オリジナルDIY講座 壁の補修方法 大きめの穴があいている場合

壁紙を貼る前にチェック!

壁に大きな穴があいてしまっていても大丈夫!プロに依頼しなくても簡単に自分で補修できるんです♪

準備する物
  • 地ヘラまたはカット定規
  • パテベラ
  • 鉛筆
  • ローラー
  • スポンジ
  • カッター
  • サンドペーパー
使用する材料
  • 補修用の壁紙(のり付き壁紙がおすすめ)
  • リペアシート
  • 補修用パテ
準備する物
  • リペアシートは穴の大きさより一回り大きいサイズを選びましょう。
  • この穴を補修します!

Step1リペアシートを貼り付けよう

  • リペアシートを貼り付けよう
  • 矢印
  • 補修箇所まわりの壁紙をめくる
  • 矢印
  • 穴を覆うようにリペアシートを貼り付ける

まず補修箇所まわりの壁紙をめくります。補修する穴が中央にくるようにリペアシートを置き、リペアシートのサイズより10cm程大きめに印を入れます。印を入れた線に沿ってカッターで切り込みを入れ、壁紙を剥がしましょう。穴部分は軽くサンドペーパーをあてておきます。次に穴を覆うようにリペアシートを貼り付けます。

Step2パテ処理をしよう

  • リペアシート全体にパテを塗りる
  • 矢印
  • パテベラで平らにする
  • 矢印
  • 乾燥後にサンドペーパーで滑らかに仕上げる

リペアシートと下地の段差を消す為、パテ処理をします。リペアシート全体にパテを塗り、パテベラで平らにしましょう。パテが塗れたら、完全に乾燥させます。乾燥後にサンドペーパーで滑らかに仕上げます。パテは2度塗りすると、よりキレイに仕上がります。

Step3補修用の壁紙を貼ろう

  • 壁紙を用意して補修部分に貼る
  • 矢印
  • 下側と補修用壁紙が重なったラインをカット
  • 矢印
  • 下側クロスの切りしろを取り除く
  • 継ぎ目をローラーで圧着
  • 矢印
  • スポンジでのりを拭き取る

補修部分より一回り大きめの壁紙を用意して、補修部分に貼り付けます。元々貼ってある壁紙(下側)と補修用壁紙が重なったラインをカットしましょう。カット後、下側のクロスの切りしろを取り除き、継ぎ目をローラーで圧着します。最後にスポンジでのりを拭き取りましょう。

完成!あっという間にキレイな壁紙に元通り♪
  • RESTA MOVIE ナリキリチャンネル
  • 下地材料選び
RETURN DIY講座TOPに戻る

To PageTop