生のり付き壁紙の貼り方【柄物壁紙編】

柄物壁紙の貼り方のポイント 生のり付き壁紙の貼り方
【柄物壁紙編】

柄物壁紙も簡単にDIYできるんです!壁の1面を柄物壁紙にするアクセントクロスがあるだけで部屋がよりオシャレに見えますよね。柄合わせと壁紙の継ぎ目処理のジョイントカットさえマスターすれば、インテリアをもっと自分らしくイメチェンすることができますよ!柄物壁紙の貼り方を詳しくみていきましょう。

壁紙を貼る前の準備

道具

準備する道具

  • ・脚立
  • ・カッター替え刃
  • ・メジャー
  • ・プラスチックヘラ
  • ・ハサミ
  • ・スクレイパー
  • ・バケツ
  • ・サンドペーパー
  • ・カッター
  • ・ジョイントコーク
  • ・スポンジ
  • ・ドライバー
  • ・地ベラ
  • ・押しピン
  • ・ハケ
  • ・5円玉
  • ・ローラー
  • ・糸
  • ・パテ
  • ・鉛筆
動かしにくいものはシート等で養生

家具などは部屋の外に移動させ、作業しやすいスペースを確保しましょう。重たくて動かしにくいものは部屋の中央に集め、シートなどをかけて養生してください。コンセントカバーやスイッチプレートなど、取り外しができるものはすべて外しておきます。

コンセントカバーの外し方

マイナスドライバーをコンセントの隙間に差し込む マイナスドライバーをコンセントの隙間に差し込む

マイナスドライバーをコンセントの隙間に差し込む。

マイナスドライバーを倒しながら少しずつカバーを外す マイナスドライバーを倒しながら少しずつカバーを外す

マイナスドライバーを倒しながら少しずつカバーを外す。

プラスドライバーでねじを外し、カバー台を外す プラスドライバーでねじを外し、カバー台を外す

プラスドライバーでねじを外し、カバー台を外す。

※複数カ所外す場合は、
1カ所分ずつマスキングテープなどでまとめ、
どこに付いていたか分かるように印などを付け、
箱などに保管しておきましょう。

古い壁紙をめくろう

下地を切らないように注意

壁の四隅に入れ込まれたコーキングにカッターで切り込みを入れていきます。下地まで切ってしまわないように注意しましょう。

巾木や廻り縁がある場合は壁紙との境目に切り込みを入れます

巾木や廻り縁がある場合は壁紙との境目に切り込みを入れます。1面のみの貼り替えの場合、貼り替えない壁紙が傷つかないように注意しながら切り込みを入れましょう。

壁紙の境目を見つけましょう

壁紙の境目を見つけましょう。その境目の床側から下地と壁紙の間にカッターの刃を滑り込ませ、めくり口を作ります。

壁紙を剥がしていきます

めくり口から壁紙を立ち上げるように壁紙を剥がしていきます。

下地を削らないように注意しましょう

途中で壁紙がちぎれてしまったら、下地を削らないように注意しながらカッターの刃を下地と壁紙の間に滑り込ませ、めくり口を作りながら剥がしていきましょう。

下地が見えてしまうことがあります

壁紙をめくると、薄い裏紙が壁に残るようになっています。壁紙の古さや、剥がし方によっては裏紙までめくれて、下地が見えてしまうことがあります。その場合は下地処理が必要になります。

壁紙のカットをしよう

養生シート

ワンポイント!
床に壁紙を広げて作業します。床が汚れていると、壁紙の表面が汚れてしまいます。壁紙を床に広げる前に床をきれいにしておきましょう。養生シートなどを広めに敷いて作業してもOK!

床から天井までの長さを測ります

床から天井までの長さを測ります。巾木や廻り縁がある場合は、その間の長さを測ります。

壁紙を広げます

柄が見えるように床に広げ、測った長さに切りしろ分の10cmを足した長さよりも短くならない所で柄の位置を決めます。

壁紙のカットをします

先ほど決めた位置で壁紙をカットします。この1枚目が残りの壁紙のカット基準になります。

バックフィルムには長さの目安になる線が引かれています

1枚目の柄に合わせ、以降の壁紙をカットしていきます。横に並べながら作業してもOK!

