細部の施工方法

コンセント・スイッチカバーの取り外し方

コンセントカバーにある細い溝にマイナスドライバーなどを差込みゆっくりと手前に引き上げます。

プラスドライバーで残っているパーツのネジを外します。

何箇所もコンセントやスイッチのカバーを外す場合は、どこに取り付けられていたか、わかるようにして作業が終わるまで保管しておきましょう。

コンセント・スイッチ周りの貼り方

コンセントのある部分以外を、ハケで空気抜きまで完了させておきます。

コンセントカバーが取り外されている事を確認してから、壁紙を上からかぶせ、撫でバケで空気を抜きます。

コンセントの出っ張りにヘラをあて、上下左右にカッターを入れていきます。

プレートカバーを取り付けて、コンセント廻りの壁紙貼りの完了です。

ジョイントの隙間を無くす方法

スリット壁紙でうまく壁紙同士を突き合わせられなかった、ジョイントカットがうまく出来なかったなど、微妙に開いてしまった隙間を無くす方法です。

隙間から10cm~15cm外側にローラーの転がる部分を少し立て、隙間の開いてしまったジョイントに向かってジグザグと力を入れ過ぎないようにローラーを動かしていきます。

反対の壁紙も同じようにローラーを動かします。両側の壁紙を動かして隙間を埋めていきます。

作業のポイント!

壁紙がジョイント側に少しずつ動いていきます。一度で動かそうとせず、何度か繰り返して徐々に壁紙を動かしてください。壁紙に筋が付きますが、乾くと消えます。

最後の調整は境目の近くからローラーを小さく動かして隙間を埋めていきます。

ジョイントコークの入れ方

壁紙が貼れた後は、廻り縁や巾木の部分にジョイントコークを入れておくと、めくれを防止し、見た目がきれいに仕上がります。

ジョイントコークを入れる所に細くしぼり出していきます。ジョイントコークのノズルはなるべく先端のほうを斜めにカットすると細くしぼり出しやすくなります。

しぼり出したジョイントコークを指でなぞってなじませていきます。部屋の角にもジョイントコークを入れます。

濡れた雑巾を使って効率UP!

濡れた雑巾で指を拭きながら作業すると効率UP!ティッシュ等は指にティッシュの繊維が絡み付いてしまいます。

RETURN DIY講座TOPに戻る

To PageTop