フローリングってどんなもの?

無垢フローリングと複合(合板)フローリングの違い

フローリングには、大きく分けて、無垢フローリングと複合(合板)フローリングがあります。

無垢材(天然素材)のフローリングについて

無垢材とは、天然木を切り取り加工した内部まで天然素材の1枚板の事をいい、1枚1枚のパーツがまったく別の表情をもっています。したがって当然、板面の模様(板目といいます)で同じものが2つとない訳ですので、独特の風合いがあります。

メリット
  • 1枚1枚が全く別の表情を持っており、独特の風合いがある。
  • 人間と自然が共存すると言った醍醐味にも通じる贅沢感がある。
  • 天然素材で、味わいがあり高級感がある。
デメリット
  • 反り、割れ、収縮がある。
  • 材種にもよるが、傷がつきやすい。
  • メンテナンスが必要。

細かい擦り傷ならば、表面を削る方法で、メンテナンスする方法も。(但し、表面保護WAXなどの塗布は必須です)

合板製フローリングについて

合板製フローリングは、一応、木材を加工(薄い板を何枚も重ねて造られる合板(集成材)なので一般的には、反り、ねじれが少なく、均一の品質であるのが特長。合板表面(床面として見える部分)に薄くスライスした木材を貼り重ねることにより、無垢材風にみせたり、樹脂でコーティングすることにより、メンテナンス性や耐久性を持たせた材質です。

また、集合住宅などで用いられるフローリングは、この素材に遮音性マットを貼りつけたタイプがほとんど。一般戸建て住宅よりも、集合住宅の方が、防音性を求められることや、天然木材に対して、条件が厳しいなど・・により、用いられる場合が多いようです。

メリット
  • 無垢素材に比べて品質が均一。
  • 耐傷性、断熱性、メンテナンス性に優れている。
  • 安価でリーズナブル。

下地材となる合板には、反りやねじれを防ぐ加工がされており、表面材には樹脂塗布などの加工がされています。

デメリット
  • 無垢材に比べ、個性がない。
  • ホルムアルデヒドを含む接着剤を使用している場合がある。
  • 無垢材に比べ、温かみがない。

このように、キズのつきやすい(表面が柔らかい)のは無垢材のほうが弱い。

直張り遮音木質フローリング

集合住宅などに用いられるフローリングには防音性特殊緩衝材を貼り付けた遮音フローリングを用います。

すり傷等の傷が付きにくい!

フローリングの特性

床鳴り(踏み鳴り)

床材の接合部(さね部)がずれて動いた場合、音が発生します。木は湿気を吸収し、放出する機能を持っており、それに伴う伸縮によるもので、天然木としてはやむを得ない現象です。また、施工など別の原因によって床鳴りが起こる場合もあります。

虫食い

合板基材の床材は、ヒラタキクイムシ等の侵食により、表面に小さな穴ができることがあります。

※万一発生した場合は、処理専門業者にご相談ください。木質床材は製造工程で高温高圧処理され、虫や卵は死滅します。虫害は流通段階及び施工後に発生する可能性が高いと考えられます。
(特に製造後1年以上経過して発生した場合)

反り・突き上げ・目スキ

天然木を使用しているため、反り・突き上げが多少発生する場合があります。(特にムク集成材)また、床材の伸縮作用により、床材の継ぎ目に目スキ(すき間)ができることがあります。天然木の性質上、やむを得ないものですので、ご理解ください。

退色・変色等の経年変化

天然木は光により「変色」や「退色」を起こし、ご使用とともに深みのある色合いに変化していきます。

表面の突き板

天然のムク材を大切にムダなく使用しておりますので、節や入皮、木目の違い、色のバラツキなどがあり、これらが印刷技術などでは表現しきれない、自然のナチュラルな美しさとなっております。
ご採用にあたり、天然木の性質・特性をご理解ください。

材色(色)のバラツキ

同じ樹種でも濃い・淡いや赤系、黄系等の違いがあります。

源 平

内部の濃色部分を赤身、淡色部分を白太といい、同一ピースに同居した物を源平といいます。

テリ又はギラ

表面の色や光沢が違って見える部分で、縄目とも呼びます。

入 皮

傷ついた樹皮が成長過程で幹に巻き込まれた部分です。

金筋(カナスジ)

土壌中の鉱物質が木材の細胞内に筋状に堆積した部分です。

枝の部分が成長過程で幹に巻き込まれた部分です。枝が生きている状態で巻き込まれた物を生節、枯れてからの物を死節と呼びます。

お手入れ方法

毎日のお手入れ

通常のお手入れは、
床表面の汚れを落とすから拭きで十分です。

日常は、乾いたモップや雑巾でのから拭きで十分です。掃除機では取りにくいホコリなどが取れ、床の美しいツヤを保つことができます。

  • 化学モップはドライタイプをご使用ください。
  • 化学モップを長時間床に放置すると変色するおそれがあります。
  • 化学モップを水濡れ箇所には絶対に使用しないでください。ワックスが白化する場合があります。
  • 不織布タイプのフローリング用ワイパーをご使用の場合、ワイパーの繊維や毛玉が付着することがあります。
  • 水拭きやスチームモップ、スチーム掃除機のご使用はお避けください。
ひどい汚れの場合は、
固く絞った雑巾などで拭き取りましょう。

から拭きでは落ちない汚れは、雑巾を濡らし固く絞ってから、拭き取ります。また中性洗剤などは汚れに応じてご使用ください。

  • 雑巾を絞らずに水拭きすると、水分によるひび割れ・反り・膨れ・ワックスにより白化が生じる場合があります。
  • 中性洗剤を使用した場合は、洗剤成分をきれいに拭き取ってください。

ワックスがけ

ワックスをかける前に

このマークの商品については、ワックスがけをしなくても美しさが長持ちします。

アレル物質抑制機能付きの床は、ワックスがけをすると、アレル物質が塗装面 に直接触れなくなるため効果が発揮できなくなります。

STEP1
汚れを取り除きます

乾いたモップや雑巾で汚れを取ります。汚れが残っていると、ワックスがきれいに塗れない場合があります。ワックスがけの頻度は半年に一度が目安。
天気のよい日に行ってください。

  • ワックス剥離剤はご使用にならないでください。
  • 剥離剤を使用すると膨れ、変色等が発生する場合があります。
  • フロアーコーティングは不具合が発生する場合がありますのでご使用にならないでください。
  • 洗浄液やワックスをフロアー表面に多量にまき散らすと、商品の外観および品質を損なうことがありますので絶対にしないでください。
STEP2
水性樹脂ワックスを使用

水性樹脂ワックスは塗りやすく、乾くのも早い上、塗った後のから拭きも不要です。手軽に塗ることができます。

  • 滑りによる転倒防止のため、ニス塗り木質床用・塗装木質床用と表示されたものをおすすめします。
STEP3
部屋の隅から、均一に塗る

木目に沿って、薄くムラなく塗ります。モップは毛足の短いタイプが塗りムラが出にくく、比較的きれいに仕上がります。

  • 床に直接ワックスをまかないでください。膨れが発生する場合があります。
  • 塗布量は多すぎると膨れ、ツヤムラなどの原因になります。ワックスの説明書に従ってください。
  • 床表面が十分に乾燥している状態でワックスを塗ってください。
  • 溝部にワックスが溜まらないようにご注意ください。
STEP4
完全に乾かします

乾く前に床の上を歩いたり家具を動かしたりすると、塗りムラができたり、ツヤがなくなったりします。ワックスが乾くまで、風通しをよくして待ちましょう。晴れた日の場合、夏場で約30分、冬場で約50分を目安にしてください。

  • 直貼床材の場合、ワックスを厚く塗りすぎると、歩行時にワックス皮膜の割れる音が発生することがあります。
  • 濃色の床材にワックスがけした場合、ワックス膜表面についたスリキズによりツヤ落ちして見えることがあります。

使用上の注意

傷・へこみを防ぐために

傷・へこみは、家具によって集中的に力が加わったり、イスなどを引きずったりすると起こります。家具やイスの下には、マットなどを敷くと効果的です。

キャスター

へこみに強い床材以外は、キャスター付きのイスおよび家具のご使用はお避けください。ご使用の場合は、カーペットなどを敷いて床表面を保護してください。

土足

上履き用ですので、土足でのご使用はお避けください。靴に付着した砂がすり傷の原因になるおそれがあります。土や泥が床に付着した状態で放置すると、シミの原因になります。

