どう違うの?カーカスタム用フィルム

カーカスタム用に作られた粘着剤付きフィルム。それぞれ違いや特徴があります。初めてのDIYにオススメなのは?コストを抑えてカーカスタムを楽しめるのは?RESTAで販売しているカーカスタム用フィルムを比較してみました。そのほかにも施工前の上手な洗車方法などをまとめています。

販売メーカーの違い

  • 3M

    カーラップフィルムのほか、屋内用装飾フィルムや文具、日用品、医療製品に至るまで、3M独自の技術が搭載された、幅広い商品を開発・販売しています。

  • HAPPY KREUZ

    「エコでユニーク。」をテーマに、一般普通自動車でも気軽にDIYカーラッピングを楽しんでもらえるような商品開発・販売を行う、カーラップに特化したメーカーです。

見た目の違い

  • 3M HAPPY KREUZ

    カーボン柄の目に丸みが有るか無いか程で、表面の見た目はほとんど変わりはなく、角度を変えてみた時の艶もほどんど変わりません。

  • 3M HAPPY KREUZ

    ハッピークロイツのフィルム裏面は2cmマスと1cmマスが並んでおり、おおよそのカット目安が付きやすくなっています。一方、3Mのフィルムにはマス目が無く、メーカーロゴのみプリントされています。

粘着面の違い

  • 3M

    空気抜きの溝は細く縦に並んでいます。位置合わせがしやすい3M独自の特殊粘着剤を使用し、再剥離性が高く、粘着剤表面の微細なガラスビーズにより、空気抜きがしやすくなっています。

  • HAPPY KREUZ

    空気抜きの溝は細い2本のラインが格子状に並び、気泡ができにくく、空気抜きしやすい構造になっています。再剥離性のある粘着剤を使用し、剥がした時に糊残りが少なくなっています。

コストの違い

  • 3M
    カーボンファイバータイプ

    1524mm幅×1m 7,600円(税抜)

    1㎡あたり約4,987円

  • HAPPY KREUZ
    3Dカーボンファイバータイプ

    1530mm幅×1m 4,100円(税抜)

    1㎡あたり約2,680円

施工性の違いを比べるために
実際にミニカーに貼ってみました。

平面部への施工性

  • 3M HAPPY KREUZ
  • 平面部への貼り付き

    どちらも施工性に変わり無し。

    凹み部分への入り込み

    ハッピークロイツの方がしなやかで、細い溝へスムーズに入り込み、筋付けが容易。

    エアの抜け方

    どちらも施工性に変わり無し。

細部への施工性

  • 3M HAPPY KREUZ
  • 巻き込み部や曲面への定着

    3Mのフィルムの方が張りがあるが、しっかりと下地に定着し、端の浮きなどが起こりにくい。ハッピークロイツの方はしなやかだが、端が浮きやすい。しかし、しっかりと温めながらスキージーで圧着すれば問題はない程度。

ATTENTION

今回はミニカーで比較しておりますが、実際の車の場合はここまで細かな凹凸への施工はありませんので、あくまでも参考程度の比較です。

比較結果
3M

コストはかかるが、
初めてのカーラッピングで
不安がある方におすすめ。

HAPPY KREUZ

コストを重視する方や、
カーラッピングに
慣れた方におすすめ。

カーカスタムに入る前に知っておきたい
洗車のポイント!

  • 洗車のポイント
  • 普段の洗車のように車を洗っただけでは、施工後にせっかく貼ったフィルムが端から剥がれてしまう可能性が・・・。
    カーカスタム時の洗車の基本は、粘着剤がしっかりと定着するような下地を作るつもりでしっかり汚れや油分を落としましょう!

洗車方法

  • STEP1
    流水で表面の汚れを洗い流す

    ホースなどで水を車体にかけながら柔らかい布やスポンジで車体を優しく撫でるように、表面に付いた埃やチリなどを洗い流します。

  • STEP2
    洗剤で汚れを落とす

    艶出し効果のあるカーシャンプーはシートの定着を妨げます。食器用洗剤を水で10~20倍ほどに薄めたもので優しく車体の汚れを落とし、水で洗剤をよく流します。

  • STEP3
    アルコールで油分をふき取る

    車体に残った油分も定着の妨げになります。アルコールと水を2:1で混ぜたものを繊維の残らない布にしみこませ、車体の油汚れを落とします。

洗車のPOINT1

表面のシャンプーはもちろんですが、フィルムを巻き込んで貼るために、巻き込み部分もきれいに汚れや油を落としましょう。汚れ具合や場合に応じて、アルコールなどで油分や垢汚れをしっかり落としましょう。

洗車のPOINT2

できる限り、埃の少ない場所で洗車しましょう。せっかくきれいに洗車をしても、すぐにごみや埃をかぶってしまっては、フィルムと車体の間に凹凸ができてしまったり、空気の抜けが悪くなってしまいます。

洗車が終わったら、しっかりと水分などを拭き取り、速やかに施工に入りましょう。

カッティング用シート教室

動画と写真で楽しく学んで
DIYの"わからない"を全て解決!
DIY教室
カッティング用シート以外の装飾素材も充実!
  • エコで環境に優しいオレフィンシート。シールタイプで簡単DIY!建具や家具のリメイクに最適!

  • 壁面のインテリア、収納にも使えるピクチャーレール。実用的でおしゃれな壁面装飾として大人気!

  • 進化した幅広マスキングテープで、壁を自由にデコレーション。貼って剥がせるので自在なインテリアが可能!

お問い合わせQA
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop