フロアタイル・Pタイルを貼ってみよう!

ボンドを塗って並べるだけ!DIYで簡単施工!

色柄豊富なフロアタイルは土足対応なのでお部屋はもちろん、玄関土間や店舗などにもおすすめの床材です!1枚が扱いやすい大きさで、カッターで簡単にカットできるので、広い場所や狭い場所、どのような場所でも施工しやすい!DIYでフロアタイルを貼ってみましょう!

準備する物

  • カット定規
  • チョークライン
  • スケール
  • 油性ペン
  • カッター(大)
  • スポンジ
  • ローラー
  • コーキング剤

使用する材料

  • フロアタイル
  • フロアタイル用ボンド
  • ボンド用クシ
Before

フロアタイルの施工に入る前に

床のごみや汚れを取りましょう。ごみや汚れが残っていると、フロアタイルの浮きや、接着不良などが起こり、きれいに仕上がらなくなってしまいます。

step1基準になる部屋の中心線を引こう!

部屋の縦と横の幅を測り、それぞれの中心を割り出しフロアタイルを貼るための基準線を引きます。

チョークラインを使って真っ直ぐな線が引けたら、その上を油性ペンでなぞっておきましょう。

step2中心線から片面だけボンドを塗っていこう!

部屋の奥側からクシを使いボンドを塗っていきます。このとき、奥側から入口側に逃げるようにボンドを塗り広げていきます。

広い部屋を施工する場合は施工途中にボンドが乾いてしまうのを防ぐために部屋の1/4ずつボンドを塗って施工しましょう。

ボンドが多過ぎるとフロアタイルの隙間からはみ出してきてしまうので、注意して塗り広げていきましょう。

部屋の半分が塗れたら、オープンタイムをとります。ボンドによって時間が変わるので説明書を確認しましょう。

step31列目を貼っていこう!

部屋の中心にフロアタイルの角を合わせて置き、基準線から左右対称になるように貼っていきます。

基準線にぴったりと合わせて1枚目が貼れたらしっかりとローラーで圧着しましょう。

2枚目以降は横のフロアタイルにぴったり突きつけて貼り、1枚目と同じようにしっかりとローラーで圧着し、同じようにしながら壁際まで貼り進めましょう。

壁際まで貼れたら、必要な長さ分フロアタイルをカットして入れ込んでいきます。

手前の列の上にぴったり重なる様にフロアタイルを置きます。

その上から壁際にフロアタイルの端を突きつけてもう1枚フロアタイルを置きます。

一番上とその下のフロアタイルの境目に沿って2~3回軽くカッターを入れ、切れ目を入れます。

一番上のフロアタイルは外し、切り目の入ったフロアタイルを切り目部分で折り曲げ、折り目に沿ってカッターを入れて切り離します。

カットの終わったフロアタイルの切り口が壁際に向くように入れ込み、ローラーでしっかり圧着したら端の入れ込みの完了です。

作業のポイント

端が入れ込みにくい時はフロアタイルの両端を先に入れ込み、真ん中をゆっくり押し込むときれいにはめ込むことができます。

step42列目以降を貼っていこう!

長方形のフロアタイルはレンガ貼りをしていきます。正方形の場合はレンガ貼りとマス目貼りの2通りの並べ方があります。

今回使うフロアタイルは長方形なので、2列目の貼り始めは基準線上にフロアタイルの中央が来るように置きます。

1列目と同じようにどんどん貼り進めていきましょう。

途中でフロアタイルの隙間からボンドが出てきてしまった場合は濡らしたスポンジでしっかり拭き取りましょう。

最後の列まできたら必要な幅の分をカットしていきます。

長さのカットをした時と同じように、手前の列にぴったり重ねてフロアタイルを置き、その上に端を壁際に突きつけてもう1枚置きます。

2枚が重なった所にカッターで切れ目を入れ、切れ目を入れたところから折り曲げます。

折り曲げたところにカッターを差込んで切り離し、一番最後の列に入れ込みます。

部屋の半分が貼り終わりました!

残りの半分にもボンドを塗り、オープンタイムを取りましょう。

オープンタイムが終わったら今までと同様にどんどん貼り進めて行きましょう!

step5隙間の処理をしていこう

壁際に隙間のあるところを埋めていきます。

隙間の上に細くフロアタイルの色に合ったコーキングを絞り出して行きます。

コーキングを指でならし、馴染ませて隙間処理の完了です。

完成!約4時間ほどでフロアタイルが貼れました!
RESTA MOVIE ナリキリチャンネル

動画でさらに詳しくレクチャー

用途に合わせてボンドを選ぼう

用途に合わせてボンドを選ぼう

日本最大級の品ぞろえ。カッター1本で楽々カット!

フロアタイル

摩耗に強いプラスチックタイル

Pタイル

To PageTop