お部屋ペイントの色選び

お部屋ペイントの色選び

カラ―にはいろんなイメージがあります。ヒーロー戦隊の赤は主役、黒はクール、ピンクは女の子、黄色はおっちょこちょいなどイメージカラーというものが存在します。また、カラーは精神状態に影響をもたらすということが分かってきました。ペイントする空間の用途に合わせてカラーを選ぶのも1つの手段です。

カラーイメージと効果

  • 白色

    White

    イメージ:清楚・潔白
    心理的効果:気分一新

    部屋を明るくし開放感のある空間にできます。汚れが付きやすいですが各種補修材の白で修復は簡単です。

  • 黒色

    Black

    イメージ:クール・大人
    心理的効果:自己主張

    部屋全体に塗ると閉塞感があります。しかし、バーやライブハウス風の雰囲気が出るため、用途によってはおすすめカラーです。

  • 灰色

    Gray

    イメージ:スタイリッシュ
    心理的効果:忍耐・落ち着き

    あらゆる色との協調性が高いため、飽きが来ない上、オシャレに見えるカラーです。茶系ではない家具との相性がよいです。

  • 赤色

    Red

    イメージ:情熱
    心理的効果:活力・興奮

    部屋全体に塗ると非常に落ち着きのない空間になるため、ワンポイントの使用にとどめておくのがおすすめです。

  • だいだい色

    Orange

    イメージ:朗らか
    心理的効果:食欲・親しみ

    食欲促進効果があるため、キッチンにて使用することがおすすめです。またほかの色とも合わせやすいのも特長です。

  • ピンク

    Pink

    イメージ:可愛い
    心理的効果:優しさ・思いやり

    薄いピンクなら壁全体に塗ることで女の子らしさを演出できます。濃いピンクの使用はワンポイントにしましょう。

  • 黄色

    Yellow

    イメージ:元気
    心理的効果:集中・楽しさ

    黄色単色だとぼんやりとした印象になるため、アクセントカラーをプラスするのがよいでしょう。子供部屋におすすめです。

  • 緑色

    Green

    イメージ:自然
    心理的効果:リラックス

    リラックス効果があるため、リビングなどにおすすめです。他の色と合わせる場合はトーンバランスが重要となります。

  • 青色

    Blue

    イメージ:爽やか
    心理的効果:食欲減退・睡眠

    交感神経を鎮静化させる機能があるため、寝室におすすめです。食欲減退効果があるためダイニングにはNGです。

  • 紫色

    Purple

    イメージ:高貴
    心理的効果:想像力・欲情

    部屋全体に塗ると幻想的な雰囲気になります。ただし、家具などとの色の相性が非常に難しくなるという欠点があります。

  • 茶色

    Brown

    イメージ:古い・伝統
    心理的効果:安定・信頼感

    上品で伝統的な雰囲気を増すため、応接部屋や和室での使用がおすすめです。他の色との相性も良い部類です。

カラーを活かした施工例

インテリア

    • 爽やかな印象を与えるライトグリーン

      爽やかな印象を与えるライトグリーン

    • 上品な部屋を演出するライトパープル

      上品な部屋を演出するライトパープル

    • 元気で朗らかな家族のオレンジ

      元気で朗らかな家族のオレンジ

    • 安らぎの空間を作り出すネイビー

      安らぎの空間を作り出すネイビー

オフィス

    • スカイブルーを基調とした部屋

      物事に集中できるスカイブルー

    • イエローを基調とした廊下

      コミュニケーションを活発にするイエロー

    • ライトグリーンを基調とした部屋

      心を落ち着かせるライトグリーン

    • レッドを基調とした部屋

      ポジティブな意見を活発にするレッド

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop