網戸の歴史

蚊帳の時代から網戸の時代へ

網戸の歴史は比較的浅く、窓サッシにつける今の形状になったのは、50年ほど前と言われています。そういえば昔の日本家屋には、網戸がありませんね。金閣寺や神社仏閣には、庭と一体となっている優雅な部屋がありますが、網戸はついていません。その頃の人は、どのように蚊と戦っていたのでしょうか。

一節には、囲炉裏や焚き火によって蚊を追い返していたという説もあります。江戸時代には、蚊帳というものの存在が記録に残っているようですがそれも大変高価なものだったようです。古いお寺などで仕事をする住職さんに今度会ったら、どうしているのか聞いてみたいと思います。

サッシに網戸がついた形になった初期の頃は大工さんがつくった木製網戸が主流だったと思います。その時代といえば食卓の上に作りおいた食べ物の上にカゴを逆さにしたようなネットがありましたね。その風景に、なんだか昭和の香りがします。木製サッシからアルミサッシへと急激に変化が起こると同時に、網戸もアルミサッシとなっていきました。それはおそらく、30~40年前の話ではないでしょうか。

網についても時代の流れがあり、昔は麻で編まれていたようです。昭和になりようやく合成繊維の普及で変わってきたようです。その合成繊維もサランと呼ばれる塩ビ系の樹脂が使用されていました。現在では、ポリプロピレンという素材が一般的です。その当時の名残で、業者の間では未だにポリプロピレンの網をサランと呼ぶ人もいます。

引き違い戸が多い日本と
ドアの多い海外では網戸も違う

海外でも網戸は一般的に使われています。欧米では、引き戸よりも、上げ下げ窓や開き戸が多いので固定式の網戸が多く、引き違いタイプの網戸は少ないかもしれません。また、木製の建具が多いので、その枠に網を打ち付けたようなものが多い気がします。

また、欧米でよく見かける玄関網戸が日本であまり見かけない理由は、家に入るときに玄関で靴を脱ぐか脱がないかという文化の違いもあるようです。玄関で靴を脱がないアメリカでは、玄関は内側に開きますが、日本では外側に開きます。内側に開くと靴が邪魔になるからです。その結果、アメリカでは内側に簡単に取り付けられる引き戸タイプの網戸が取り付けられないのです。日本ではその事情から、玄関網戸は、横に引くタイプやロールでしまえるタイプなど多様に進化してきました。

日本では引き違い窓が多い

引き違い網戸

窓にピッタリ!国産オーダー網戸

ドアやすべり出し窓の多い海外

プリーツ・ロール網戸

網の機能性もどんどんアップ!

昨今網の種類は非常に進化し、プライバシーを守る外から見えにくく中からは視界を妨げない網戸、ペットがひっかいても破れない網戸、燃えない網戸、花粉を通さない網戸、雨が振っても入らない網戸など多種多様です。節電・エコの時代に自然の風が見直され、網戸は再び注目されることは間違いありません。

大人気ラインナップ!

安心サービス&品揃え

To PageTop