スプレー塗料ってどんなもの?

スプレー塗料ってどんなもの?

スプレー塗料を塗るのは難しいと思っていませんか?ペイントの中で一番簡単で流行っているペイント方法なんです。スプレー缶のフタを開けて吹き付け、乾燥させるだけで綺麗に仕上がります。特徴や塗れる物などを知ればあなたもスプレー塗料でいろいろな物をリメイクしたくなります。本格的なプロ塗装でも使われますが、主に工作・ホビーのペイントにオススメです。

スプレー塗料の特徴

    1. 1.手軽に塗れる
    2. 2.そのまま使用できる
    3. 3.ムラになりにくい

    「缶スプレー」はそれ自体が完成品なので希釈する必要がありません。なので、「そのまま使用できる」ということがメリットです。ハケ・ローラーを使用するペンキと違って道具を揃える必要もなく、刷毛跡が付かず平滑で綺麗に塗れます。入り込んだ細部まで手軽に吹き付けによる塗装ができ、ムラになりにくく、均一に塗装しやすいのがスプレー缶の特徴です。

スプレー塗料は何に塗るのに向いている?

  • 1.工作・ホビー
    主に工作・ホビーをペイントするのに適しており、アクセサリーや小物などを塗るのにオススメです。
    2.椅子・自動車
    大きな物では車や椅子などのペイントにも適しており、ムラが出来にくい為、綺麗な仕上がり面になります。

    ※壁紙のように大きな面を塗る場合には大量のスプレー缶が必要になりコストがかかってしまう為、あまり適していません。

詳しい知識を知ってスプレー博士になろう! スプレーの種類と相性

スプレー塗料おすすめラインナップ

  • マスキングによる養生範囲

    塗料がついたら困るところに、あらかじめマスキングテープや新聞紙、ビニールやポリのシートでカバーをすることをマスキングといいます。塗装物より四方に約50cmほどの養生範囲として新聞紙やビニールを下にひいておきます。新聞紙で養生したほうが足も滑らずにペイントできるのでオススメです。

綺麗に塗る為のコツが知りたいならコチラ! 塗り方のテクニック

スプレー缶の処分方法

スプレー缶を処分する時は、「使いきった状態でゴミに出す」これが基本です。

  • STEP1

    ゴミ袋などの中にボロ布や新聞紙等を入れます。あればマスク、手袋をします。

    STEP1

    新聞紙は軽く丸めるか、細かく割いて袋に入れます。トイレットペーパーの場合は、ロールを引き出して袋に入れます。

  • STEP2

    布や新聞紙にスプレー缶の中身を吹き付けます。ガスが出なくなるまで噴射します。

    STEP2

    この作業は、必ず、火気のないところでして下さい!戸外のできるだけ風通しが良い所で行ってください。

  • STEP3

    スプレー缶の中身を噴射したゴミ袋は、燃えるゴミに出してスプレー缶は指定のゴミに出します。

    STEP3

    中身を出し切った缶に穴を開けるかどうかは、各自治体の処分方法に従って行ってください。(不燃物、小物金属などとして出すことが多いです。)

  • 詳しいガス抜きの方法を
    動画でご紹介

吹き付けノズルのタイプ

  • 丸タイプ

    丸タイプ

    1点に集中する形なので文字を書いたりマーキングするのに適しています。初心者が塗装面を塗る時に塗料がタレたり、ダマになり均一に塗れないことがあります。

  • 楕円タイプ

    楕円タイプ

    少し離して吹き付けることで広い面を塗装しやすくなります。初心者は楕円タイプのスプレーを使った方が比較的綺麗に塗ることができます。

多種多様なスプレー塗料から欲しい塗料が見つかる! スプレー塗料

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
アウトレットレッドカーペット
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop