クッションフロアのリバース施工について

クッションフロアのリバース施工について

リバース施工とは?

材料の製造上できる色むらを目立たなくするために、
隣り合うシートの向きを変えて貼る施工方法です。

182cm

クッションフロアは、製造時に色むらが発生する場合があります。

幅182cmのクッションフロアを施工する場合

通常施工

下のイラストのように同一方向で上下、上下、上下…と同じ向きに貼っていくと、継ぎ目(ジョイント部分)の色むらが目立ってしまいます。

カット面

リバース施工

貼り方向を反転、つまり隣り合うシートの向きを変えて施工することで、継ぎ目の色むらが目立たなくなります。

カット面

クッションフロアは、製造過程で色むらが発生する場合があります。比較的、柄物の場合はムラを分かり難くしてくれますが、単色の場合はムラが目立ちやすくなります。メーカーの対策として、そのような商品を選定し、「リバース施工」をお勧めしています。

クッションフロアの商品ページにて、ご確認ください。
「リバース施工してください」と
表示のある場合

リバース施工をお勧めします。

「リバース施工できません」と
表示のある場合

同一方向で施工してください。
(通常施工)

クッションフロア以外の床材も充実!

  • 簡単DIYが自慢のフロアタイル。住宅にも店舗にもおすすめ。

  • 豊富なカラーバリエーションと低コストが魅力のPタイル。

  • 長尺シート

    長尺シートは摩耗に強いので、お店や公共施設などにおすすめ。

- RETURN - クッションフロアTOPに戻る

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
Norton

To PageTop