ソファーに似合うラグマットを探したい!

ソファーに似合うラグマット

昨今、リビングにソファーを配置する方が増える中、ソファにあわせてラグマットを敷くことも必然的になってきています。 ソファーとラグマットの関係の中で、ソファに合った、サイズや色を選ぶことが重要です。

ソファーとラグマットのサイズの関係

2人掛けソファー

2人掛けソファー

幅が約1,300mmの標準的な2人掛けソファーに合うラグマットのサイズは、ソファーより少し大きめの1,400mm×1,000mmサイズのラグマットがおすすめです。センターテーブルを中心に、ソファーに座ったときに足を置く位置辺りからラグマットを敷きます。

3人掛けソファー

幅が約1,800mmのソファーに合うラグマットのサイズは2,000mm×1,400mmサイズですが、ソファーの下に敷く場合は2,000mm×2,000mmのサイズでもバランスが良いです。

  • 3人掛けソファー
  • 3人掛けソファー
3人掛けソファーと2人賭かけソファー

3人掛けソファーと2人掛けソファーをレイアウトする場合や、ラグに直に座ってくつろぎたいなどの場合、1,900mm×1,900mmまたは2,500mm×2,000mmサイズのの大きめのラグマットもおすすめです。

ソファー前にラグマットを敷きリビングの一角にしたり、丸型のラグマットなどを敷いたりしてもお部屋の雰囲気がさらにおしゃれになります。その際、ラグマットによってしつこくなり過ぎないよう、色や、質感などに変化をもたせるのもラグマットを選ぶ際のポイントです。

ソファーとラグマットの色の関係

ソファーとラグマットの色の関係

色彩の基本には、部屋の占める面積の多いほうから、ベースカラー(70%)、メイン(テーマ)カラー(25%)、アクセントカラー(5%)の3つの要素があります。
ベースカラーは部屋の基調となる床や壁・天井の部分カラー、メインカラーは家具やカーテンなどインテリアの主となる部分のカラー、アクセントカラーは雑貨などのインテリアのアクセントとなるカラーのことで、ラグマットはメインカラーになります。

壁や床の色に合わせたベーシックな色を選ぶことで、飽きがこず他のインテリアの邪魔になりませんが、壁や床の色にアクセントを付けたビビットな色を選ぶことで、個性的でおしゃれな空間になることもあります。

カラーによる効果

  • 赤やオレンジなど暖色系

    赤やオレンジなど暖色系

    エネルギーや明るさを表し、元気が出て暖かいイメージになります。

  • ブルーなど寒色系

    ブルーなど寒色系

    心身の興奮を沈め、心を落ち着かせてくれる効果があります。

  • グリーンなど中性色系

    グリーンなど中性色系

    木々をイメージさせ、リラックス効果があり、癒しの効果があります。

  • 白や黒など無彩色

    他の色との相性が良く、引き締まった色。モダンな空間になります。

ソファなどが床や壁と同系色の場合

ソファなどが床や壁と同系色の場合、ラグマットを同系色でまとめると部屋が広く見えるといったメリットもありますが、全体的にぼんやりとした感じになってしまう場合があります。
あまりにも同系色でまとまっている場合、ソファやラグマットにアクセントとなる色を持ってくることでインテリアがおしゃれな空間になります。

カーペットについてのご質問に全てお答えします。

  • ウール素材の実力
  • 子供部屋におすすめカーペットって?
  • カーペットの施工方法って?
  • 防音カーペットは適してる?
  • カーペットの敷き方ってある?
  • ソファーに似合うラグマットを探す
  • タイルカーペットの良い点
  • ラグマットのことを詳しく知りたい
  • 高品質なカーペットを安価で購入したい
  • 人気のシャギーカーペット
RETURN カーペットTOP

To PageTop