バーチカルブラインドとの違い

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドとは?

バーチカルブラインドは縦のラインのデザインですので、シンプルでスタイリッシュなインテリアによく似合います。
縦ラインは高さ感を演出し、空間広く見せます。

バーチカルブラインドとは
縦型のブラインドの事です

バーチカルブラインドは縦型のブラインドのことで、スラット(羽根)にあたるものをルーバーと呼び、これを縦に吊っています。このルーバーを回転させることによって、視線や日差しの調節を簡単に行えます。

出入りもスムーズ

バーチカルブラインドの特徴の1つは開閉が水平方向に行われること。バーチカルブラインドは、左右どちらかに開閉させるだけでなく、両開きにしたり、中央にたまり部分を寄せることができます。出入りが多い場所でも重宝します。

バーチカルブラインドは
部屋の間仕切りにも

バーチカルブラインドは窓に掛けるだけではなく、リビングとダイニングを仕切る、ワンルームのベッドスペースを区切るなど部屋の間仕切りとしても使うことができます。スラットの素材を選べばシースルーや遮光などの選択もかのうです。たためばスッキリおさまるので邪魔になりにくいのも特徴です。

センターレーススタイルとモアラップスタイルで
バーチカルブラインドを楽しむ

センターレースとは?

「センターレーススタイル」はルーバー間がシースルーのレース生地でつながれており、ブラインド1台でレースとドレープ、2つの演出が楽しめるスタイルです。今までバーチカルブラインドで気になっていた隙間からの視線をセンターのレースが遮ります。

閉めた状態

開いた状態

(不透明ルーバーを窓面に対して垂直にした状態)

反対側に閉めた状態

ルーバーの回転

不透明ルーバーを窓面に対して垂直に回転させるとセンターレース生地が同時に回転しながら現れます。

モアラップスタイルとは?

「モアラップスタイル」はルーバーの重なり幅を大きくしたスペーサーコードがないスタイルで、一層のプライバシー確保を実現。ファブリックの豊かな風合いもお楽しみ頂けます。これにより、足元にあったスペーサーコードのない、スッキリとしたバランスウェイト部を選ぶことが出来ます。

スペーサーコードのない、スッキリとしたバランスウェイト部(ミニマル仕様)スペーサーコード付きもご用意できます。

横型アルミブラインド

横型アルミブラインドとは?

横型アルミブラインドは、小窓からスリット窓、大窓まで、あらゆる窓に対応。スラット幅も選ぶ事ができ、カラーも豊富に揃っています。また、機能が充実し、遮光・遮熱・耐水タイプなど、取り付ける場所に合わせて選ぶ事で、快適な空間になること間違いなし。

さまざまなサイズを
オーダー可能

最近多いスリット窓や、玄関横の小窓など小さな部分から、掃き出し窓や、オフィスの窓まで、あらゆる窓に対応するブラインド。窓廻りがすっきりと、広く見えます。

カラーが豊富

シンプルなカラーから、柔らかいカラー・ビビットなカラー、また、表と裏で色を変えた、ツートンカラーなど、カラーラインナップが豊富なので、部屋に合わせて好みのカラーがきっと見つかります。

機能に優れている

太陽光を反射し、室温の上昇を抑えて、冷房効果を高める遮熱機能、光で汚れを分解するチタンコート機能、汚れを付きにくくし、お手入れ簡単なフッ素コート機能、水廻りも安心耐水タイプなど、取り付ける場所に合わせて、さまざまな機能性ブラインドを選べます。

操作方法は3タイプ

メーカーによって呼び方は違いますが、1本のポールでスラットの昇降と角度調整が全て操作可能なタイプと、コードでスラットの昇降・ロッド棒で角度調整を行うオーソドックスな操作タイプ、大窓サイズのブラインドもギアが内蔵でラクに操作できるコードタイプがあります。

ポール1つでカンタン操作

オーソドックスなシンプル操作

大型窓でもラクラク操作

選べるスラット幅

小窓にもおすすめのスリムなラインが美しい15mm幅、スタンダードな25mm幅が選べます。

スリムなラインが美しい15mm
スタンダードな25mm

まとめ

メリット

バーチカルブラインドのメリットは、やはり見た目のシャープ感と、カーテンのように横にスライドするので、掃き出し窓などの出入りが便利なことです。また、スラット(羽)を洗濯できる物が多いという事です。

横型ブラインドは、なんといっても、バーチカルブラインドに比べるとリーズナブルで、カラー選択の幅が広く、さまざまな機能が付いており、遮熱・断熱効果に長けています。また、スラットの位置を調節することで、光を取り入れつつ視線を遮ることも可能です。

デメリット

バーチカルブラインドのデメリットは、断熱性・遮光性が劣ります。スラットを開き採光を取り入れようとすると、外部から室内が丸見えになってしまいます。上部からスラットが平行に吊り下がっているので、風が吹くとスラットがなびいてしまいます。また、価格がアルミブラインドに比べて高価です。

横型アルミブラインドのデメリットは、汚れにくいフッ素コート機能が付いたタイプも販売されていますが、通常スラット1本1本を掃除するのは手間がかかります。掃き出し窓の出入りにはスラットを上まで上げないといけないので少し不便かもしれません。

To PageTop