遮光カーテン SHADING CURTAIN

お部屋の環境、ライフスタイルに合わせて遮光カーテンを選ぼう!

遮光カーテン

光をさえぎる遮光カーテンは、寝室はもちろん書斎やシアタールームにもオススメ!生地が厚いので断熱・保温効果があり、冷暖房効率のUPが期待できます。年中通して快適な遮光カーテン。機能性だけでなくデザイン性にも優れ、オシャレな色柄が充実!お部屋の環境やライフスタイルに合わせて遮光カーテンを上手に選びましょう。

  • 無地の遮光カーテン
  • デザインで選ぶ遮光カーテン

遮光カーテンで快適生活!

遮光カーテンとは、光をカットするカーテンのこと。カーテンを閉めると外光が入らず、外へも光を漏らさないのでプライバシーを守ることができます。また遮光のレベルに応じて、等級が設けられています。

遮光率は99.4%以上あり1~3級にランク分けされています。

  • 遮光率99.40%以上
  • 遮光1級
  • 遮光2級
  • 遮光3級
遮光等級(NIF基準) 遮光率(%) JIS-L-1055A法 照度に関する状態表現
遮光1級 100.0099.99 人の顔の表情が識別できない遮光レベル
遮光2級 99.9899.80 人の顔あるいは表情がわかる遮光レベル
遮光3級 99.7999.40 人の表情はわかるが事務作業には暗い遮光レベル

どれくらい光を遮りたいかによって、最適な遮光等級のカーテンをお選び下さい。

昼間の遮光カーテン

  • 遮光1級
  • 遮光2級
  • 遮光3級
  • まぶしい朝日

    夜遅くまで仕事をしていたり、朝ゆっくりと安眠したい方にとっては朝日はとても眩しく感じます。寝不足の原因ともなってしまうので、遮光カーテンで朝日を遮りぐっすり安眠。

  • 強烈な西日

    夏の夕方は西の窓から強烈な西日が部屋の中まで入ってきて、室温を上昇させます。遮光カーテンで日光を遮り冷暖房効率をアップさせましょう。

夜間の遮光カーテン

夜間の遮光カーテン

遮光カーテンは、生地に黒糸を織り込んだり、生地の裏面にラミネート加工するなどしてカーテンの生地に遮光性を持たせる方法と、普通のカーテン生地に遮光性の高い裏地を縫い付ける方法があります。

  • プライバシーを守る

    夜間、透け感のあるカーテンだと外から家の中が丸見え!?なんて心配ありますよね。特にプライバシーを守りたい寝室や、人通りの多い道路に窓があるリビングなど、遮光カーテンで外からの視線をシャットアウトしましょう。

  • 断熱効果

    遮光カーテンは生地が厚手になる場合が多く、そのため断熱効果も期待できます。昼間はレースカーテンで過ごす方も、夜間は遮光カーテンを閉めて冷暖房効率のアップになるのでオススメです。

無地の遮光カーテンどんなインテリアにも合わせやすい無地カラー!

  • 東リ elure  KSA60332~60335

    東リ elure KSA60332~60335

    明るいカラーにラメ糸がアクセントになった無地調4カラー。

    税抜7,460円~
    洗濯OK防炎遮光形態安定
  • SINCOL abita ZIONE カンズ

    SINCOL abita ZIONE カンズ

    無地でありながらランダムなヨコ段を構成する上品でモダンなデザイン。

    税抜4,620円~
    洗濯OK防炎遮光

デザインで選ぶ遮光カーテンデザイン性にも優れたオシャレな遮光カーテン!

  • SINCOL abita ZIONE 花畑

    SINCOL abita ZIONE 花畑

    無地でありながらランダムなヨコ段を構成する上品でモダンなデザイン。

    税抜4,370円~
    洗濯OK防炎遮光
  • 東リ elure  KSA60316

    東リ elure KSA60316

    北欧モダンのデザインをモノトーンカラーで表現。

    税抜8,930円~
    洗濯OK遮光形態安定

遮光カーテンの効果って?

POINT01
眩しい朝日で目が覚めるようなことがなくゆっくり眠れる。
また、夜勤のある仕事で昼間に睡眠をとる時にも効果的!
POINT02
気軽に部屋を暗くしてホームシアターを楽しめる!
POINT03
夜間、外からの視線が気になる場合、プライバシーを保護できる!
POINT04
眩しい朝日、強烈な西日から部屋を守り、家具などの色褪せを防げる。
POINT05
窓からの、夏の熱気・冬の冷気をカットし、冷暖房効率をUPできる!
POINT06
デザイン性の高い遮光生地でオシャレに遮光できる!

遮光性を高めるために。。。

カーテンの縫製と取り付け方について

カーテンの縫製と取り付け方について

カーテンは機能上、窓との間にある程度の間隔が必要です。そのため、カーテンの上部、下部、サイドから光が漏れます。遮光効果をできるだけ発揮させるためには、カーテンボックスを使用し、サイドをリターン式にし、丈も床に十分つく長さにすることをおすすめします。

ヒダの倍率によって

ヒダの倍率によって

遮光率は、生地を平らにした状態で測定しています。生地の使用巾数を多め(2倍ヒダ)、ヒダを寄せることで、より光は通りにくくなります。

  • デザインで選びたい!既製カーテン

    安心の日本製。ナチュラル感たっぷり既製カーテン!

  • 明るく快適に透け感を楽しむ!レースカーテン特集

    人気の機能レースをかしこく選ぼう!

他にもあります!おすすめのDIY商品
簡単施工のおすすめ床材!
クリックeuca

- RETURN - カーテンTOPに戻る

ラストオーダー
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop