ロールスクリーンの使い方あれこれ

ロールスクリーンの

使い方あれこれ

こんなに便利!

ロールスクリーンの使い方

  • リビングの間仕切り

    リビングの間仕切り

    広々としたリビングは憧れの空間。けれども、実際に住んでみると「ここに仕切りがあれば…」と思う場面も出てくるのが本音です。そんなときには天井から床までのロールスクリーンを設置しておけば、必要な時だけ部屋を仕切ることができます。来客スペースと家族のスペースを分けたいときなどに大活躍。また、お子様が小さい場合はリビングの一角を仕切ってベッドを置けば、リビングでくつろぎながらおやすみのお子様を見守ることができるようになります。

  • キッチンの目隠し

    キッチンの目隠し

    キッチンで家事をしながら、リビングの様子がわかるオープンキッチンは今や大人気。でも、お客様を迎えた場合にもキッチンが丸見えになるのは避けたいものです。そんな場合はロールスクリーンで目隠しを。選ぶ場合はロールスクリーンを上げた時の上部の見え方にも気を配り、下げた時も上げた時もすっきり見えるデザインを選ぶと良いでしょう。お部屋の印象を変える事もできるので、ちょっとしたアクセントにもなります。

  • オープンラックの目隠し

    いつでもすっきり片付けができるなら良いですが、忙しい現代人。なかなかそうもいかないのも現実。片付けてない時に限って来客が…というのもあります。そんな時でもロールスクリーンを取り付けておけば、見せたくないものを隠すことができます。また、本棚は意外とほこりが溜まりませんか?そんな時もロールスクリーンを取り付けておけば掃除も楽になり、本の色あせ防止にも一役かいます。

  • 勝手口の目隠し

    キッチンやダイニングからそのまま外に出られる勝手口。窓を取り付けてキッチンまわりを明るく演出することも多いのですが、窓の場所によっては夜に人影が映るなどプライバシーが気になる場面も出てくるようです。そんな場合は操作性や機能性を重視したロールスクリーンで目隠しを。小さな窓対応のロールスクリーンも豊富にご用意しております。

  • 洗面所の目隠し

    洗面所の目隠し

    洗濯機周りは洗剤や脱衣カゴなど、物が多い場所です。洗面所に洗濯機を置いてある場合は、キッチンと同様に来客時に人目が気になってしまいます。そんな時もロールスクリーンが大活躍します。

  • 階段にロールスクリーン

    階段にロールスクリーン

    最近、リビングに階段があるお宅も多くあると思います。リビングでエアコンを付けるとエアコンの暖気や冷気が2階に逃げてしまいます。そんな時、階段にロールスクリーンを取り付けることで暖気や冷気を2階に逃げるのを防ぐことができます。階段前面を覆わなくても意外と効果があるんです。

  • シアタールームのロールスクリーン

    シアタールームのロールスクリーン

    「自宅にいながら大画面で映画を見る。」というのは誰でも一度は憧れるもの。ロールスクリーンの暗幕タイプを使えば、専用ルームを作らなくてもリビングがシアタールームに早代わり。使わない時は巻き上げてコンパクトに収納できるので、部屋の雰囲気を壊すことなく気軽に映画を大画面で楽しむことができます。

RETURN ロールスクリーンTOPに戻る

To PageTop