット部分約60度)
アンカー用穴径  15mmΦ ナット用穴径:30mmΦ

step1 車止めを並べる基準線を引こう

車止めを置く位置を決めます

白線から白線までの中央を基準として、車止めを置く位置を決めます。ナイロン糸もしくはチョークラインを使用すると、まっすぐ正確なラインが引けます。

step2 車止め置く位置に印をつけよう

車止めの外側の位置に印をつけます

設置する位置(2ヶ所)を決め、車止めの外側の位置に印をつけます。


※今回は、ワンボックスカーでも対応できる幅で設置します。

Step3 穴を開ける位置を決めよう

  • 穴を開ける位置
  • 車止めの同じ幅のガイド板

車止めの同じ幅のガイド板を作ると作業が楽になります。

Step4 穴を開ける位置を決めよう

  • 電動ドリルで穴を開けます
  • タイヤ止めの穴

電動ドリルで、タイヤ止め1個につき2ヶ所穴を空けます。

step5 ボンドを練ろう

  • コンクリート用ボンド

    コンクリート用ボンドを用意します。

  • 基材と硬化剤をを混ぜます

    基材と硬化剤を1:1の割合で混ぜ合わせます。

  • ボンドを混ぜます

    混ぜ合わせる際は、アルミなどの容器に入れて、必ず手袋を着用して下さい。

step6 車止めを設置しよう

  • 穴に充填材を流し込みます

    まず、穴に充填材を流し込みます。

  • ボンドをぬります

    車止めを置く面にボンドを塗ります。車止めを置く際は、地面の穴と位置が合うようにします。

  • ボルトを差し込んでハンマーで押し込みます

    ボンドが固まらないうちに車止めを置き、ボルトを差し込んでハンマーで押し込みます。

Step7 はみ出したボンドをふき取って完成です。

  • 車止め完成
  • 天然木ウリン車止め
  • 天然木ウリン車止め設置写真
  • 天然木ウリン車止め(タイヤ側)
  • 天然木ウリン車止め(裏側)
  • 無機質なコンクリートに天然木ウリンが良く映え、オシャレなアクセントに!

  • RESTA MOVIE ナリキリチャンネル
    動画でわかりやすく解説!
  • エクステリアDIY商品
    エクステリアDIY商品
  • タイヤ止め2個セット
RETURN DIY講座TOPに戻る

To PageTop