錠前の交換 RESTA DIY講座

調子が悪くなったら交換を!
ドアの錠前の交換は、同じ物が見つかれば交換は比較的簡単です。鍵のトラブルは防犯上からも大変不安な事です。間違ったメンテナンスにより錠前が壊れたり、鍵穴にゴミがつまったりする事もあげられます。錠前の交換はいざというときに知っておくととても便利です。

種類

玄関や勝手口についている錠前は、デッドボルトがあるインテグラル錠と鍵穴が別の箱錠、そして間仕切りなどにも使われることの多い円筒状とチューブラ錠があります。用途に応じて使い分けられています。

  • シリンダー箱錠
    鍵穴とドアノブが別の所についているのが特徴。
    レバーハンドルタイプもあり交換は多少複雑なので専門家に頼んだほうが良いでしょう。
  • インテグラル錠
    鍵穴がドアノブにあり、フロントを見るとラッチボルトとデッドボルトが付いているのが特徴です。
  • シリンダー円筒錠
    鍵穴がドアノブにあり、フロントを見るとラッチボルトとその脇に補助ラッチが付いてるのが特徴です。
  • チューブラ錠
    室内間仕切り用ドア錠。円筒錠と似ていますが、内側がサムターンになっているのが特徴です。レバーハンドルタイプもあります。
必要サイズ
交換の際は、取り付け作業よりも、同じサイズのものを探す作業が一番難しいです。同種類、同サイズ、できればメーカーも合わせると交換しやすくなります。また、新しい錠前を購入する際は、図の通リ、バックセット、フロント寸法、ビスピッチ、ドアの厚さ(材質)、メーカー名をチェックしてから購入しましょう。
円筒状の交換

はずし方

内側のノブをはずす
ノブの付け根部分をよく見るとに小さな穴があるので、キリや細いドライバーなどを差し込みます。軽く押すとバネのような手ごたえがあるので押しながらノブを引くとはずれる仕組みになっています。
丸座をはずす
丸座の側面の切り込み部分に、マイナスドライバーを差込みはずします。この時にドアや丸座が少し傷つく場合があります。
丸座裏金をはずす
丸座をはずすと、ドーナツ型の丸座裏金がビスでとめられています。このビスをはずすと、ドアノブ全体が外れます。
フロント板のビスをはずす
ビスをはずすと、フロント板をラッチがはずれます。
内ノブからはずす
種類によりはずし方が多少異なりますが、基本内ノブから順にはずします。

つけ方

新しい錠前は、セットされた状態で入ってるので、取付ける前に分解し逆の手順で取付けていきます。古いネジ穴がゆるくなりがちなので割り箸を削った物等に木工用接着剤をつけてネジ穴を埋めてから取り付けるとしっかりします。

はずし方と逆手順
フロント板を取り付け、ノブを外側から取り付けます。この時にノブを回した時にラッチがスムーズに動くか)を確認しておきましょう。
最後に内ノブを差し込む
最後に内側のノブを差し込みます。
この時、ノブの内側の凸部分を、軸の溝に合うようにセットしてください。
インテグラル錠の交換
ドアノブと丸座をはずす
ドアノブと丸座は一体となっていますので、ワイドプライヤー等で、内側の丸座を左に回してはずします。
丸座裏金と外ノブをはずす
ドアノブと丸座を外すと、丸座裏金があります。そこにあるビスを外すと、丸座裏金と外ノブがはずれます。
フロントをはずす
フロントのネジを外し、ケース本体を引き抜きます。
ケースの側から押し出すと簡単にはずれます。
フロントを取り付ける
ラッチは低くなっている方を閉まる側に向けます。逆ならば上下逆さまにしましょう。ラッチの向きを確認してから取り付けます。
また、ケースのふたをはずしラッチを取り出し逆にセットしなおすタイプもあります。
外ノブを取り付ける
ケースをはめ込んでから、フロントのネジを締め外ノブを取り付けます。鍵穴の向きに注意して差し込みます。
内ノブを取り付ける
内側の丸座裏金をビスで止めます。この時、サムターンが開錠時に縦になるようにセットしましょう。
※あくまで一例のご紹介になりますのでお問い合わせいただきましても、
詳細なご案内は致しかねますのでご了承ください。

DIY次の一歩!

意外と何でも自分でできる!

壁紙クロスの張替えに成功したらあなたは立派なDIYリフォーマー。家のいろいろな箇所の修理や改造にもチャレンジ!

お問い合わせQA
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop