ペンキが余ったときの保存方法・処分方法

ペンキは一度で使い切るのが理想ですが、余ってしまった場合、どのように保管すればいいのか、どのように処分すればいいのか、困ってしまいます。保管方法と処分方法が分かれば、塗料を安心して購入できますね。保管方法と処分方法を詳しくお伝えします。

ペンキが余ったらどうやって保存すればいいの?

缶のふちについたペンキをきれいに拭き取る
ペンキが付いたままだと缶の蓋がちゃんと閉まらなかったり、ペンキが固まって蓋が硬くて開けれなくなったりしますので、きちんときれいに拭き取りましょう。
油性ペンキの場合は、缶の中で塗料が固まるのを防ぐために、残った塗料の表面に薄くペイント薄め液を流し入れて、表面の乾燥を防ぎます。
蓋をしっかり閉める
蓋をしっかりと閉め合わせましょう。閉め方があまいと、次に空けた時に中身ががちがちで使えない…なんてことになってしまいます。体重をかけて蓋を押し込むか、ゴムハンマー などでたたいてしっかり閉めてください。
こんな場所には保管できません。
直射日光の当たる場所
高温になる場所や火気の近く
湿気の多い場所
保管の際は高いところには置かない。
中が入った状態の塗料缶は重い物です。もし、頭の上に落ちてきたら大変危険ですし、床に落ちた衝撃で蓋が開いてしまうことも考えられますので、塗料缶はなるべく足元に保管するようにしましょう。

ペンキを捨てるときはどうしたらいいの?

液体のままでは捨てられない
ペンキは液体のままではごみに出せないのでペンキを缶から出して、固めた状態にしないといけません。
捨て方その1
少量の場合は、ハケで新聞紙などに塗り広げ、乾燥させてから捨てます。
捨て方その2
ペンキ用の固化剤を使って固めて捨てます。
捨て方その3
少し量がある場合は、袋を2重に重ね、新聞紙を細かくちぎった物やいらない布を中に入れ、そこへペンキを流し入れ吸わせます。屋根のある屋外で袋の口を開いたまま流し入れたペンキを乾燥させます。完全に乾燥したら、袋の口をかたく閉じて捨てます。

ペンキが入っていた缶の捨て方は?

ペンキを乾燥させる
缶に残ったペンキを掻き出し、蓋を開けたまま屋外で缶の内側と蓋を乾燥させます。ペンキが乾いたら、捨てます。
無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook

To PageTop