柄合わせの方法

コツをつかめばスムーズに柄合わせできますよ!

柄物壁紙を貼るために必ず行う、壁紙の柄合わせ。難しく感じますが、コツさえつかめば意外と簡単に柄合わせができます。柄合わせができれば、壁紙貼りの上級者!

柄合わせの方法

  • 右側の壁紙の端に、左側の壁紙の端を3cmほど重ねます。

  • 上下の壁紙の柄が重なるように位置を調整します。

  • 上に重なった壁紙のミミから3cm以内の場所の柄がよくわかる1点を決めます。

  • 決めた1点の真正面の位置に目線を合わせます。

  • 上にかぶさった壁紙の端をめくる、戻すを素早く連続で行います。柄が合っていない場合は柄が動いて見えます。

  • 柄が動いて見える場合は壁紙を手で押しながら位置を微調整し、同じように柄が合っているか確認します。

  • 1点の柄が合っていることを確認できたら、20cmほど下のジョイント部分でも同様に柄を合わせ、柄が合っている場所を撫でバケでなでつけて押さえます。これを繰り返して柄合わせを進めましょう。

柄物壁紙の豆知識

柄物壁紙は壁紙の左側と右側で同じ柄の部分があります。その同じ柄をぴったりと重ねることを「柄合わせ」といいます。ミミに付いた横向きの三角印が柄の始まりを表していて、壁に貼り付ける時に、その三角印の高さを合わせて貼ることで柄合わせがしやすくなります。

柄合わせがうまくできていないと、柄がズレてしまい、きれいに仕上がりません。しっかりと柄合わせを行いましょう。

柄物壁紙の豆知識
壁紙のDIYを始めよう!
  • 便利な糊付きタイプで簡単に壁紙を貼り替え!道具付きチャレンジセットもおすすめ。

  • 粘着剤付きの壁紙をペタッと貼るだけで簡単DIY!貼って剥がせるタイプも選べます。

  • 初めてでも簡単に壁紙DIYを楽しめるRESTAオリジナルのwaltikシリーズ。

簡単施工のおすすめ床材!
クリックeuca

- RETURN - 壁紙総合TOPに戻る

お問い合わせQA
ラストオーダー
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop