マンション用防音フローリング

階下への騒音の配慮が必要なマンションや集合住宅におすすめのフローリングです。遮断効果があるのでマンションや集合住宅の2階以上におすすめです。

POINT.1

どんな特長があるの?

遮音フローリングは
軽量床衝撃音を効果的に抑えます。

マンションや集合住宅では、とくに階下に対する騒音問題への配慮が重要となってきます。とりわけ、床に何らかの衝撃が加わって生じる「床衝撃音」は、生活騒音の問題の中の大きな原因のひとつ。遮音木質フローリングは耳障りになりやすい「軽量床衝撃音」をやわらげ、快適な住まい環境づくりに効果を発揮します。

POINT.2

床衝撃音って?

床に何らかの衝撃が与えられ生じる音を「床衝撃音」といい、床衝撃音には次の2種類があります。

軽量床衝撃音(LLで表示)

カチャーン!チャリーン!という
軽くて硬い衝撃音

イスを引いた時、食器を落とした時などに発生する、比較的軽くて硬い衝撃音。床材によって差があります。

重量床衝撃音(LHで表示)

ドズン!バタバタ!という
重くてにぶい衝撃音

子供が飛び跳ねた時などに発生する、重くてにぶい音。建物の構造そのものに左右されます。

共同生活に大切なのは「防音」と「思いやり」

音の伝わり方には2種類あります。上階で子供が飛び跳ねたり、スプーンを落とした場合など、壁や床をふるわせて階下や隣室に伝わる音「固体音」と、人や声やクラクションのように空気中を伝わって聞こえる音、すき間や穴をとおして伝わる音の「空気音」があります。

遮音木質フローリングは床で発生した固体音を伝わりにくくする性能の床材であり、防音室のような外の音が聞こえなくなる性能とは異なります。また、遮音木質フローリングといっても、遮音性能にいろいろと種類があり、万能ではありません。さまざまなライフスタイルの人々が生活するマンションや集合住宅では、お互いの注意と相手を思いやる心が大切です。

POINT.3

L値ってなに?

L値は小さいほど
性能が優れています

上階の床で生じる音が下の階でどの程度に聞こえるのかの基準として、決められている遮音等級をL値といい、音の伝わりにくさを表しています。このL値は数値が小さいほど、遮音性能が優れていることを示しています。

L値は条件によって
変わります

カタログのL値は、コンクリート床(下地のコンクリート)の厚みを150mmとして推定しています。したがって150mmのときLLが50でも、コンクリート床厚が120mmになればLLが55になるといったことがあります。

L値は推定値。
保証値ではありません。

カタログのL値は、JIS(日本工業規格)に基づく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。しかも現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10~15㎡のRC版(厚み150mm)を想定しています。したがって、長大スパンの床版、貫通部を持つ床版あるいは柱、梁、壁などを通じて伝播する音の大きい建物など、条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。

床衝撃音に対する遮音等級と生活実感(建築学会)

遮音等級 人の走り回り、飛び跳ねなど(重量衝撃音) イスの移動音、物の落下音等(軽量衝撃音) 生活実感、プライバシーの確保
L-40 かすかに聞こえるが、遠くから聞こえる感じ 遠くから聞こえる感じ 上階で物音がかすかにする程度・気配は感じるが気にならない
L-45 聞こえるが、意識することはあまりない 小さく聞こえる 上階の生活が多少意識される状態・スプーンを落とすとかすかに聞こえる・大きな動きがわかる
L-50 小さく聞こえる 聞こえる 上階の生活状況が意識される・椅子を引きずる音は聞こえる・歩行などがわかる
L-55 聞こえる 発生音が気になる 上階の生活行為がある程度分かる・椅子を引きずる音はうるさく感じる・スリッパ歩行音が聞こえる
L-60 よく聞こえる 発生音がかなり気になる 上階住戸の生活行為がわかる・スリッパ歩行音がよく聞こえる
L-65 発生音がかなり気になる うるさい 上階住戸の生活行為がよくわかる
L-70 うるさい かなりうるさい たいていの落下音ははっきり聞こえる・素足でも聞こえる
L-75 かなりうるさい 大変うるさい 生活行為が大変よくわかる・人の位置がわかる・すべての落下音が気になる・大変うるさい
L-80 うるさくて我慢できない うるさくて我慢できない 生活行為が大変よくわかる・人の位置がわかる・すべての落下音が気になる・大変うるさい
備考 低音域の音、重量・柔衝撃源 高音域の音、軽量・硬衝撃源 生活行為、気配での例
遮音等級L-40
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
かすかに聞こえるが、遠くから聞こえる感じ
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
遠くから聞こえる感じ
生活実感、プライバシーの確保上階で物音がかすかにする程度・気配は感じるが気にならない
遮音等級L-45
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
聞こえるが、意識することはあまりない
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
小さく聞こえる
生活実感、プライバシーの確保上階の生活が多少意識される状態・スプーンを落とすとかすかに聞こえる・大きな動きがわかる
遮音等級L-50
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
小さく聞こえる
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
聞こえる
生活実感、プライバシーの確保上階の生活状況が意識される・椅子を引きずる音は聞こえる・歩行などがわかる
遮音等級L-55
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
聞こえる
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
発生音が気になる
生活実感、プライバシーの確保上階の生活行為がある程度分かる・椅子を引きずる音はうるさく感じる・スリッパ歩行音が聞こえる
遮音等級L-60
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
よく聞こえる
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
発生音がかなり気になる
生活実感、プライバシーの確保上階住戸の生活行為がわかる・スリッパ歩行音がよく聞こえる
遮音等級L-65
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
発生音がかなり気になる
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
うるさい
生活実感、プライバシーの確保上階住戸の生活行為がよくわかる
遮音等級L-70
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
うるさい
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
かなりうるさい
生活実感、プライバシーの確保たいていの落下音ははっきり聞こえる・素足でも聞こえる
遮音等級L-75
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
かなりうるさい
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
大変うるさい
生活実感、プライバシーの確保生活行為が大変よくわかる・人の位置がわかる・すべての落下音が気になる・大変うるさい
遮音等級L-80
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
うるさくて我慢できない
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
うるさくて我慢できない
生活実感、プライバシーの確保生活行為が大変よくわかる・人の位置がわかる・すべての落下音が気になる・大変うるさい
備考
人の走り回り、飛び跳ねなど
(重量衝撃音)
低音域の音、重量・柔衝撃源
イスの移動音、物の落下音等
(軽量衝撃音)
高音域の音、軽量・硬衝撃源
生活実感、プライバシーの確保生活行為、気配での例
POINT.4

施工方法って
どんなのがあるの?

快適な遮音を実現するために、工法をお選び下さい。

直貼り工法とは

主に鉄筋コンクリートの床スラブ上に接着剤にて施工。遮音性能を高める特殊緩衝材のついた遮音木質フローリングを貼る方法です。

二重床工法とは

二重床工法とは、主に鉄筋コンクリート床スラブの上に、パーティクルボードなどのベースとなるパネルと、それを支持する支持脚によって床下を構成。その上にフローリングを施工する方法です。支持脚は高さ調節が可能ですので、段差のないバリアフリー住宅の設計にも最適です。さらに遮音効果を高めるシステムもあります。

施工するときの注意点

  • 直貼りの接着工法です。専用接着剤のみで固定してください。釘は使用しないで下さい。
  • 床材は絶対にぬらさないでください。(水ぬれ、下地合板のぬれ、床下地の湿気等にはご注意下さい)
  • 床材の継ぎ目から水分やワックスが過剰に浸透すると基材が膨潤し、表面に膨れ、はがれ等が発生する場合があります。
  • 広面積の場所や長い廊下では突き上げ、目すき等に充分ご注意下さい。
  • キズや日や日焼け防止のため養生は必ず行ってください。
POINT.5

ワックスがけは必要?

ワックスがけが可能な製品はワックス仕上げを行う場合、滑りやすいものは避けてください。転倒事故の原因となります。ワックスはエイダイ(永大産業)のフローリング用「ユカメイク」もしくは(株)リンレイ製の「ハイテクフローリングコート」を使用してください。塗りムラにご注意ください。他のワックスはトラブル(はじき、はがれ等)の原因になります。

カテゴリメニュー

To PageTop