エクステリアDIYの醍醐味!?DIYで叶える!ウッドデッキのある暮らし。

誰もが憧れるウッドデッキのある暮らし。業者に依頼すると費用がかかるし、自分でDIYなんて大変そうで無理と思っていませんか? そんなことはありません!ウッドデッキもDIYできるんです!人工木ウッドデッキは耐久性・耐候性に優れ、メンテナンスいらずなので施工後は快適なウッドデッキライフを楽しめます!プロに比べて時間はかかるかもしれませんが、完成した時の喜びはひとしお!ぜひウッドデッキDIYにチャレンジしてみましょう!

準備する物
  • ノコギリ(木材用・金属用)
  • 丸ノコ(あると便利)
  • プラスドライバー
  • 電動ドライバー
  • 電動ドリル
  • レンチ
  • 金属根太用ビス
  • 水平器
  • 差し金
  • チョーク、鉛筆
  • メジャー
  • 軍手
使用する材料
  • デッキ材(床板)
  • 留め金具(金具+ビス)
  • 幕板留めLアングル
  • エンドキャップ
  • デッキ材(幕板)
  • ハット鋼(根太)
準備する物
  • 準備する物
  • Before

ご確認ください。

(別途、ご用意いただくもの)

ウッドデッキ両端の床板(貼り出し1枚目と貼り終い)は、根太に直接ビス留めが必要です。(脳天ビス留め工法)
専用の留め金具は使用できませんので、別途、ビスをご用意ください。また、束と根太の接合、幕板アングル留めにもテクスネジが必要となります。

地面が土の場合

ウッドデッキ設置面が土など鋼製束がそのまま立てられない場合は、コンクリート平板等が必要になりますので、ホームセンター等で予めご用意ください。

ブラケット取付ビスは付属しません
金蔵根太ビスはこちら

下地材の設計について

※デッキ面までの高さが300mmを超える場合、大引材を入れる事。
  • シングル工法(束+根太+床板)
    シングル工法(束+根太+床板)
  • クロス工法(束+大引+根太+床板)
    クロス工法(束+大引+根太+床板)

Step1束の位置決め、設置

※今回はデッキ面の高さが300mm以下のため、シングル工法で施工します。

  • 束の位置決めをします。束の位置決めをします。根太ピッチ450mm以内、床板・根太の片持ち(跳ね出し)は根太中心より120mm以内とします。
  • 矢印
  • 寸切ボルトの上下に円盤をナットで締めて、束を組み立てます。寸切ボルトの上下に円盤をナットで締めて、束を組み立てます。
  • 矢印
  • ナット→Sワッシャー→丸ワッシャー→円盤の順でボルトにセット!ナット→Sワッシャー→丸ワッシャー→円盤の順でボルトにセット!
  • 束は円盤の固定位置によって高さ調整OK!(最大28.5cm)束は円盤の固定位置によって高さ調整OK!(最大28.5cm)
  • 矢印
  • 束は設置面に接着剤・コンクリート用ビス等で固定束は設置面に接着剤・コンクリート用ビス等で固定します。
  • 矢印
  • 束の設置ができました束の設置ができました。

Step2束に根太を固定する

  • 根太材(ハット鋼)を必要寸法にカットします。
    金ノコでもカット可能ですが、丸ノコ等の切断機があると便利です。

  • 根太材を束に金属用ビスで固定します。ドリルで下穴を空けてから施工すると楽にビス留めできます。

  • 水平器を使用し、束の高さを調整します。

  • これで下地の準備完了です。

Step3床板を貼る

  • デッキが壁等に隣接する場合は、7mm以上の隙間を設けるデッキが壁等に隣接する場合は、7mm以上の隙間を設けるようにして下さい。
  • 矢印
  • 床板を必要寸法にカット床板を必要寸法にカットします。
  • 矢印
  • 端部になる床板を根太上に乗せて固定する位置を決める端部になる床板を根太上に乗せて固定する位置を決めます。
  • 床板にドリルで下穴をあけ、ビスで根太に固定床板1枚目の端部片側は専用留め金具が使用できないので、床板にドリルで下穴をあけ、ビスで根太に固定します。
  • 矢印
  • 2枚目を専用留め金具とビスで根太に固定床板1枚目が固定できたら、2枚目を専用留め金具とビスで根太に固定していきます。
  • 矢印
  • 留め金具の付属ビスを金具中央の穴に入れ、1枚目の側面の溝に押し込む留め金具の付属ビスを金具中央の穴に入れ、1枚目の側面の溝に押し込みます。
  • ビスを途中まで締め込み根太に固定ビスを途中まで締め込み根太に固定します。
  • 矢印
  • 2枚目の床板を1枚目の床板に押し付けながら留め金具のビスを締め付ける2枚目の床板を1枚目の床板に押し付けながら留め金具のビスを締め付けます。
  • 矢印
  • 床板間の隙間に入りやすく楽にビス留めドライバーは、先端部が細いものがオススメです。床板間の隙間に入りやすく楽にビス留めできます。
  • 床板3枚目以降も同様に、留め金具で固定しながら貼っていく床板3枚目以降も同様に、留め金具で固定しながら貼っていきます。
  • 矢印
  • 床板にドリルで下穴をあけビスで根太に固定貼り終いの床板は、1枚目同様に端部片側は専用留め金具が使用できないので、床板にドリルで下穴をあけビスで根太に固定します。これで床板貼りは完了!

床板を貼る際の注意

長手方向の突き合わせ(連結部分)は、必ず5mm程度の隙間を空けて施工してください。
また、突き合わせ部分は1ヶ所の根太上にならないようウマ貼りで施工してください。

床板を貼る際の注意

Step4幕板を貼る

  • 側面と小口面の必要な面に幕板を取り付ける
  • 矢印
  • 側面は直接床板にビス留め
  • 矢印
  • Lアングルを使用し固定

側面と小口面の必要な面に幕板を取り付けます。
小口面はエンドキャップが便利です。側面は直接床板にビス留め、またはLアングルを使用し固定します。

完成!約3時間で女性でも施工ができました!

ウッドデッキDIYでこだわりの庭を楽しみましょう!

RETURN DIY講座TOPに戻る
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
Norton

To PageTop