ビニールカーテンの透け方の違い

ビニールカーテンの透け方の違い

糸入りビニールカーテンは、糸目の間隔によって透け方にも違いがあります。糸目の間隔が大きいタイプはクリアな視界が確保しやすく、糸目の間隔が狭いタイプは目隠し効果が期待できます。それぞれの透け方の違いを知ることでよりビニールカーテンを選びやすくなります。糸入りビニールカーテンをお選びになる際の透け感の目安にしましょう。

クリアな視界を確保したい場合

糸目の間隔が大きいタイプ

クリアな視界と機能性に優れた厚地タイプ

オールマイティ RVC-50
  • オールマイティ RVC-50
  • オールマイティ RVC-50

オールシーズンOKな軽量、薄地タイプ

防炎ターポリン RVC-25
  • 防炎ターポリン RVC-25
  • 防炎ターポリン RVC-25

目隠し効果を重視したい場合

糸目の間隔が狭いタイプ

ほどよい厚みと目隠し効果のある耐候タイプ

耐候ターポリン CT-125
  • 耐候ターポリン CT-125
  • 耐候ターポリン CT-125

採光性とプライバシー保護を両立!

防炎ターポリン E-6335
  • 防炎ターポリン E-6335
  • 防炎ターポリン E-6335

色つき防虫タイプの場合

軽量で扱いやすい、激安防虫タイプ

防虫ターポリン CT-135
  • 防虫ターポリン CT-135
  • 防虫ターポリン CT-135

丈夫で高品質な防虫タイプ

防虫ターポリン イエロー E-60FYW
  • 防虫ターポリン イエロー E-60FYW
  • 防虫ターポリン イエロー E-60FYW

デザイン性に優れたブラウングレー色の防虫タイプ

防虫ターポリン グレー E-60FGY
  • 防虫ターポリン グレー E-60FGY
  • 防虫ターポリン グレー E-60FGY

タテ糸のみクリスタルシリーズの場合

タテ糸のみでクリアな視界と丈夫さを実現!

クリスタル耐候ターポリン PIK-33
  • クリスタル耐候ターポリン PIK-33
  • クリスタル耐候ターポリン PIK-33

- RETURN - ビニールカーテンTOPに戻る

PICK UP!

お問い合わせQA
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop