キクスイロイヤルシリコン

菊水化学工業 液水系反応硬化形シリコン樹脂塗料 キクスイロイヤルシリコン

キクスイのトリプルブロックシステムによる抜群の耐候性、表面親水化技術により汚れが付着しても雨水で徐々に流され、高レベルの低汚染性を発揮するため、お住まいを長く守ってくれます。また、マイクロレベリング(ミクロなラウンドまで平滑にする)技術で、自動車塗料並みの光沢を有し、高塗着・デンスプリンディング技術で十分な膜厚となるため、安定した品質が提供できます。透湿性に優れていますので塗膜が湿気を放湿し、結露を防ぐだけでなく、特殊配合によりカビや藻の発生を抑制し、美観を保ちます。

キクスイロイヤルシリコンの特長

  • デンスシリカ処理技術
    デンスシリカ処理技術

    従来とは異なる独自の酸化チタン表面処理技術によりラジカルの発生を抑え耐候性を向上させます。

  • ラジカルトラップ技術
    ラジカルトラップ技術

    発生したラジカルを食べてしまうラジカルトラップ剤(H A L S)により劣化を大幅に抑えます。

  • 紫外線吸収技術
    紫外線吸収技術

    紫外線が当たるとそのエネルギーを吸収し熱に変換します。

高耐候性技術
キクスイのトリプルブロックシステムによる抜群の耐候性でお住まいを守ります。
低汚染性
表面親水化技術により汚れが付着しても雨水で徐々に流され、
高レベルの低汚染性を発揮します。
高光沢技術
キクスイのマイクロレベリング(ミクロなラウンドまで平滑にする)技術で、
自動車塗料並みの光沢を有します。
高塗着技術
高塗着・デンスプリンディング技術で十分な膜厚となり安定した品質をご提供いたします。
透湿性
放湿のできる透湿性の高い塗膜を持っているため、
外壁を傷める原因となる結露を防いでくれます。
防藻防カビ性
防藻防カビ性を持った成分を特殊に配合しているので、
藻とカビを防いでお家の外観を美しく保ちます。

用途・適応下地

モルタル、コンクリート、ALC、サイディングボード、
その他旧塗膜(アクリルリシン、吹付けタイルなど)
※ALC 下地にはセメント系下地調整塗材「BR#15」等で下地処理を行なってください。

商品ラインナップ

上塗り材

下塗り材

  • キクスイ
    ロイヤルサーフ
    キクスイロイヤルサーフ

    標準的なシリコン樹脂のサーフェーサー。1液性です。

  • キクスイ
    ロイヤルパワーサーフ
    キクスイロイヤルパワーサーフ

    2液性でエポキシ樹脂を形成する高性能のサーフェーサーです。エアレススプレーでの塗装も可能。

  • キクスイ
    ロイヤルフィラー
    キクスイロイヤルフィラー

    中空粒子の採用で従来のものより30%以上軽い軽量フィラーです。

標準施工要領

モルタル、コンクリート、各種旧塗膜下地

工程 材料 塗装 回数 工程時間(h) 所要量
素地調整 ゴミ、未硬化セメント粉末、砂塵、油脂分などの付着物をワイヤーブラシ、かわすき、サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り キクスイロイヤルフィラー ウールローラー 1 4以上 0.20

0.45kg/m2
キクスイロイヤルフィラー 多孔質ローラー 1 4以上 0.50

0.90kg/m2
キクスイロイヤルフィラー リシンガン
口径:4~6mm
吹圧:0.5~0.6MPa
1 4以上 0.50

0.90kg/m2
上塗り キクスイロイヤルシリコン 水性平刷毛、ウールローラー、
エアレススプレー
2 工程内3以上 0.22

0.40kg/m2

※上記の各数値は、全て標準のものです。施工方法・下地の形状によって異なります。

窯業系サイディングボード下地

工程 材料 塗装 回数 工程時間(h) 所要量
素地調整 ゴミ、未硬化セメント粉末、砂塵、油脂分などの付着物をワイヤーブラシ、かわすき、サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り キクスイロイヤルパワーサーフ はけ、ウールローラー 1〜2 16~168(7日)
工程内4以上
0.20

0.25kg/m2
上塗り キクスイロイヤルシリコン 水性平刷毛、ウールローラー
エアレススプレー
2 工程内3以上 0.22

0.40kg/m2

※上記の各数値は、全て標準のものです。施工方法・下地の形状によって異なります。

注意事項

【施工上の注意事項】
  1. 下地がコンクリート、モルタルの場合は素地の乾燥は十分に行い、水分10%以下、pH10以下で施工してください。
  2. 外部の下地で巣穴、段差などがある場合、セメント系下地調整塗材「BR#15」等で処理してください。
  3. シーリング材の上に施工する場合、シーリング材の種類等により、汚染、密着不良、または塗膜に割れが発生することがあります。
  4. 材料は直射日光下、または0℃以下での保管は避けてください。
  5. 施工時は換気を十分に行ってください。
  6. 希釈の必要な製品は指定の希釈剤を使用し、適切な量、適切な方法で均一に薄めてください。
  7. 施工場所の気温が5℃以下、湿度が85%以上または結露の発生が考えられる場合は、塗膜の乾燥過程で種々の欠陥を生ずることがありますので、施工しないでください。
  8. 各種標準施工仕様に記載の所要量および間隔時間を守って施工してください。
  9. 施工直後の降雨、結露等により塗膜の膨れ、剥離、白化等の不具合を生じる場合があります。降雨、結露、降雪の恐れ、または強風のおそれがある場合は施工しないでください。
  10. 磁器タイル洗浄用の酸が表面に付着すると、変色や溶解を起こします。磁器タイルの洗浄用の酸が塗装面に付着する可能性がある場合は、必ず塗装面のマスキングを行ってください。
  11. 軽量モルタル、ALCパネル、高断熱型窯業系サイディングおよび発泡ウレタンなどに施工する場合は、蓄熱、水の影響、下地の状態等、塗装時の環境条件により塗膜の膨れ、はがれなどが生じることがあります。
  12. 被塗物の形状、膜厚、色目、塗布回数、希釈率により艶が異なって見える場合があります。また、刷毛、ローラー塗装時の塗継ぎ箇所で艶むらを生じやすい傾向にあります。試し塗りの上、本施工してください。
  13. 外部に施工の場合、彩度の高い色は退色、色むらが早期に起こる場合があります。また、濃色や原色に近い色彩は、塗膜をこすると色落ちや色移りすることがあります。
  14. 希釈した製品は、長期間保管後使用しないでください。
  15. 製品の取り扱いについての一般的な注意事項の詳細はSDS(安全データシート、旧MSDS)を参照してください。

- RETURN - 業務塗料TOPに戻る

おすすめ!

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook

To PageTop