ガラスフィルム 機能や用語をもっと詳しく!

商品を見たけど分からない言葉がたくさん・・・
そんなガラスフィルムの機能や用語を解説!

日射調整(日照調整)

室内に侵入する日差しや日射の量を低減する効果があるもの。更に効果が高く遮蔽係数0.4未満(JIS A5759 B1)のもの。

飛散防止

ガラスの飛散を低減する効果のあるもの。JIS A5759のガラス飛散防止性能(記号B)を満足するものJIS A5759のガラス飛散防止性能(記号A・記号B)を満足するもの

断熱効果あり

暖房の熱を屋外に逃げにくくする効果があり、熱貫流率5.1W/m2K未満(旧JIS A5759 C1)

超飛散防止

飛散防止フィルムの機能に加えて耐貫通性能の高いフィルムで、安全性の向上や侵入抑止に効果があるもの

UVカットによる褐色抑制効果

紫外線を99%以上遮蔽し、紫外線が主な原因となっておこる家具や商品などの日焼け(褪色)を低減する効果

防虫効果

夜間の飛来昆虫を低減する効果があり、当社での実験において一定の効果を確認しているもの

防犯(防犯性能の高い建物部品)

「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載されている製品

※CPマークは、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で定めた試験に合格したことを示すものですが、あらゆる状況において5分以上侵入を防ぐ性能を保証するものではありません。

遮蔽係数

3mm厚透明ガラスの日射熱取得率(0.88)を1とし、ガラスにフィルム貼付した場合の日射熱取得率の割合を表します。値が低いほど遮蔽効果が高く、冷房負荷の低減に効果があります。

電磁シールド効果

全帯域でシールド性能を保持

目隠し効果

外からの視野を遮り、室内を見えにくくする効果。更に効果が高いハーフミラータイプ、マットタイプ、濃色のもの

※夜間は室内の照明をつけると、外から室内が見えることがあります。

日射熱取得率

ガラスに入射する日射を1とした場合、室内に流入する熱量(透過と室内側再放射の和)の割合を示す数値です。

この数値が小さいほど、室内への熱の流入を遮るので、遮熱性能が高いことを意味し、数値が高いガラスフィルムを貼ることで、夏に冷房が効きやすくなります。

性能は、%の単位であらわし、透明遮熱タイプですと、80%台、ミラータイプのもので、20%台まであり、フィルムの種類によりかわります。

透過率・反射率・吸収率

UV(紫外線)や明るさ(可視光線)、暑さ(日射)の度合いを表しています。

  • ●日射反射率の大きい製品は熱線反射タイプ、日射吸収率の大きい製品は熱線吸収タイプとなります。
  • ●可視光線透過率は室内に入る明るさの指標になり、50%以上であれば暗くなった感じはありません。
  • ●可視光線反射率は屋外外観の目安になり、高いほどミラー感が高まります。紫外線透過率が低いほどUVカット効果は高く、褪色を抑制します。
熱貫流率

室内外の温度差に起因する熱の逃げやすさを見る指標です。温度差が1℃ある時、面積1m2あたり1時間に抜けていく熱量を表しています。値が低いほど断熱効果が高く、暖房熱が逃げるのを防ぐ効果があります。

※透明フロートガラス(3mm厚)にフィルムを貼って測定しています。

機能で選ぶ

機能で選ぶ

貼りたい場所で選ぶ

貼りたい場所で選ぶ

絵柄で選ぶ

絵柄で選ぶ

メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶ

3M サンゲツ
アサヒペン
おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

To PageTop