柄の位置の確認方法

柄の位置の確認方法

壁紙は柄のパターンが縦につながっています。その柄パターンの長さを「縦リピート」といい、柄付き壁紙の場合、柄パターンの始まりを合わせて貼る必要があります。
壁紙の長さにばらつきがあっても、柄パターンの始まりが横一列にまっすぐ配置され、切りしろ分の10cmを含めた必要な長さ分あるようにカットできていればOKです。

バックフィルムには矢印が書かれています

柄リピートの区切りは壁紙のミミに横向きの三角や矢印で示されています。この印を合わせて壁紙を並べることで、柄を合わせることができます。また、縦向きの矢印は柄の向きを示しています。縦向き矢印の向く方向が天井側になるように貼り進めていきましょう。

壁紙の両端にはビニールテープが挟み込まれています

【バックフィルムの矢印について】
裏返した状態でも壁紙の方向を合わせられるように、壁紙のバックフィルムには矢印が書かれていますが、この矢印は、壁紙の柄の天地とは関係ありません。
カット後の壁紙の向きを揃えるための目印としてご利用ください。

柄の位置の確認方法

柄の天地は、壁紙表面の端(ミミ)にある矢印の向きでご確認ください。
※バックフィルムの矢印は、壁紙の柄の天地とは関係がありません。
※両端の水色とオレンジ色のテープも、商品によって左右が異なる場合があるため、柄の天地の確認には利用できません。

壁紙をたたんでいこう

壁側の向きを確認しておこう

バックフィルムが上になるよう壁紙を置き、フィルムを内側に巻き込むように丸めながら剥がしていきます。
この時、壁紙の端をめくり、表面の矢印で壁紙の天地(柄の向き)を確認しておきましょう。

壁紙の畳み方

貼った時に床側になる端を10cm折りたたみます

貼った時に床側になる端を10cm折りたたみます。(柄の向きを表す矢印が向く反対側の端)

前方に寝かせます

折りたたんだ所を上に40~50cm立ち上げ、前方に寝かせます。

端を合わせるように折りたたみます

立ち上げた長さの半分くらいの長さから折り曲げ、最初の折り目と床に置いた壁紙の端を合わせるように折りたたみます。

40~50cm立ち上げ前方に倒します

折り目を合わせて持ち、先ほどと同じように40~50cm立ち上げ前方に倒します。

持った折り目と床に置いた壁紙の端を合わせるようにして折りたたみます

持った折り目と床に置いた壁紙の端を合わせるようにして折りたたみます。この工程を繰り返しましょう。

折りたたんだ壁紙の上にかぶせます

残りの壁紙の長さが30cmほどになったら、壁紙の端を持ち、折りたたんだ壁紙の上にかぶせます。

乾燥を防ぐためにビニールなどにくるみます

全部の壁紙を折りたためたら、乾燥を防ぐためにビニールなどにくるんで、作業の邪魔にならない場所に移動させておきます。

基準線を引こう

基準線を引きます

ミミ付き壁紙の場合は貼り始めの壁際に切りしろを取ります。壁紙の巾(92cm)から切りしろ分の5cmを引いた長さの巾の位置に基準線を引きます。

糸の端に押しピンと5円玉を取り付けた「下げ振り」を作ります

糸の端に押しピンと5円玉を取り付けた「下げ振り」を作ります。下げ振りを使うと簡単に垂直のラインを引くことができます。

壁の右端から壁紙の巾より5cm短い長さのところに印をつけます

壁の右端から壁紙の巾より5cm短い長さのところに印をつけます。このときできるだけ天井の近くに印をつけましょう。下地の継ぎ目と印の位置が重なってしまう時は、印の位置を4~5cm右にずらします。

印を付けたところに下げ振りを取付けます

印を付けたところに下げ振りを取付けます。糸の揺れが止まったら、手でそっと押さえ、糸が動かないようにします。

糸に沿って10~15cmおきに印を付けていきます

糸に沿って10~15cmおきに印を付けていきます。下の方まで印を付けたら、下げ振りを外します。

1枚目を貼ろう

壁紙の持ち方

壁紙の持ち方

折りたたんだ壁紙の最後にかぶせた部分が天井に向くように持ち、壁紙の端を人差し指と親指でつまみ、そのほかの指で折りたたんだ壁紙全体を支えます。貼り付ける時は支えている指を開いて、壁紙を上下に軽く振り、壁紙を広げます。

柄の天地は、壁紙表面の端(ミミ)にある矢印の向きで確認してください。
※両端の水色とオレンジ色のテープは、商品によって左右が異なる場合があるため、柄の天地の確認には利用できません。

壁紙をたるませるようにして右端を仮貼りします

天井側に切りしろ分5cmを取り、左側を基準線に合うように貼り付け、壁紙をたるませるようにして右端を仮貼りします。

位置を調整します

基準線が見えやすい位置に脚立を移動し、基準線に壁紙の左側がぴったり合うように手の平で押しながら壁紙を滑らせ、位置を調整します。

動かないように撫でバケで上から撫でつけ押さえます

左端の上半分の位置が決まったら、動かないように撫でバケで上から撫でつけ、押さえます。

端をゆっくり立ち上げるように剥がします

右側の仮貼りした端をゆっくり立ち上げるように剥がします。次に壁紙の中央を横に撫でバケで撫でつけます。

基準線側から壁側に移動するように撫でつけていきましょう

次に壁紙の中央から天井に向かって縦にハケで撫でつけ空気を抜きます。基準線側から壁側に移動するように撫でつけていきましょう。

再度同じように撫でつけます

下半分も同じように床側に向かって撫でつけていきます。空気が入ったり、しわができた場合は、右端から壁紙をゆっくり立ち上げるように剥がし、再度同じように撫でつけます。

撫でバケで空気を抜きます

床のあたりまで壁紙が貼れたら、床に当たる壁紙の折り目を広げ、床側に向かって撫でバケで空気を抜きます。

天井・床・右の壁際を撫でバケでしっかり圧着しておきましょう

最後に天井・床・右の壁際を撫でバケでしっかり圧着しておきましょう。

切りしろをカットしよう

天井側・床側・右の壁紙際にヘラを使って筋目を付けます

天井側・床側・右の壁紙際にヘラを使って筋目を付けます。角にしっかりと壁紙が入り込むように筋目を付けると壁紙のカットがきれいにできます。

地ベラに沿ってカッターを入れてカットしていきます

筋目を付けた所に地ベラをしっかりと押し当て、地ベラに沿ってカッターを入れてカットしていきます。

地ベラで壁を押すようにしっかりと地ベラで押さえこみます

地ベラとカッターの刃は壁紙を貼った側の壁に沿わせながら、地ベラで壁を押すようにしっかりと地ベラで押さえこみます。

切れ味を保つためにこまめにカッターの刃を折って使いましょう

カッターの角度はなるべく寝かせて持ち、切れ味を保つためにこまめにカッターの刃を折って使いましょう。

はみ出したのりをしっかり拭き取ります

カットが終わったらカットした端にローラーをかけてしっかりと押さえ、濡らしたスポンジではみ出したのりをしっかり拭き取ります。

壁紙の浮きを撫でバケで撫でつけて押さえます

のりの拭き取りが終わったら壁紙の左側のテープを引き抜き、壁紙の浮きを撫でバケで撫でつけて押さえます。

2枚目以降を貼っていこう

地ベラで壁を押すようにしっかりと地ベラで押さえこみます

ワンポイント!

無地の壁紙の場合は柄合わせの作業は不要ですが、壁紙のミミに矢印が付いている場合は自然な仕上がりに施工するために、横向きの矢印の高さを合わせて貼りましょう。

横向きの矢印の高さが合うように貼り付けましょう

壁紙の右端が1枚目の壁紙の上に3cm重なるように貼り付けます。この時、壁紙のミミに付いた横向きの矢印の高さが合うように貼り付けましょう。

壁紙の上半分の柄を合わせます

左側は壁紙をたるませて仮貼りします。壁紙同士の重なりがよく見える位置に脚立を移動させ、壁紙の上半分の柄を合わせます。

壁紙の中央を横に撫でバケで撫でつけます

壁紙の上半分の柄合わせが終わったら、左側の仮貼りした端をゆっくり立ち上げるように剥がし、壁紙の中央を横に撫でバケで撫でつけます。

撫でバケを動かし貼り進めていきましょう

2枚目以降は1枚目と逆の方向に撫でバケを動かし貼り進めていきましょう。

天井側・床側の切りしろをカットします

下半分も同じようにして柄合わせを行いながら貼り進めたら、天井側・床側の切りしろをカットします。

ジョイントカットをしよう

2枚の壁紙を天井から床までカットします

上にかぶさった壁紙のミミから5mmほど内側の場所に地ベラを当て、カッターの刃を壁に垂直に当て、角度を寝かせて持ちながら重なった2枚の壁紙を天井から床までカットします。

裏の残ったテープと下の壁紙の耳を取り除きます

上に重なった壁紙のミミを取り、重なった壁紙の天井側を少しめくり、裏の残ったテープと下の壁紙の耳を取り除きます。

継ぎ目を撫でバケで撫でつけます

余分な所が取り除けたら継ぎ目を撫でバケで撫でつけ、その後ローラーでしっかりと押さえます。

はみ出したのりをふき取ります

はみ出したのりをふき取ります。天井や床側についたのりもきれいに拭き取りましょう。

3枚目以降もどんどん貼り進めよう

生のり付き壁紙の豆知識

上下のカットをする前に壁紙の左右の端の柄の高さが合っているか

上下のカットをする前に壁紙の左右の端の柄の高さが合っているか、その都度確認しながら進めます。

壁紙の位置を調整し、柄の高さを合わせましょう

ヘラで筋目を入れる段階で柄を確認し、柄の高さが合っていないようなら、壁紙の位置を調整し、柄の高さを合わせましょう。

高さが合っていないまま貼り進めてしまうと、仕上がりが悪くなります

高さが合っていないまま貼り進めてしまうと、柄が斜めになったり、切りしろが取れなくなったりして、仕上がりが悪くなります。

柄の高さに気を付けましょう

柄の高さに気を付けながら、3枚目以降も同じようにして残りも貼り進めていきましょう。

裏の残ったテープと下の壁紙の耳を取り除きます

角部を巻き込んで貼る場合の施工方法はこちら!

最後の壁紙を貼ろう

2枚の壁紙を天井から床までカットします

左端の壁から、右に貼った壁紙の左端のミミまでの長さを測ります。

貼った時に右側になる方の端が残るようにカットしましょう

測った長さに、左側の切りしろ5cmと継ぎ目部分の3cmを足した長さでカットします。貼った時に右側になる方の端が残るようにカットしましょう。

カットするときの注意ポイント

カットするときの注意ポイント
紙の継ぎ合わせのために壁紙の右側を残します。柄付きの壁紙は、壁紙の左側と右側の柄が合うように柄がプリントされているため、右側を切り離してしまうと柄合わせができなくなります。

ヘラで筋目を付けます

これまでと同じように壁に貼り付け、天井側・床側・左の壁際にしっかりとヘラで筋目を付けます。

筋目が付けれたら、上下の切りしろをカットしましょう

筋目が付けれたら、上下の切りしろをカットしましょう。

ヘラで筋目を付けます

最後に左側の切りしろをカットします。筋目に地ベラを押し当て、壁紙を貼った方の壁に地ベラを添わせるように押し付けカットしていきましょう。

筋目が付けれたら、上下の切りしろをカットしましょう

右利きの人の場合は地ベラを持つ手の下からカッターを持つ手をくぐらせるようにしてカットします。そうすることでカッターの刃の角度が保ちやすくなります。

ヘラで筋目を付けます

カットが終わったら、壁紙の端や継ぎ目の部分にローラーをかけます。壁紙全体や天井・床などに糊が残っていないか確認し、糊残りのないようにきれいに拭き取りましょう。

筋目が付けれたら、上下の切りしろをカットしましょう

取り外したコンセントカバー等を取り付けたら完成です。

完成

壁紙のラインナップ

  • 生のり付き壁紙
  • のりなし壁紙
  • スリット壁紙・チャレンジセット
  • シール壁紙
  • 輸入壁紙
  • 業者様向け壁紙
  • 壁紙をメーカーから選ぶ
  • 壁紙をデジタルカタログから選ぶ
  • 壁紙の貼り方
こちらもおすすめ!壁紙以外の壁面DIY
  • ドアや窓枠など、ツルっとした場所のリメイクに!

  • 壁紙に塗装できるペンキで自分好みの壁にカスタマイズ!

  • 壁にアクセント!タイルや壁面緑化がおすすめ!

壁紙DIYの次は、簡単施工の床材!

- RETURN - 壁紙総合TOPに戻る

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop