RESTAのリアル人工芝 20mm丈と35mm丈の違い

知って納得!RESTAがこだわり抜いた2つのリアル人工芝の見た目や品質の違いがわかる。 RESTAのリアル人工芝 20mm丈と35mm丈の違い

RESTAが一切妥協せずこだわり抜いてできた2つのリアル人工芝。『となりの青い芝』(芝丈20mm)と『トゥフ・デルブ』(芝丈35mm)をもっと知って頂くために、品質・見た目・感触の違いを徹底的に比較します!

選べる2つのタイプ その違いは?

上質な手触りとリアルな陰影「トゥフ・デルブ」 リーズナブルな明るいショート丈「となりの青い芝」

高密度で手入れしやすい芝が気軽に楽しめる『となりの青い芝』は、平らなパイルによる自然な光の反射で、しっかりとした踏み心地のリアルな芝グラウンドを実現することができる人工芝です。
『トゥフ・デルブ』はツヤ消し加工のU型パイルがたっぷり詰まって枯芝が目立たず、天然芝のような深みのある陰影と、弾力のある”ふかふか”で贅沢な手触りが楽しめます。

20mm丈と35mm丈の違いを動画でCheck!

密度の数値(タフト)だけで判断するのはNG!パイルの丈夫さと、現場にも注目!
  • となりの青い芝
  • トゥフ・デルブ

手触り&弾力にも差は出ます!

  • まるで、高麗芝 となりの青い芝(20mm)

    『となりの青い芝』は、扱いやすい20mm丈で刈りたての芝のようなしっかりとした触り心地。『トゥフ・デルブ』に比べて肌触りは硬めで、程よいクッション性があります。
    枯芝の見える短い芝丈、硬めでチクチクする感触は、刈りたての高麗芝に似ています。

  • まるで、西洋芝 トゥフ・デルブ(35mm)

    『トゥフ・デルブ』の最大の魅力は、品質にこだわった35mm丈による柔らかな弾力とふかふかな感触。思わず寝転びたくなるような贅沢なボリュームで、高いクッション性も持ち合わせます。
    柔らかく滑らかなU型形状のパイルは、天然では手入れの難易度が高いといわれる、青々とした弾力のある西洋芝に似ています。

密度の違い

  • 掃除がしやすい となりの青い芝(20mm)

    『となりの青い芝』は、枯れ芝を表現したベージュ色の芝との混ざり具合いがわかりやすいのが魅力ですが、掻き分けると、格子状の基布が見える場合があります。また、パイルが短いので、ゴミなどが入り込んでも、掃除がしやすいので、品質はそのままに、気軽に楽しめるリアル人工芝として選ばれています。

  • 掻き分けでもぎっしり! トゥフ・デルブ(35mm)

    『トゥフ・デルブ』は、丈夫なU型パイルとぎっしり詰まったパイルにより、見た目にも手触りでも、しっかりとしたボリュームと、ほどよい弾力のあるふかふか感が魅力です。
    パイルが丈夫なうえ密度が高く芝が寝にくいので、より長くそのボリュームが楽しめます。

バッキング(裏面加工)の違い

  • 掃除がしやすい となりの青い芝(20mm)

    PP基布+ラテックス加工の2層構造だった従来品から、2重基布+ラテックス加工の3層構造にすることで、パイルが抜けにくく、より丈夫な仕上がりです。

  • 掻き分けでもぎっしり! トゥフ・デルブ(35mm)

    一般的にバッキング加工はラテックスが主流ですが、トゥフ・デルブは裏面にウレタンを採用しています。2重基布にウレタンコーディングを施すことで湿気に強くなり、耐久性に優れ長持ちします。

比較してみました

RESTAオリジナル人工芝なら!

抗UV・抗劣化・耐摩耗と3つの高機能性
SGS(世界規模の検査機関)承認の安心品質
リサイクル原料・重金属は一切含んでいない安全な素材
施工に便利なU字ピンがたっぷり24本付属、自社在庫で即納OK!

RESTAがこだわり抜いた2つのオリジナル人工芝

  • 気軽に始められる激安価格の人工芝!
    となりの青い芝

    『隣の芝は青い』ということわざから名付けた20mm丈のリアル人工芝。激安なのに高密度・高機能・高耐久とコスパを発揮!気軽に楽しく、お隣さんも羨むような芝生活を始めよう!

  • 贅沢な芝空間を作れるこだわりの人工芝
    トゥフ・デルブ

    トゥフ・デルブ(touffe d'herbe)はフランス語で『草原』という意味。その名の通り品質とリアルさに自信あり!フカフカな35mm丈で思わず寝ころびたくなる原っぱのような芝空間に!

エクステリアDIYをもっと楽しもう!

- RETURN - 人工芝TOPに戻る

お問い合わせQA
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop