生のり付き壁紙で長年使われていない建物をオフィス兼住居にDIY!

after
AFTER
before
BEFORE
after
AFTER
before
BEFORE

応募ネーム

ひでやん

DIYされた場所や物(壁や床、椅子など)

ベッドルームと和室の壁

DIYに使用した商品(メーカー名・商品名・品番)

・のり付き壁紙 スリット壁紙(ミミなし) 耐クラック&軽量 シンコール SLP-691(旧SLP-810)60m
・壁紙貼りセット 壁紙張替えに必要な道具(工具)の5点セット

カテゴリページはこちらから

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

DIYのご経験

初めて

DIYしようと思ったきっかけ

長く使われていなかった建物をオフィス兼住居として使うことになり、費用を抑えるために自分でやることにしました。

DIYをやってみての感想

前から、DIYしてみたい気持ちはあったので、良い機会でした。

シンコールの生のり付き壁紙と壁紙張りセットを使いました。壁紙を張るのは全く初めてでしたが、いろいろビデオを見て、なんとなくイメージを作ってから作業に入りました。
まず、裏面フィルムをはがすのが難しく、大きなものですので、広げる場所が十分ないとうまくできません。
壁に貼るのは、ただ張ればいい場所は手間取りませんが、コンセントがあったりして細工をしなければいけないところは時間がかかりました。

ちょっと無理をして引っ張たり、ヘラが強く当たりすぎると簡単に破れてしまうので注意が必要でした。
つなぎ目を合わせるのが難しいかったです。
特にカッターで壁紙を切るとき、上から下に切っていくときはいいのですが、最後のところでカッターを持ち換えて、下から切るとき、上からの切れ目とずれてしまい、苦労しました。

DIYにかかった費用

・24062円(2部屋分の壁紙と壁紙張りセット)
・220円(大きいビニール袋)
・110円(ガムテープ)

DIYにかかった時間(期間)

休みをすべて使い、4日間。

お部屋の仕上がりについての感想

サンプルを取り寄せて、いろいろ比べてから壁紙を注文しました。
イメージ通りの壁になり、ベッドルームは部屋がみちがえるようにきれいになって、快適に過ごせます。
妻も喜んでいます。

和室の方はもともと塗ってあったペンキの色と今回張った壁紙の色が似ているため、写真では違いが分かりにくいですが、とても落ち着きます。
満足度は自分へのご褒美も含めて、100%です。
次はダイニングの壁を直そうと思っています。

お部屋の仕上がりについての満足度

100%

関連ページ

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。