失敗しないブラインドの採寸方法

天井付け

窓枠の内側に取付ける場合

1. 幅・高さを測る

幅・高さともに1cm単位でのオーダーとなります。
幅・高さともに実寸より1~2cm小さくしてください。

※横幅寸法を実寸とぎりぎりにすると窓枠にブラインドがぶつかり、擦れたりしてブラインドや窓枠を傷つける可能性があります。

2. 取り付け高さを測る

取り付け高さ寸法によりロッド・スーパーポール・操作コードの長さが異なります。

3. 奥行きを測る

窓枠の最も短い奥行き寸法が取り付け可能寸法です。商品の取り付け場所に障害物がないか確認してください。

正面付け

窓枠の外側に取付ける場合

正面付けは窓枠を覆うように窓枠の外側にブラインドを取り付け、窓枠を覆い隠すことで窓を大きく見せ存在感をアピールでき、光漏れを防ぎ、プライバシーも守れます。

腰窓の場合

1. 幅・高さを測る

幅・高さ共に窓枠の外側から外側の寸法を測ります。基本的には測った寸法と同じサイズがブラインドの注文寸法となります。また、窓枠より1~2cm大きめのサイズなど、お好みでお決めください。

2. 取り付け高さを測る

取り付け高さ寸法によりロッド・スーパーポール・操作コードの長さが異なります。

掃き出し窓の場合

1. 幅・高さを測る

横幅は窓枠の外側から外側の寸法、高さは窓枠の上端から床までの寸法を測ります。横幅は実寸と同じか1~2cm大きめのサイズ。高さは実寸より1~2cm小さくした寸法が注文寸法となります。コードで昇降するタイプなど勢いよく降ろすとボトムレールが床面に当り、部品を破損したり衝撃音を発生させますので採寸にはご注意ください。

2. 取り付け高さを測る

取り付け高さ寸法によりロッド・スーパーポール・操作コードの長さが異なります。

テンションタイプ

浴室ブラインドの場合

テンションタイプはビスなどを打てない場所などの枠の内側の壁面部分に突っ張って取り付けるタイプです。
幅・高さともに実寸より1~2cm小さくした寸法がブラインドの注文寸法となります。

カーテンレールに取り付ける場合

1. 幅・高さを測る

幅・高さ共に窓枠の外側から外側の寸法を測ります。基本的には測った寸法と同じサイズがブラインドの注文寸法となります。また、窓枠より1~2cm大きめのサイズなど、お好みでお決めください。掃き出し窓の場合は実寸より1~2cm小さくした寸法となります。

高さの基準はカーテンレール下からになります。ランナー下からではありません。

コードで昇降するタイプなど勢いよく降ろすとボトムレールが床面に当り、部品を破損したり衝撃音を発生させますので採寸にはご注意ください。

2. 取り付け高さを測る

取り付け高さ寸法によりロッド・スーパーポール・操作コードの長さが異なります。

To PageTop