ビニールカーテン 取付方法

間仕切り、ホコリ除けのカバー、雨よけ、防寒など用途いろいろ!

工業用・工場用として使用されることの多いビニールカーテン。工場・店舗・倉庫・オフィスをはじめ、一般家庭でもベランダ・ウッドデッキ・車庫など様々なシーンで、雨除けや防寒対策、間仕切りとして使えます!ロープやS字フックを利用した取付けや、専用レールを使ってカーテンのように吊るすなど、状況に応じて使い方は自由です。
今回は、別売の大型カーテンレールにRESTAオリジナルビニールカーテン(サイズオーダー)を吊るす方法をご紹介します!

準備する物
  • 糸入り透明ビニールカーテン RVC-50
    (付属部品:S字フック)
  • 大型カーテンレール ST30
    (付属部品:Qランナー、キャップ、天井ブラケット)
使用する材料
  • プラスドライバー
  • 皿ネジ(木部用)
準備する物
  • 準備する物
  • Before

レールにブラケットの取付ビスは付属しません。取付ビスはブラケットの個数分必要です。
下地に合わせて予めご用意ください。

Step1カーテンレールの天井ブラケットを取り付けます

  • カーテンレールの天井ブラケットを取り付けます
  • カーテンレールの天井ブラケットを取り付けます
  • 引っ掛ける部分が手前になるように皿ビスで固定し、固定板のボルトを緩めて奥にスライドさせておきます。

ブラケットの数量は
レールの長さによって異なります。

ブラケットの取り付けピッチは、端から10cm以内、90cm以内の間隔で取り付けましょう。

ブラケットの数量はレールの長さによって異なります。

Step2レール本体にランナーを通し、キャップを取り付けます

  • レール本体にランナーを通し、キャップを取り付けます
  • 矢印
  • レール本体にランナーを通し、キャップを取り付けます
  • 矢印
  • レール本体にランナーを通し、キャップを取り付けます
  • ランナーをレール本体に通し、両端にキャップをはめてボルトを固定します。キャップはストッパーが下向き、内側になるように取り付けましょう。

Step3レールをブラケットに取り付けます

  • レールをブラケットに取り付けます
  • レールをブラケットに取り付けます
  • レールの手前をブラケットに引っ掛けて、固定板をレール側面の溝に合わせてボルトをしっかりと締めます。

幅が4mを超える場合

レールはジョイントが必要となります。(有料オプション)

1.それぞれのレールに図のようにジョイントを長さの2/3程度差込みます。
2.対面のレールの穴に残りのジョイント部を差し込みます。
ジョイント部1ヶ所に継線を2本使用して下さい。

幅が4mを超える場合

Step4ビニールカーテンをレールに吊るします

  • ビニールカーテンのハトメにS字フックをセットし、ランナーに掛けて吊るしていきます。S字フックを先にQランナーに引っ掛けてからビニールカーテンを掛ける方法でもOKです。

  • フックランナーの場合、フックにハトメ部分を直接引っ掛けます。ビニールカーテンに付属されるS字フックは不要です。

  • 約30分でビニールカーテンを設置できました。
  • RESTAの屋外休憩スペースでも大活躍中!
  • RESTAの屋外休憩スペースでも大活躍中!

    元々は何も無かった空間に黒板ボードとダイニングセットを置いてスタッフの休憩スペースを作りました。
    そこで採用したビニールカーテンが大活躍!
    冬の寒い時期や、強風、大雨の日でもビニールカーテンのおかげで快適なランチタイムを楽しんでいます。

詳しい商品情報はこちら

ビニールカーテン

間仕切り、ホコリ除けのカバー、雨よけ、防寒など用途は様々。耐久性、強度に優れ、とても丈夫です。

ビニールカーテンセット

間仕切りなどに活躍するビニールカーテンに、フレームとレールが付いたお得なセット!

- RETURN - ビニールカーテンTOPに戻る

お問い合わせQA
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop