クッションフロアのお手入れ・掃除方法

正しいメンテナンスで綺麗が続く!クッションフロアのお手入れ・掃除方法

耐水性に優れ、掃除やお手入れがしやすいクッションフロアはキッチンやトイレ、洗面脱衣室などに多く利用されています。クッションフロアの正しいメンテナンスや掃除方法を身に着けるには、まずクッションフロアの材質を理解する必要があります。





 
クッションフロアの材質
クッションフロアの材質
 

クッションフロアの表面は塩化ビニルという樹脂でできており、その下にはウレタンの発泡層があります。

表面の塩化ビニル層により、水分の吸い込みがほとんどなく、日常的な汚れは簡単に落とすことができます。

表面についている模様やラインは、エンボス加工で凹凸が比較的浅いため、そこに汚れが詰まってしまう心配もほとんどありません。





 
普段のお手入れ方法
普段のお手入れ方法
 

クッションフロアの普段のお手入れは、掃除機でほこりなどを取り除いた後、固く絞った雑巾で水拭きをしてください。

水拭きでは取れない汚れがある場合や、クッションフロアのエンボス加工部分に汚れが付着していたりした場合は、薄めた中性洗剤で拭き取ります。

最後は固く絞った雑巾で、洗剤が残らないように拭き取りましょう。





 
油汚れ・べたつきのお掃除方法
油汚れ・べたつきのお掃除方法
 

キッチンは気がつかないうち床や壁が油で汚れているものです。

炒め物などの油はスプレーされたように細かく飛び散るので、そのまま固まってクッションフロアに付着したままになってしまいます。これがべたつきを感じる原因のひとつです。

こういった油汚れには、プラスチック床用、ビニル床用などと表記のある床専用のクリーナーなどで拭き取りましょう。

最後は固く絞った雑巾で水拭きをして洗剤をしっかり落としてください。





 
黒ずみのお掃除方法
黒ずみのお掃除方法
 

長年の汚れが蓄積されたものや、ジュースなどべたべたしたものに汚れが絡みついたものなどが黒ずみの原因になります。

こういった黒ずみのお掃除方法は、薄めた中性洗剤を含ませた雑巾などで軽く黒ずみをこすり落とし、固く絞った雑巾で洗剤をふき取ります。

また、水で濡れたものをクッションフロアの上に置いたままにしていたり、水滴を放置しておくと、白く変色してしまうことがあります。

水がつきやすい場所にはキッチンマットやバスマットなどであらかじめ予防しておくのも一つの方法です。





 
カビが発生した場合
カビが発生した場合
 

カビが発生した場合は、できるだけ早めに中性洗剤で拭き取りましょう。

中性洗剤を使っても落ちない場合は表面のみのカビではない可能性が高いため、専門家にお任せするのが安心です。

カビは温度と湿度と養分が揃えば発生します。こまめに換気をし、湿度が籠らないようにしてカビ発生を防ぐとよいでしょう。





 
ゴムなどの接着などによる変色について
ゴムなどの接着などによる変色
 

椅子など家具の足にゴムを使用しているものがありますが、このゴムがクッションフロアに直接あたると、その部分が黄色、または茶色く変色してしまいます。

このシミは落ちないため、間に薄い布などを挟むなどして、ゴムとクッションフロアが直接つかないように工夫してください。





 
ワックスできれいをキープ
ワックス掛け
 

ワックスをかけなくても、お手入れしやすいクッションフロアですが、傷や汚れから保護し、クッションフロアを長持ちさせるためにワックスをかけてもよいでしょう。

ワックスをかける場合は、床面のほこりを掃除機などで取り除きます。

その後中性洗剤などで拭き掃除をし、しっかり乾いてから床面専用の樹脂ワックスなどを塗りましょう。

ワックスは剥離剤で剥がしてから汚れを拭き取った後、再度ワックスをかけるという方法で、定期的に塗り替えると、さらにキレイな状態をキープできます。





 
メンテナンスの際の注意点

クッションフロアの塩化ビニル層は表面のみを覆っています。

そのため研磨力の強いものを使って掃除を続けると、表面に傷を付けるだけでなく、その下の発泡層まで傷めてしまうこともあります。

気になる汚れを発見しても、ゴシゴシこするのではなく、薄めた中性洗剤を使って雑巾などで丁寧に拭き取り、汚れを落とすようにしましょう。








 
RESTAなら品数豊富&激安価格!

- RETURN - クッションフロアTOPに戻る

PICK UP!

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop