ノンスリップシートとは?

ノンスリップシートとは?

ノンスリップシートはこんな床材です。

  • クッションフロア
  • マンションの外階段や浴室、厨房など水に濡れやすい場所などによく使われている、表面にエンボス加工を施したシート状床材で、防滑シートとも呼ばれています。
    ノンスリップシートは完全屋外対応品や室内・半屋外対応品、消臭などの機能性がある物があり、幅広いシーンに対応します。

ノンスリップシートの見た目

  • 表面
    表面

    表面には滑りにくくするための凹凸加工がされています。エンボス柄のみのプレーンな物や、木目柄やタイル柄など柄がプリントされているものがあります。

  • 裏面
    裏面

    強度を保つための糸が網状に埋め込まれてある物がほとんどです。一部の商品は糸が無く、ビニールコーティングが施されています。

  • 厚み
    厚み

    2.0mm~2.5mmの物が一般的ですが、浴室用のものは4mmある物もあります。

浴室用と普通のノンスリップシートの違い

  • 表面
    表面

    表面はどちらも同じように凹凸加工がされており、滑りにくくなっています。さらに、浴室用のものは中に発泡層があり、転んだ時の衝撃緩和や、床の冷たさ軽減の効果があります。

  • 裏面
    裏面

    浴室用の裏面にはノンスリップシートのような糸がなく、ビニールコーティングされており、つやがあります。

ノンスリップシートの施工方法

  • 1仮置き
    1仮置き

    あらかじめ貼る場所に合わせてカットしておきます。

  • 2ボンド塗布
    2ボンド塗布

    めくりながら下地にボンドを塗ります。

  • 3貼り付け&圧着
    3貼り付け&圧着

    撫でバケやローラーを使ってしっかりと圧着します。

  • 4隙間の処理
    4隙間の処理

    隙間に水やホコリが入らないように隙間を埋めます。

ノンスリップシートの隙間の埋め方

処理方法は溶接棒を使って溶接する方法とコーキング剤を流し込んで埋める2通りの方法があります。
溶接棒での処理方法
  • 溶接棒での処理方法

    専用のボンドを使い、下地に接着後に隙間を溶接します。溶接するには専用の溶接機を使い、溶接棒を溶かしながら隙間に埋め込み、はみ出た溶接棒は専用のカッターを使い削り取ります。

  • 溶接棒での処理方法

    ノンスリップシートに合った溶接棒は各商品ページで確認できます。

コーキング剤での処理方法
  • コーキング剤での処理方法

    防水性に優れ、乾いた後も収縮の少ない、シリコーン系コーキング剤を使います。使用するノンスリップシートに合わせて色を選びましょう。

  • コーキング剤での処理方法

    隙間の両側に養生のためのマスキングテープを貼り、隙間にコーキング剤を埋め込んでいきます。ヘラで表面を平らにならしたらマスキングテープを剥がし、コーキングを乾かします。

隙間処理や施工部材のご購入はこちらから
施工シーンにぴったりのシート状床材を選ぼう
動画と写真で楽しく学んで
DIYの"わからない"を全て解決!
DIY教室

- RETURN - ノンスリップシートTOPに戻る

お問い合わせQA
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop