お部屋の形や柄、向きにより異なる場合がございます。クッションフロアの必要サイズ(数量)の測り方

トイレや玄関などの狭い部屋の場合

柄の向きで、必要な長さが変わります。

クッションフロアは、ロール上の商品ですので、柄には向きがあります。
必要サイズは、部屋よりも少し大きめのサイズになります。
(切りしろを上下左右に10cm程度余分に注文します。)

例)
2.5m必要な場合には、切りしろを足した2.7m注文する。

クッションフロアの幅よりも部屋が広い場合

クッションフロアのつなぎ目は、柄幅以上あれば合わせやすいです。
お部屋が、クッションフロアの幅より広い場合には、柄のリピート(柄マッチ)が合うように
少しかさねる
ように敷いていきます。重ねた部分は、カットして仕上げます。

リピート(柄マッチ)とは?

クッションフロアは、一定間隔で同じ柄が繰り返し出てきます。それをリピート、または柄マッチと言います。広い場所に施工する場合はつなぎ目が不自然にならないように、柄を合わせながら貼ります。その為に柄のリピート幅分の長さが余分に必要になります。(無地柄ではリピートは不要です)

例えばテラコッタの場合、リピート(柄マッチ)は60.7cmとなり、ご注文いただく長さは、お部屋の一辺の長さ+柄リピートとなります。

また切りしろとして20cm程度多めにご注文ください。

クッションフロアの必要数量の目安

お部屋の形や、またクッションフロアの柄や
施工する柄の向きにより異なる場合がございます。

トイレ 洗面所 4.5帖 6帖 8帖
約1.5m 約4m 約6m 約6~8m 約7~12m

クッションフロアのワンポイントアドバイス

少し多めにご用意して頂くと、余裕をもって施工できます。
また柄物のクッションフロアの場合、それぞれの商品の柄合わせリピート数値を確認しましょう。

累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
Norton

To PageTop