壁紙貼りのポイント

簡単に垂直を取る方法

始めに、2m位の糸の端の一方を輪にし、もう一方に重りの代わりの50円を結びつけた物を準備します。

右側の壁から壁紙の巾より5cm短い長さに印をつけます。このとき、なるべく天井の近くに印をつけます。

始めに作った糸の輪の方に押しピンの針を通し、2でつけた印に刺します。

手で糸の揺れを止めます。

手で糸が動かないようにしっかり押さえながら糸に沿って印を付けます。

ガイドの印は多めにつけると1枚目を貼る作業が楽になります。

裏紙が浮いている場合

壁紙をめくる際、裏紙が浮いてしまう場合があります。そのまま壁紙を貼ってしまうと、貼った壁紙に浮きがでてしまいますので、浮いた部分を取り除く必要があります。

浮いている部分を少し持ち上げカッターを入れて切り目を入れます。

カッターで浮いている部分を切り取ります。軽い浮きの場合はゆっくり手で浮きをめくり取ってもOK!

このとき、できるだけカッターを壁に沿わせて浮いている部分と壁の間にカッターを滑り込ませるようにすると切りやすい!

きれいに浮きを切り取れました。凹凸が出てしまった場合はこの後にパテ処理を行います。

下地処理の方法はこちら!

壁紙施工の為の下地処理方法

貼った直後にシワがある場合

クロスをたたんでいたときに付いた軽いシワなどは、2~3日経ってのりが乾けば自然と引いてきます。

ジョイントをする前で、のりが乾いていない状態でしたら、シワの出たところまでゆっくり剥がし、撫でバケで良くシワを伸しながら貼りなおせばOK!

RETURN DIY講座TOPに戻る

To PageTop