ダイノックフィルム下地適合表

ダイノックフィルムはどんな下地に貼れるの?

表を見てチェック!

○
下地として適しています。
×
剥がれるおそれのある物。
△
下地の凹凸が表面に出る物。
△の付いている下地は事前に外観の確認をお願いします。
特にVMシリーズは下地の凹凸の影響を受けやすいのでご注意ください。
下地基材
※法定不燃下地とは異なります。
ダイノックフィルム全般
(右記表を除く)
CA,LW,ME,MW,
PA,VM,WG-GN,HG
木材 シナベニヤ
ラワンベニア
パーティクルボード
MDF
ムク材 × ×
無機系
ボード類
石こうボード
火山性ガラス質積層板
ケイ酸カルシウム板
モルタル モルタル
鋼板類 焼付塗装鋼板
電気亜鉛めっき鋼板
塩ビ鋼板
アルミニウム
ステンレス
銅・真ちゅう × ×
鉛/錫 × ×
重ね貼り 重ね貼り
化粧板 メラミン化粧板
ポリエステル化粧板 ○ *1 ○ *1
ガラス ガラス ○ *2 ○ *2
表面がガラス質 ○ ただし、表面が平滑なもの ○ ただし、表面が平滑なもの
プラスチック 人造大理石
アクリル ○ *1 ○ *1
ABS ○ *1 ○ *1
硬質塩ビ
軟質塩ビ × ×
ポリカーボネイト × ×
ポリエチレン(PE) × ×
ポリプロピレン(PP) × ×
ナイロン × ×
フッ素樹脂 × ×
ゴム類 × ×
シーリング剤 × ×
  • ※1:アウトガスによって膨れが生じる可能性があるのでご注意下さい。
  • ※2:ガラスへの施工前にはガラス面をアルコールまたはシンナーラッカーを含ませた布でふき取ってください。

下地処理の方法は?

ダイノックフィルムをきれいに貼るための大事な作業

石膏ボード
  • 下地チェック
    釘の頭がちゃんと打ち込まれているかチェック!
    頭が出ていたら十分に打ち込みます。
  • パテ処理
    凹凸のある部分にパテ材を埋め、凹凸を無くします。
  • 表面を研磨&拭き取り
    サンドペーパーなどを使って表面を平らにします。削り粉などはきれいに拭き取ります。
  • プライマーを塗る
    ムラのないようにハケでプライマーを塗り、乾燥させます。
モルタル
  • 下地チェック
    表面の汚れをワイヤーブラシやサンドペーパーなどで落とし、削り粉をきれいに拭き取ります。
  • パテ処理
    可能な限り全面にパテ処理をします。
  • 表面を研磨&拭き取り
    サンドペーパーなどで表面を平らにします。削り粉などはきれいに拭き取ります。
  • プライマーを塗る
    ムラのないようにハケでプライマーを塗り、乾燥させます。
鋼板・アルミ・ステンレス
  • 下地チェック
    表面の汚れや錆をきれいに取り除きます。
  • パテ処理
    凹凸のある部分を金属用パテ処理材で埋めます。
  • 表面を研磨&拭き取り
    サンドペーパーなどで表面を平らにし、溶接部などはグラインダーなどを使い滑らかにします。削り粉などはきれいに拭き取ります。
  • プライマーを塗る
    端部にプライマーをムラなく塗り、乾燥させます。
ベニア板
  • 下地チェック
    釘の頭がちゃんと打ち込まれているかチェック!頭が出ていたら十分に打ち込みます。
  • シーラー処理
    全体にシーラーをムラなく塗布します。
  • パテ処理
    凹凸のある部分にパテ材を埋め、凹凸を無くします。
  • 表面を研磨&拭き取り
    サンドペーパーなどを使って表面を平らにします。削り粉などはきれいに拭き取ります。
  • プライマーを塗る
    端部にプライマーをムラなく塗り、乾燥させます。
メニュー

MENU

メニュー

デジタルカタログ
から選ぶ

柄別で選ぶ

用途で選ぶ

ダイノックについて
のページ

おすすめコンテンツ

To PageTop