RESTA STAFF BLOG

セール情報・商品紹介

2015年08月18日

バーチカルブラインドのスペーサーコードには要注意!

編集スタッフ 広瀬

編集スタッフ 広瀬

お盆も終わりましたね。
我が家は車で北へ走ること600km、田舎へ帰省していたので、走った甲斐もあり(私は後部座席をフラットにして子供たちと寝ていただけですが ^^;)、朝晩は涼しく過ごしやすかったー。
しっかり“避暑”してまいりました。

帰りは関西に戻ってくるにしたがって、暑さが現実に引き戻してくれました・・・・
でも、少し暑さが落ち着いてきたのでしょうか、昨夜はエアコンなしで眠れました。
このまま秋になってくれたらいいのに、、、、、
 
さて、今回は窓周りについて、バーチカルブラインドのお話しをしてみます。
 
バーチカルブラインド、つまり縦型のブラインドですが、スッキリとした印象で、スタイリッシュなお部屋にもよく合うデザインだと思います。
大きめの窓に使われることが多いと思いますが、我が家では、リビングの掃き出し窓に使っています。
 
ここで1つ問題が。
 
バーチカルブラインドは、写真のように、裾がコードなどでつながっているのが標準のようです。
スペーサーコードとかボトムコードと言います。
 ボトムコード
 
風で絡まったりするのを防ぐためにありますが、これ、飼い猫によく絡むんです。
以前登場しているうちのにゃん「こてつ」(右)。
外を眺めに窓に近づき、このコードをまたぎつつ、絡まってひとり大慌てしていることがしばしば。

なんとかならないものかと考えましたが、結果、全部はずしました。
ちなみに左のにゃんは、お盆休み直前、9ヶ月ぶりに放浪の旅から帰ってきたこてつの弟「にこ」。
 飼い猫
後から知りましたが、このコード、メーカーによってオプションになっていたり、標準仕様になっていたりのようで、我が家の場合標準仕様だったのでしょう、選んだわけでもなく普通に付いていました。

「付いているのが当然」=こてつが絡まってコードがはずれたり切れたりするたびに付け直す。
なので、全部はずす!と決断するのにもちょっと大変でした。コードなしも普通にアリだったと知ったときは、私の労力を返して・・・!と思いました(^^;)
色と開閉の向きだけ指定して、商品の仕様をよく見ていなかった自分を反省します、、、

開閉といえば、私はボールチェーンを窓の右に付けて両開きになるようにしましたが、失敗しました。
片方だけ開けたいって時、ありますよね?
ブラインドを開けるのに操作を1回で済まそうと、、、めんどくさがった自分を反省します、、、
皆さん、後から操作方法を変える=レールを替えないといけない=余計な出費、ですので、選ぶときは慎重に。
 
にゃんと一緒に暮らす方は、バーチカルブラインドのスペーサーコードは“なし”で、自分も猫もストレスなし。
 
 
~続・夏休みの製作~
 
陶芸教室2回目、行って参りました!
今回は、前回作ったものを素焼きしてもらったので、釉薬がけです。
サンドペーパーで表面をきれいにして、底は釉薬が付かないように撥水剤を塗って、色を選んで、、、

素焼き             
素焼き
釉薬がけ
釉薬がけ
さて、どんな作品に出来上がるか・・・次回完成最終回です。


DIY SHOP RESTA
https://www.diy-shop.jp/

TAG

ブログ カレンダー

 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お問い合わせQA
休暇のお知らせ
無料サンプルの注文方法
biz0
PayPay
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube
2021年7月
8月>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<7月
2021年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

To PageTop