カーテンの種類

カーテンの種類

カーテンには様々な種類と名称があります。ここでは、当店で取り扱っているカーテンを中心にカーテンの名前別、機能別、スタイル別にその特長をご紹介!部屋の用途、間取りに合わせたり、窓の形状に合わせたり、どんなカーテンを選んだらいいのか、カーテンを選ぶ際の参考にしてくださいね。

名称別 カーテンの種類と特長

ドレープカーテン

  • ドレープカーテン
  • ドレープカーテンとは、厚手の生地で仕立てたヒダのあるカーテンのことを言います。
    ドレープ(drape)には、「ゆるやかにかける」「覆う」「きれいにひだが寄る」などの意味があり、「布切れ」の意味を持つdrappusが由来とされており、元々は「布が垂れ下がってできたヒダ」という意味から、厚地のカーテンの総称でドレープカーテンと呼ばれるようになったと言われています。

  • ドレープカーテン
  • ドレープカーテンの特長は、ゆったりとした厚手の生地感と美しいヒダにあり、生地の質感や色柄を楽しむことができます。レースカーテンと一緒に2重吊りにすることが多く、レースを窓側、ドレープを室内側につけるのが一般的です。
    また、生地に加工を施すことで、様々な機能性を待たせ、用途に合わせて選ぶことができるのもドレープカーテンの特長の一つといえます。

レースカーテン

  • レースカーテン
  • レースカーテンとは、編みや織りの技術で縫製された透け感のある薄手のカーテンのことを言います。
    「編み物」であるレースカーテンの中でも、さらに極細の糸を使って平織りにした生地を「ボイルカーテン」、調光性と遮光性を兼ね備えたドレープとレースの中間的なものを「ケースメント」と呼び、より透け感を楽しみたい方にはボイルカーテンがお勧めです。

  • レースカーテン
  • レースカーテンは、一般的に窓側に吊るし、昼間はドレープカーテンを開けた状態で光を和らげたり、外からの気になる視線を遮る役割があります。最近では、あえてレースカーテンを室内側に吊るし、窓側のドレープカーテンとの透け感や、デザイン性を楽しむ方法も注目されています。
    レースカーテンの特長は、その透け感を楽しめることと、目隠し効果と日よけ効果が期待できる点です。

シェードカーテン

  • シェードカーテン
  • ロールスクリーンに似た機械を使って水平に布をたたみながら上下させる窓掛けのことを「シェードカーテン」といい、一般的には「ローマンシェード」と呼ばれています。主に縦長の小窓などにオススメです。カーテンの生地を使って作ることができるので素材感を楽しむことができます。カーテンとは違う特長として挙げられるのは、見た目がスッキリすることと、高さの調節ができる点です。

  • シェードカーテン
  • シェードカーテンの中で最も基本的なタイプが、当店で扱う「プレーンシェード」です。ヒダが自然に重なってたたまれるので、ナチュラルな雰囲気になります。前は厚手生地、後ろはレース生地を選んで1台で2枚楽しめるダブルシェードもおすすめです。
    小さめの窓にはシェード、大きい掃き出し窓にはカーテンと使い分けてコーディネートできるのもシェードカーテンの魅力のひとつです。

機能別 カーテンの特長

  • 遮光カーテン
  • 遮光カーテン
    遮光カーテンとは、光をカットするカーテンのこと。カーテンを閉めると外光が入らず、外へも光を漏らさないのでプライバシーを守ることができます。遮光率は99.4%以上あり遮光のレベルに応じて1~3級にランク分けされます。
    光をさえぎる遮光カーテンは、寝室はもちろん書斎やシアタールームにもオススメ!生地が厚いので断熱・保温効果があり、冷暖房効率のUPが期待できます。
  • ミラーレース
  • ミラーレース
    ミラーレースとはレース生地の裏面に光沢糸を使用して、光沢感をもたせたカーテンのことで、日中の室内の様子を見えにくくする効果があります。一般のレースに比べて、太陽光線をより多くカットしますので、室内の日焼け防止や冷房効率アップによる省エネルギーの効果も期待できます。
    特殊な糸を使うことで夜間でも室内が透けにくくプライバシー保護の効果を高めた「ウェーブロンレース」も人気です。
  • 遮光カーテン
  • その他の機能性カーテン
    キッチンなどにおすすめの防炎カーテンは、高層マンションなどでは使用が義務付けられていて燃え広がりにくい加工がされています。他にも、洗濯などで汚れが落ちやすい防汚カーテン。気になる生活臭を吸着分解する消臭カーテン。室内温度の上昇を抑える遮熱レースや、蓄熱保温効果が期待できる保温レースなど、カーテンの機能は数多くあります。用途に合わせてかしこくカーテンを選ぶと良いでしょう。

