遮音(防音)カーテンの種類と選び方

遮音(防音)カーテンの種類と選び方

「ピアノの練習がしたいけれど音漏れが心配」「ペットの鳴き声がご近所に迷惑をかけているのでは?」など、住まいにおいての音の悩みをお持ちの方には、遮音(防音)カーテンがおすすめです。また「外の声が気になる」「飛行機の音がうるさい」など、外から入り込む音も遮る効果があります。どんな生地が遮音性があるのでしょうか?遮音カーテンの種類や選び方を詳しく解説します。

遮音(防音)カーテンとは?

  • 遮音(防音)カーテンとは?
  • 遮音カーテンとは、家の中の音を外にもらさない性能と、外からの音を遮る性能を備えたカーテンです。部屋の中で音が発生したとき、壁があれば音は「反射」されます。窓が開いていれば音は外に「透過」します。その窓にカーテンが掛けてあれば、カーテンがない場合よりも音は外に漏れません。これはカーテンの素材が音を「吸収」しているからです。遮音カーテンは、「反射→遮音」と「吸収→吸音」の効果を高めたカーテンで、織り方や仕立て方、加工を施した生地でつくられています。

  • 遮音カーテンはどんな部屋に必要?
  • 遮音カーテンはどんな部屋に必要?
    家の中の音を外に漏らしたくないケースでは、ピアノの置いてある部屋やペットが過ごす部屋、ホームシアターやカラオケを楽しむ部屋などが考えられます。外からの音を遮りたいケースでは、赤ちゃんが寝ている部屋、車の往来が激しい道路や線路に面している部屋、近隣に幼稚園や学校があればその方角にある窓にも遮音カーテンが必要になってきます。また、隣家に間近な窓がある場合は、お互いの家の中の音を防ぐ意味でも遮音カーテンが有効的です。
  • 裏面:アクリル樹脂コーティング
  • 吸音効果と遮音効果
    音を吸収しやすい生地といえば、音楽室などで見かけるベルベット素材のカーテンがあります。ベルベットはタオルと同じパイル地です。ループの先をカットした切毛状のベルベットは空気をたくさん含み、繊維の奥まで吸音します。家庭用遮音カーテンは、風通織と呼ばれる二重織りであったり、生地を複層にすることで吸音効果を高めています。また遮音カーテンは吸音効果だけでなく、音を反射させる遮音効果もあります。壁のように音を反射させるために、生地の裏に金属樹脂であるアルミや酸化チタンをコーティング加工しています。
  • 音の伝わり方
  • 音の伝わり方
    音のタイプには、「空気を振動して伝わってくる音」「物質を通して伝わってくる音」「その両方から伝わってくる音」があります。音によって空気が1秒間に振動する回数を周波数と言います。周波数の高い高音はエネルギーが弱いので、物質にあたると跳ね返りやすいのですが、周波数の低い低音はエネルギーが強く、物質を通して聞こえてきます。隣の部屋で聞いている音楽の「ドンドン」という音だけが聞こえてくるのは、ドラムなどの低音が壁を伝わって聞こえてくるからです。つまり遮音カーテンは高音には有効ですが、低音は防ぐことができないのです。

遮音カーテンで緩和できる音はどんな音?

  • 音響透過損失(音響管法)
    音響透過損失(音響管法)
    音響管に試料を取り付け、試料に対して垂直方向に入射してきた空気伝搬音の透過損失を測定。生地そのものの遮音性能を検査できます。
  • 周波数の高い音ほど効果が高い!
    高音を遮る効果が高い遮音カーテンですが、生活の中では具体的にどんな音があるでしょう?周波数の低い順に、男性の声→女性の声→救急車のサイレン→踏切の音→ピアノの高音→ジェット機の音などがよい例です。カーテンメーカーが独自に行っている音響透過損失測定試験では、遮音カーテンは周波数が高い音ほど遮音性能が発揮される結果が出ています。
  • 透過性損失測定値
    透過損失の数値が高いほど遮音性が高くなります。
    透過性損失測定値
  • 透過性損失測定値
  • 実際にはどれぐらい音を小さく感じるの?
  • 実際にはどれぐらい音を小さく感じるの?
    透過損失測定試験はどれぐらいの遮音効果があるかを測定し、その結果を音圧(音の大きさの強弱)で表します。10dBの透過損失で約10分の1の遮音効果があり、「音が半減した」と感じます。20dBで約100分の1の遮音効果があり、「非常に小さく聞こえる」と感じることができます。周波数が8,000Hzほどのジェット機音は遮音カーテンによって20dB程度の透過損失があるので、とても小さくなったと感じられるのです。
  • 遮音性能を高めるために気を付けたいこと
  • 遮音性能を高めるために気を付けたいこと
    遮音カーテンは音を完全に防ぐわけではありません。遮音性能をできる限り発揮させるためには、カーテンを掛けたときに隙間をつくらないことが最大のポイントとなります。カーテン上部の隙間はカーテンボックスを取り付けたり、遮音カーテンの生地でレールをカバーしたり、隙間をつくらない工夫をしましょう。また、サイドの隙間はリターン式にすることで壁までカーテンが届き音が漏れにくくなります。両開きであれば、クロスオーバーでカーテン中央にも隙間ができないようにします。裾も床に引きずるぐらいの丈にすると効果的です。
  • 遮音カーテンの種類
  • 遮音カーテンの種類
    遮音性能の基準は特に規定がなく、カーテンメーカー独自の試験方法で効果のあるとされた生地に、メーカー独自のマークを表示していたりします。遮音性能を有するカーテンは厚地のドレープカーテンにもシアーカーテンにもありますが、厚地であるドレープカーテンの方が効果は高いです。遮音カーテンで「音」の悩みを解消しましょう。

遮音カーテン

ご購入はこちらから

裏面アクリル樹脂コーティングのオーダー遮音カーテンをご用意

  • 遮光・防音・遮熱機能を備えた激安多機能カーテン。格子柄15カラー。

    税抜3,180円〜
    遮光遮熱防音
  • ざっくりとした風合いと使いやすい無地カラーの遮音カーテン。

    税抜7,630円〜
    遮光遮音
  • ラメ糸を使用したベースにリーフ柄を表現したナチュラルな遮音カーテン。

    税抜8,120円〜
    遮光遮音

- RETURN - カーテンTOPに戻る

おすすめ!

累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
Norton

To PageTop