安心国内メーカーのタイルカーペットをおすすめする理由

そのカーペット、本当に大丈夫??

安いからと言って飛びつくのはちょっと待った!

安いからと言って飛びつくのはちょっと待った!
そのタイルカーペットは国内メーカーの国産品?
それとも・・・

最初は安くていいお買い物をしたと思っても・・・ 品質が悪ければすぐに買い替えないといけなくなって結局は高くついた・・・なんてことありますよね。 安心国内メーカーの国産タイルカーペットの方が断然コストパフォーマンスは高いんです! 安心国内メーカーの国産品と外国製品のタイルカーペットとを比較してみました!

見た目はどうちがうの?

見た目はどうちがうの?

大きさのばらつきの違い

日本製はきれいな正方形で、大きさのばらつきがありません。一方、外国製品の一部は大きさにばらつきがあります。 タイルカーペットにとって大きさにばらつきがあるのは致命的!きっちり隙間無く貼れなくなってしまいます・・・

切り口の違い

もうひとつの大きな違いは、切り口! 外国製品はほつれて糸が出てきています・・・これでは施工後に糸が飛び出してきてその都度カットする手間が増えそう・・・ 一方国内メーカー品は、糸のほつれはもちろんナシ!角がピシッと直角で、切り口もきれい!

しなやかさはどうちがうの?

しなやかさはどうちがうの?

裏面の素材の違い

端を折り曲げてみて、外国製品と国内メーカー品を比べてみました。 国内メーカー品はしなやかに折れ曲がりましたが、一方外国製品の一部は途中で亀裂が入ってしまいました。 その理由は裏面の素材の違いのようです。安いからには安いなりの理由があるんですね。

素材 特徴

国内メーカー品

PVC(ポリ塩化ビニル) 経年劣化が少なく、柔軟性に優れ、滑りにくく下地に跡が残りにくい。

一部の外国製品

ビチューメン アスファルトのような素材で、曲げるとヒビや折れが発生しやすい柔軟性のない素材で、 滑りやすく下地汚れに加え、剥がすときにボロボロと崩れ剥がしにくい。

国内メーカー品

素材 PVC(ポリ塩化ビニル)
特徴 経年劣化が少なく、柔軟性に優れ、滑りにくく下地に跡が残りにくい。

一部の外国製品

素材 ビチューメン
特徴 アスファルトのような素材で、曲げるとヒビや折れが発生しやすい柔軟性のない素材で、 滑りやすく下地汚れに加え、剥がすときにボロボロと崩れ剥がしにくい。
機能的にはどうちがうの?

機能的にはどうちがうの?

静電気抑制機能

静電気抑制機能

まず、大きな違いは制電性能があるかどうかです。 国内メーカーのタイルカーペットのほとんどに静電気の発生を抑える機能がついていますが、外国製品には無い物が多く見られます。

なぜ静電気を抑制するほうがいいの?
なぜ静電気を抑制するほうがいいの?

タイルカーペットはオフィスによく使われていますが、オフィスにはたくさんのパソコンや精密機器が置かれているかと思います。 実はこの機械に大敵な物は静電気。何気なくオフィス内を歩いていても、靴の裏とタイルカーペットの摩擦で静電気が発生してしまいます。 その静電気が精密機器の誤動作を引き起こしてしまうのです。そうならないために、静電気を抑制する必要があるのです。

大規模なオフィスビルの建設の際、制電機能のあるタイルカーペットのみを床材に指定する場合もあるのです。 国産のタイルカーペットの多くはAランクの性能を持ち、中にはその上の機能を持つタイルカーペットもあります。

ランク 結果 用途の目安
A ★★★★ 1.0kv以下 OA機器を使用する場所静電気を嫌う場所
B ★★★ 2.0kv以下 一般オフィス、ホテル等乾燥した状態(10%以下)での使用が常時発生する場所
C ★★ 3.0kv以下 一般の使用で静電気が気にならないレベル
D 3.0kv超 静電気の発生しにくい場所での使用に適する

JIS L 1021-16(2007)測定条件 23℃ 25%RH 合成ゴム底

防炎機能

防炎機能

まず、大きな違いは制電性能があるかどうかです。 国内メーカー品も外国製品も共に防炎機能は付いていますが、ひとつ気になる点は、外国製品の一部の裏面に使われている材料。 ビチューメンは石油からできています。たとえ防炎だったとしても、燃焼時に有害物質(ホルムアルデヒドなど)の発生する可能性は・・・

じつは外国製品のタイルカーペットはホルムアルデヒド検査の有無が不明な物が多いのです。 燃え広がるのを防げても、有害物質を発生する可能性があるのは心配です。 もちろん、国内メーカー品はホルムアルデヒド放散等級をクリアしています!

価格的にはどうちがうの?

価格的にはどうちがうの?

外国製品の価格はおおよそ195円~が多いようです。一方、国内メーカーは215円~。 外国製のタイルカーペットは安いといいますが、さほど変わりはないようです。
ただ、品質による劣化の早さなどを考えると、国内メーカー品を長く使うほうが安あがりのようです。

結果

安心して使用でき、長くきれいな状態を保ちたいなら・・・
高品質な国内メーカーの国産品をおすすめします!

RETURN タイルカーペットTOPに戻る

PICK UP!

To PageTop