蛍光塗料・蓄光塗料・反射塗料

蛍光塗料・蓄光塗料・反射塗料

塗料に特殊な成分を加えることにより、光の波長を変えたり、光のエネルギーを蓄えたりする塗料です。これまでは、道路標識などで注意を促すために使われてきた塗料です。もちろん、その使い方はこの先もずっと継続していくことでしょう。現在では、インテリアやエクステリアの装飾、遊具などに使われることが多くなっています。使い方はあなたのアイデア次第です。

蛍光塗料

紫外線を反射し目に見える光に変える蛍光顔料が入った塗料

  • 蛍光顔料が紫外線を浴びると
    蛍光顔料

    人の目に見えない紫外線は、夜でも飛び交っています。そんな紫外線を蛍光塗料にあてると不思議な現象が起こります。

  • 可視光を反射!
    蛍光顔料

    紫外線の波長が大きくなって目に見える光になります。ブラックライト(紫外線)を当てると驚くほど鮮やかに光ります。

  • 色はどう決まる?
    ワラニン・チオフラビンT・ジアミノスチルベン・ロータミンB・エオシン

    蛍光顔料の主成分によって、反射する光の波長が変わります。つまり、顔料の組合せで色が決まります。

  • ブラックライト OFF
  • ブラックライト ON
  • 普段私たちがよく目にする蛍光塗料は、道路に関するところに使用されています。暗いところでも目立ちやすく、注意を促し安全を確保するためによく使用されています。他にも、上空からでも見つけやすくするためにヘリポート、人の誤転落を防ぐために駅のホームなどにも使用されています。

蓄光塗料

光エネルギーを蓄えて少しずつ光を放射する塗料

  • 蓄光顔料が光を浴びると
    蓄光顔料

    蓄光塗料はその名の通り、光を蓄える塗料です。

  • 数秒で満タン!
    蓄光顔料

    光を当て始めてから、数秒でエネルギ―満タンになります。

  • りん光
    蓄光顔料

    ゆっくりと蓄えたエネルギーを放出します。これを燐光(りん光)と言います。

  • 普段私たちがよく目にする蓄光塗料は、真っ暗の閉ざされた空間で停電になっても光るべき「非常口の案内」によく使用されています。蓄光塗料には2種類あり、長時間にわたり弱く光るタイプと、短時間で強く光るタイプがあります。また、蓄光塗料と似たような塗料に夜光塗料というものがあります。夜光塗料とは、ラジウムなどの放射性物質をわずかに含み、光エネルギーを蓄えなくても弱く発光することが出来ます。腕時計などの盤面に使用されています。

反射塗料

光が向かってきた方向に反射する塗料

  • 反射塗料が光を浴びると
    反射塗料

    反射塗料の表面には小さく丸いガラスビーズが並んでいます。

  • ビーズで光が回転
    反射塗料

    ビーズに当たった光は、屈折と反射により180°の角度で反射されます。

  • 光が来た方向に反射する
    反射塗料

    反射塗料にどの角度で光を当てても、光が来た方向に反射をします。

  • 光照射なし 光照射あり
  • 道路わきの交通標識は、真っ暗闇では見ることが出来ません。しかし、手にライトをもって標識を照らせば、そこだけがとても明るく光って見えます。それは、ライトから当たった光が全て自分の方に反射されるため、標識の周囲よりも明るく見えるからです。他にも、自転車のタイヤ、道路誘導員のジャケット、ガードレールなど、光を放ちながら向かってくるものに対し、自分の存在をアピールする場所に使用されています。

おすすめ!

累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
Norton

To PageTop