網戸の採寸・取付方法

採寸方法

網戸が取付けられない例

網戸レールがないまたは
網戸レールが曲がっている場合

通常、サッシの一番外側に網戸レールがありますが、そのレールがない場合にはお取り付け出来ません。ただし現状で、サッシ枠をレールとして網戸をご使用の場合、ビル用側車網戸が取り付け可能の場合がございます。現状の網戸をよくご確認いただき、ご自身でご判断お願いします。

※取り付けができないことによる商品のキャンセルはできません。

引き違い窓以外の窓

縦すべり出し窓、横すべり出し窓、内倒し窓、上げ下げ窓、ルーパー窓、変形窓などの窓には取付けられません。リビングの掃き出し窓や腰窓など、網戸レールがついている引き違い窓であれば対応可能です。

ガラス窓に出っ張りが
ある場合

公団住宅にあるタイプです。
網戸レールよりもサッシ枠が出っ張っているため、取り付けできません。

上下の網戸レールの位置が
違う場合

網戸の上部レールと下部レールの出幅に違いがある場合には取り付けることができません。

上の網戸レールが
12mm未満の場合

上の網戸レールは12mm以上必要です。上の網戸レールが12mm未満ですと網戸をはめることができない場合があります。

採寸前の注意事項

裁縫用のメジャーは採寸ミスの原因になりますので使用しないでください。
正確に測るために、2人(メジャーが動かないように支える人と測る人)で測る事をおすすめします。

step1 高さ(H)を測る
網戸レールの先端から先端を測定する。

両端・中央の3箇所を測り、両端で誤差がある場合は、一番狭いところの寸法を記入しておきましょう。

スケールがまっすぐになるようにします。窓の両端と中央の3箇所を測り、一番狭いところの寸法を高さとします。網戸の制作寸法は、ご注文サイズ+12mmとなります。(レールの引っ掛かり部分があるため)

スケールを上部又は下部の網戸レールの天端にあてます。

もう一方の網戸レールの天端でスケールの目盛りを読みます。

中桟について

中桟は製品高さが1,100mm(LIXIL網戸の場合は、1,128mm)以上の場合、入ります。

中桟の位置を指定する場合は、下からの寸法をご入力下さい。指定がない場合は、中央となります。中桟の位置は、上端下端から150mmまでの部分には取付できません。中桟の位置とは、中桟の芯の位置までの高さです。

今ある網戸と同じサイズのものを注文したいお客様

ご注文いただく網戸の高さは、今ある網戸の高さから、12mm(LIXIL網戸の場合は、11mm)引いた高さでご入力ください。幅は今ある網戸の幅をご入力ください。

ご注文時には今ある網戸の戸車の仕様の確認と、網戸レールと窓サッシの隙間を採寸し、隙間が7mm以上で戸車が中に入っている仕様の場合は『一般的な一戸建て・マンションの引き違い窓』、隙間が3mm以上7mm未満で戸車が持出戸車仕様の場合は『網戸レールと窓の隙間が狭いビルやプレハブの引き違い窓』の注文フォームからお進みください。

また、弊社網戸が取り付け可能かどうかの確認を行なってからご注文ください。

※今ある網戸と弊社の網戸の形状が違う場合には、取り付けできません。(戸車がない等)

戸車が中に入っている仕様

持出戸車仕様

step2 幅(W)を測る
現在付いているガラス窓の幅を測定する。

誤差を減らすためスケールが水平になるように測りましょう。

窓サッシの両端の長さを測ります。
網戸の制作寸法は窓のサイズと同じになります。

step2 隙間を測る
ガラス窓から網戸レール(厚みの中央部分)までの隙間を上下とも測定する。

外窓の出っ張り部分から網戸レール(厚みの中央部分)までの隙間を測ってください。最も狭くなっている場所を測りましょう。

外窓の出っ張り部分(網戸レールとの隙間が一番狭くなる場所)を確認しその隙間を測ります。中央の桟の部分か、縦の枠部分が狭いことが多いです。何箇所か測って確認をしてください。

採寸方法を動画でチェック!

一戸建ての一部のサッシなら、採寸不要!

サッシの型番シールに記載の商品名と、5桁又は6桁の型番があれば、対応表から網戸の注文寸法が分かります。

対応商品

メーカー別サッシ型番対応網戸寸法一覧表

三協アルミ(三協立山)
YKKap
LIXIL

※メーカーサッシの型番一覧表は、サイズ確認のためのものです。お届けする商品は、RESTAのオリジナル網戸になります。

取付方法

一般的な一戸建て・マンションの引き違い窓

上部の振止を下にずり落ちない程度に軽くゆるめておきます。

上部の網戸レールに差し込んでから下レールにはめ込みます。

上部の振止を網戸がスムーズに動く程度に上げてビスをとめれば設置完了です!

網戸レールと窓の隙間が狭いビルやプレハブの引き違い窓

上部の振止を下にずり落ちない程度に軽くゆるめておきます。

上部の網戸レールに差し込んでから下レールにはめ込みます。

上部の振止を網戸がスムーズに動く程度に上げてビスをとめれば設置完了です!

ご購入はこちら

一般的な一戸建て・マンションの引き違い窓

外窓の出っ張り部分から網戸レール(厚みの中央部分)までの隙間が
7mm以上

ご購入はこちら

網戸レールと窓の隙間が狭い
ビルやプレハブの引き違い窓

外窓の出っ張り部分から網戸レール(厚みの中央部分)までの隙間が
3mm以上・7mm未満

網戸レールと窓の隙間が狭い7mm未満の場合は、持出し戸車タイプの網戸もお選びいただけます。

ご購入はこちら

※こちらの商品は受注生産となるため代引きでのご購入が出来ません。
ご入金方法はクレジットまたは銀行振込をご利用ください。

大人気ラインナップ!

安心サービス&品揃え

To PageTop