ソフト巾木の役割

ソフト巾木は、安価で便利で木巾木の代替品として広く普及しています。 ソフト巾木の役割は、木巾木が持っていた役割とほぼ同じと言えます。では、その役割とはどんなものがあるのでしょうか。

隅部分の納まりをスッキリさせる

隅の納まりって?

壁と床、壁と天井は直角にぶつかります。その部分を建築用語で、「入隅」と言います。 通常、天井と壁、天井と床には違う材質のものを利用します。 壁も床も天井も材料をカットして施工していきますので、直角部分は部材どおしがぶつかる部分となり、どのようにキレイにみせるかが問題となります。

壁紙クロスがなかった時代、大工さんはその部分に細長い材木を使いうまく納めてきました。 その部材で、床と壁の入隅部分に使用したものが「巾木」、天井と壁の入隅部分に使用したものが「廻り縁」といいます。

入隅の隙間を納めるために

隙間があく理由は、大工さんの腕が悪いわけではありません。 床がフローリングの場合には、木の特性上、湿度により伸縮するため、壁とフローリングの間に数ミリの隙間を作ることが必ず必要になってきます。

その隙間を埋めるため、木巾木の厚みも6mm程度あります。 最近の新建材フローリングでは、精度が非常に高くなり、ソフト巾木で納まる程度の隙間で施工することも可能です。

キレイな見た目のために

一般的にソフト巾木が使用される場合の床は、クッションフロアやフロアタイルなどの塩ビ系のものが多くなります。 塩ビ系床材は伸縮を気にする必要はほとんどなく、カットした部分を隠し、キレイに見せるために使用します。

壁との隙間が気にならないタイルカーペットなどの場合には、巾木をつけない場合もあります。 ソフト巾木は仕上げの見た目のために使われる部材です。

壁を保護する

凹み・塗れから壁を守ります

床掃除を行う時、壁の下部分は掃除機の吸い込み口が当たり壁を傷める場合があります。 一般的には、壁は石膏ボードでできているため、尖ったものが当たると凹んでしまいます。それを防ぐ役割としてソフト巾木は機能します。

また、床が濡れたりした場合に、壁際まで水がまわってしまうとクロスが濡れてダメになります。 そのため少量の水であれば止めることもできます。また、床の水拭きを行った場合に壁が雑巾で濡れるのを防ぐことができます。

住まいの維持管理には
とても大切な部材です

このように、ソフト巾木は、壁を保護する働きとして利用されます。 雑巾掛けや掃除機をかける時に、壁仕上げ材が床まで下りていると、その壁仕上げ材を濡らしたり、掃除機の吸い込み口が当たって壁を傷める場合があります。

巾木には壁仕上げ材を保護する役目も兼ねています。 小さくて目立ちにくい部材ですが、住まいの維持管理にはとても大切ですよね。

メニュー

MENU

メニュー

メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶ

タイプで選ぶ

タイプで選ぶ

関連リンク

関連リンク

To PageTop