イスの足

イスを引いたりする時に、床表面を傷つけるおそれがあります。イスの足にゴムキャップやフェルトなどをつけると傷つきを防げます。

引っかき傷

ペットの爪、おもちゃ、家具などの引きずりで床表面を傷つける、ひっかき傷が発生するおそれがあります。

車椅子

同じ箇所への繰り返しのご使用や、車椅子の材質・形状などの条件によっては、床表面に傷や汚れがつくことがあります。いつも通る箇所にはマットを敷くなどの対策をしてください。

重量物

重量物を置く場合は、根太や下地の補強をした上で、脚部に敷板やインシュレーター(皿状のピアノ用台座)などを敷き、重量を分散させてください。また、移動させる時は引きずらないようにご注意ください。

シミ・色あせを防ぐために

水やアンモニア、薬品などが床材の内部に浸透するとシミが生じるおそれがあります。水などを床にこぼした場合は、すぐに拭き取ってください。

コーヒー・しょうゆ
  • コーヒーやしょうゆが床にこぼれて長時間放置すると、シミや変色が生じるおそれがあります。すぐに拭き取ってください。
観葉植物
  • 鉢からもれる水分が床に染み込むと、シミ・ひび割れ・膨れ等のおそれがあります。
  • 深めの水受け皿を使用し、床に水がこぼれないようにしてください。
ペットの排泄物
  • ペットの排泄物を放置すると、シミ・変色の原因となります。すぐに拭き取ってください。
  • ペット用のトイレの周辺にはマットなどを敷いておくことをおすすめします。
カビ取り剤
  • 床表面にカビ取り剤などをこぼした場合には、すぐに拭き取ってください。
毛染液・靴墨・パーマ液
  • 毛染液などによる汚れはすぐに拭き取ってください。放置すると取れなくなり、シミの原因になります。
  • ご使用の場合は、床にマットなどを敷いてください。
タバコ
  • 火のついたタバコを落とした場合、すぐに取り除いてください。こげ跡がつくと取れません。
  • タバコのヤニはアルコールを染み込ませた布などで拭き取ってください。
トイレ
  • 床にこぼれた小水や結露水はすぐに拭き取ってください。濡れたまま放置すると、便器と床材の隙間や継ぎ目に入り込みシミが生じることがあります。

ひび割れを防ぐために

ひび割れは、湿度や温度変化による床材の伸縮によって起こります。温風などを直接床に当てないようにし、床に水分がかからないようにしてください。

暖房器具
  • 電気カーペットに対応していない商品の場合は、床表面に断熱性のあるシートを敷くなどして熱をやわらげてください。なお、シートを敷いた場合でもひび割れなどが起こるおそれがあります。
  • 床暖房の上にカーペットなどの放熱を妨げるものを置かないでください。床暖房の熱がこもって、ひび割れ・変形・収縮・変色の原因になります。
  • 温風ヒーターの温風が床表面に直接当たらないようにしてください。
  • 温風ヒーターを使用する場合は、マットを敷くなどして、ひび割れ予防をしてください。
水ぬれ
  • 窓や縁側などからの雨水の吹き込みや、結露などの水滴にご注意ください。濡れたまま放置すると、ひび割れ・塗膜の白化・膨れなどの原因になります。
  • 床表面が濡れていると滑りやすく、転倒のおそれがあります。すぐに拭き取ってください。
  • 常に水が飛び散るおそれのある台所や洗面所周辺などの場所には、水ぬれ及び転倒防止のため、マットを敷いて表面を保護してください。
冷蔵庫
  • ひび割れの原因となりますので、冷蔵庫の熱風が床表面に直接当たらないよう、マットを敷くなどして対策をとってください。
直射日光
  • 窓からの直射日光が長時間、床表面に当たると、日焼けやひび割れのおそれがあります。カーテンなどで直射日光をできるだけ遮ってください。
エアコン・加湿器
  • エアコンや強制排気型の暖房装置などを連続運転する場合、加湿器などで湿度を調整してください。望ましい湿度は45~70%です。
  • 湿度調節が行われないと、ひび割れ・目スキ・浮きなどが発生する場合があります。
  • 加湿器の吹出口近くのフローリング表面が水ぬれし、変色やひび割れを起こすおそれがあります。加湿器の位置を高くしたり、吹出口の向きを変えるなどして対策をとってください。
  • ※カーペットや床マットをご使用の際、裏面材が床表面に溶着する場合がありますので、ご注意ください。
  • ※スチーム掃除機は、膨れや変色等が起こるのでご使用はおやめください。

To PageTop