縫製不要!好きな生地で作れる、手作りロールスクリーンキット

今回ご紹介するのは、自分のお好みの生地でロールスクリーンが作れる『ローラーキット』。
生地のほつれ止めがセットになっているので、縫製の必要なしで手軽にチャレンジできるのが嬉しいポイントですよ♪

それではさっそく、詳しい特長をお伝えしていきますね。

厚さ1mmまでの平らな生地ならなんでもOK!

0128_01

ローラーキットは何と言っても、自分で好きな生地を選んで、オリジナルのロールスクリーンを作れることが1番のポイント!
よく手芸用品店などで見かける、厚み1mm程度の布生地ならどんなデザインでも、どんな素材でも使用できます。
(ただし厚みが均等でない生地はだめですよ。それと生地に歪みが無いことも使用条件になります。)
例えば、麻素材の生地でよりカーテンっぽい雰囲気にしたり、大好きなブランド生地やキャラクター生地でロールスクリーンを作ることもできますよ!
最近では布生地にオリジナルのデザインをプリントできるサービスなんかもありますよね。
私もデザインの技術があれば、完全オリジナルで作ってみるものいいなぁ…なんて思います(^^♪

とにかく!ローラーキットならデザインや素材の選択肢が無限!
どんな生地にしようか?と考える時間も楽しくなるDIYアイテムですよ☆

生地は切りっぱなしで大丈夫!便利なほつれ止め付き

0128_02

ロールスクリーンは通常、生地の端に熱処理が施されており、ほつれることが無いようになっています。
素材はポリエステル100%のものがほとんどなので、こういった処理が可能なんです。
綿や麻などの素材となると、熱処理でのほつれ止めはできません。
そもそも一般のご家庭ではそんな加工は無理な話ですよね。
となるとミシン等で縫うしか方法が無い?となりますが、ローラーキットは『ボトルスティフナー』というほつれ止め液が付属しているので、これを使って端処理を行います。

ちょっと話が逸れますが、ロールスクリーンでよくある故障の原因に『巻きズレ』があります。
ロールスクリーンは上部のローラーに生地をクルクル~っと巻き付けて上げ下げするのですが、その際に片側に生地が偏ってしまい、生地の巻きにズレが発生してしまう現象です。

なぜこんなお話をしたかと言うと、生地端をミシンで処理した場合、この巻きズレが起こりやすくなるからです。
ミシン処理によって生地の厚みに差が出ると、まっすぐ巻き上がらなくなってしまい、使用していくうちにズレが広がりスムーズな開閉ができなくなります。
このあたりの問題も『ボトルスティフナー』が解決してくれます。

『ボトルスティフナー』は見た目は木工用のボンドをもう少しサラサラにしたようになっています。
本当のボンドだと塗りムラによってダマができたりしますが、『ボトルスティフナー』はダマにならずほつれ止めの効果は持続するように、絶妙な調合がされています。
先に生地に『ボトルスティフナー』を塗り付けて、塗り付けた上から生地をカットしていくだけで、ボトルスティフナーがカット面のほつれを防いでくれます。
生地を重ねたり、塗ったりしなくて良いので、ロールスクリーンとして長期間機能的に使用できるように工夫されています。

特殊な工具は不要!少し時間はかかるけど…クオリティは高い!

0128_03
0128_04

気になる組み立ての難易度ですが、先にはっきりお伝えしておくと時間は少しかかります…。
私が実際に作ったときは45分程度でしょうか。
時間が掛かるのは『ボトルスティフナー』を塗った後に乾かす必要があるため。(10~15分程度)
そして、窓のサイズに合わせて部品をカットする必要があるためです。
カットの工程はご自宅の窓のサイズによって必要か必要でないか変わってきます。
ローラーキットは、幅90cm、130cm、180cmの3種類があるため、このサイズが窓に合っていればカットの必要はないですよ♪

カット工程もあるとして、必要な工具はこんな感じです。
・生地をカットするハサミ
・生地に印をつける鉛筆orチャコペン
・定規(長めの方が良い)
・ボトルスティフナーを塗布するためのハケ(塗れたらなんでもOK)
・部品をカットするための金ノコ
・ロールスクリーンを窓に付けるためのプラスドライバー

特に特殊な道具は必要ないので、大体の方がお手持ちのもので作業できるかと思います☆

ただ、先ほどもお伝えした通り、部品のカットは少し時間と力が必要になります。
女の私(力は結構強め)が一生懸命金ノコでギコギコとやって、休みながら15分くらいはかかったと思います。

個人的には今後もDIYをする方なら電動ノコギリを用意されるのもおすすめです!
最近ホームセンターでもかなりお安い商品を見るようになりましたし、大体の商品には木材用、鉄工用の刃が付いてますので、様々なDIYに活躍します。

またまた話が少し逸れました…。
部品のカットさえできれば他は難しい工程は全然ありません!
国内のロールスクリーンメーカーが作ったキットなので、仕上がりもばっちり。
少し手間をかけても、完成品を見れば「やった価値あり」と思っていただけると思います!
生地のデザインに飽きてくれば、また違う生地で組み立てなおして楽しむこともできますよ(^^♪

ぜひ、自分オリジナルのロールスクリーン作りにチャレンジしてみてください!

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。