生地の素材別 カーテンの種類

  • ポリエステル
  • ポリエステル
    カーテンの素材で最も主流で人気なのが「ポリエステル」です。耐久性があり丈夫で、程よい光沢感と手触りが良い特長があります。化学繊維の素材ですが、コットンに似た風合いを楽しめます。比較的カビや虫にも強くシワになりにくいのも人気の理由です。
    デメリットとして、静電気を帯びやすく汚れやすいという性質もあります。
  • アクリル

    アクリルは、ウール(羊毛)に似た風合いがあり、鮮やかな発色が特長です。帯電しやすく毛玉ができやすいというデメリットもあります。

  • 綿(コットン)

    ナチュラルな風合いを楽しめる天然素材。染色性が良く、丈夫で肌触りが良いのが特長です。シワになりやすく、色落ちやカビなどが発生しやすいデメリットがあり、その欠点をカバーするため、ポリエステルとの混合素材が普及しています。

  • レーヨン

    絹のような滑らかな風合いが魅力のレーヨン素材。加工性が良く光沢感があるのが特長です。シワになりやすく、水にぬれると縮む性質があります。商品の安定性も悪く、カーテンの素材としてはあまり使われていません。

  • その他

    その他、一部のカーテンに使われている素材として、ナイロン・麻などがあります。ナイロンは、水に強いのでシャワーカーテンなどに使用されています。麻は、乾きやすくナチュラルな風合いを楽しめますが、シワになりやすいというデメリットがあります。

スタイル別 カーテンの選び方

ヒダ倍率

「ヒダ倍率」とは、カーテンの仕上がり幅に対して、どれだけのカーテン生地が必要かを示す数字のこと。例えば、三ツ山ヒダの場合ヒダ倍率は2倍になり、幅100cmのカーテンに仕上げるためには、200cmの生地が必要ということになります。「ヒダ倍率」が高いほど、カーテンのドレープ性は高まります。

  • 約2倍ヒダ(3つ山)
    約2倍ヒダ(3つ山)

    窓幅に対して2倍の生地を使いヒダをとる縫製です。オーダーカーテンの標準縫製とされていますが、最近では1.5倍を選ぶ方も増えています。ドレープラインが深くとれてゆったりと美しく見えます。グレード感のある空間にお薦めのヒダ仕様です。

  • 約1.5倍ヒダ(2つ山)
    約1.5倍ヒダ(2つ山)

    窓幅に対して1.5倍の生地を使いヒダをとる縫製です。既製カーテンの多くはこの1.5倍ヒダになります。ヒダをとるための生地量が少ないので、ウェーブ感は控えめになりますが、スッキリとした印象のカーテンに仕上がります。

ウェーブ加工

形状記憶と形態安定の違いは?
どちらも薬品を使用しない安心・安全な加工です。

  • 形状記憶ウェーブ加工

    プリーツだたみをしてもV字になりにくく、美しいS字状のプリーツを長期間お楽しみいただける加工です。効果持続の目安は洗濯回数5回程度です。

  • 形態安定ライトウェーブ加工

    カーテンのヒダを整えながら生地の張りを抑え、カーテン自体のドレープ性を向上させます。効果持続の目安は洗濯回数1~3回程度です。

  • ウェーブ加工
  • 形状記憶と形態安定の大きな違いに、加工工程の違いがあります。形状記憶加工は縫製前の生地を加工し、形態安定加工は出来上がったカーテンに加工を施します。
    仕上りは、形状記憶が丸みのある美しいウェーブに対し、形態安定はやや尖ったウェーブです。また、洗濯した時の効果の持続性に差があります。どちらも出来上がりのイメージに大差はありません。最近では、安価な形態安定加工が人気の傾向にあります。

その他のカーテンの種類

代表的な窓装飾エレメントである「カーテン」。実は、カーテンと呼ばれるものには他にも様々な種類があります。
スラット(羽)を上下左右に移動させるブラインド、1枚の布を巻き上げて使うロールカーテン(ロールスクリーン)、間仕切りとして定番人気のアコーディオンカーテンなども、大きくカーテンの種類の中に分類されます。ここであげたドレープカーテン、レースカーテンシェードカーテン以外にもRESTAでは様々な窓周り商品を取り扱っています。目的や用途、部屋の雰囲気や好みに合わせてお気に入りを見つけてくださいね。

- RETURN - カーテンTOPに戻る

おすすめ!

累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
Norton

To PageTop