RESTAオリジナルロールスクリーン リフィロ採寸・取付方法・商品仕様

採寸方法

  • 採寸方法
  • ご注文に必要な寸法は、「幅」と「高さ」になります。
    天井付け・正面付けの両方に対応できる部品になっています。お好みの取り付け方に合わせて採寸してください。
    ※壁・天井など窓枠の木部以外に取付ける場合は、取付場所の下地を必ず確認し、十分な長さのビスを別途ご用意ください。付属のビス(長さ15mm)では石膏ボードへの取付は出来ません。
  • 正面付け窓枠の外側に取付ける場合
    正面付け

    幅、高さとも窓枠の外側寸法以上を製品サイズとしてご指定ください。

  • 天井付け窓枠の内側に取付ける場合
    天井付け

    幅、高さとも窓枠内側寸法より1~2mm程度短いサイズでご指定下さい。
    ※「幅」は本体のメカ部分を取付ける窓枠上部を採寸してください。

  • 正面付け
  • カーテンレールに取り付ける場合の
    採寸ポイント!

    カーテンレールの長さに合わせて、スクリーンで窓枠全体を覆えるサイズにするとサイドからの光漏れも防ぐことができ、窓辺が美しく納まります!

採寸についてのご注意

窓枠内に取り付ける場合、枠のゆがみ等により本体が枠内に入らない場合があります。実際の「幅」の寸法より1~2mm短いサイズを注文することをおすすめします。
※本体が取付枠内に入らない等、商品のサイズ違いでの返品・交換はお受けできません。

製作可能サイズについて

高さ:100~2200mm、幅:600~2000mm
製作可能な幅・高さの寸法比は1:4以下です。

メカ部分を取付ける窓枠上部を採寸!

取付方法

STEP1 開梱・梱包内容の確認

セット内容
  • ・本体
  • ・ブラケット
  • ・ビス等付属部品
  • ・プルコードまたはプルハンドル
    (プルコード式の場合のみ)
  • ・取扱説明書
ブラケットの個数

製品幅600~1200mmの場合:2コ
製品幅1201~2000mmの場合:3コ

セット内容

STEP2 取付位置の確認

スクリーンの厚さに合わせて適当な位置に取り付けてください。
※壁・天井など窓枠の木部以外に取付ける場合は、取付場所の下地を必ず確認し、十分な長さのビスを別途ご用意ください。付属のビス(長さ15mm)では石膏ボードへの取付は出来ません。
  • 正面付け
    正面付け
  • 天井付け
    天井付け

STEP3 製品の取付け

1.ブラケットを確認します。

ブラケットのレバーが出ていることを確認してください。

  • OK
  • NG

出ていない場合は、ブラケットのツメをドライバー等で押して、レバーのロックを解除してください。

NGの場合はドライバーで押し込もう!
2.ブラケットを固定します。
標準ブラケットの場合
  • 標準ブラケットの場合

    壁面に直接固定します。※写真は天井付けの場合

  • 標準ブラケットの場合

    ブラケットは、製品の端から60~80mmの位置になるように取り付けてください。(ブラケットが3コ以上ある場合は、均等に振り分けてください。)

カーテンレール用ブラケットの場合
  • カーテンレール用ブラケットの場合

    レールの溝の幅が6mm以上あれば、どんなカーテンレールにも取り付けできます!

  • カーテンレール用ブラケットの場合

    カーテンレールの溝にブラケットの金具をはめ込みます。

  • カーテンレール用ブラケットの場合

    ネジを締め、ブラケットを固定します。

3.本体を取り付けます。
  • 本体を取り付けます

    本体の溝をブラケットに引っ掛けて、

  • 本体を取り付けます

    「カチッ」と音がするまで押し上げはめ込みます。

4.ボトムアクセサリーを取り付けます。

チェーン式の場合、この工程は必要ありません。
※コード、ハンドルがボトムバーの中心位置で固定されていないと、巻きずれの原因となります。

プルコードの場合
  • プルコードの場合

    プルコードをボトムバーの中心にずらします。
    (出荷時は左側に寄せてあります。)

  • プルコードの場合

    完成!(コードは操作しやすい長さに切ってご使用ください。)

プルハンドルの場合
  • プルハンドルの場合

    プルハンドルの金具をグリップに差し込みセットします。

  • プルハンドルの場合

  • プルハンドルの場合

    ボトムバーのサイドのキャップをはずします。

  • プルハンドルの場合

    プルハンドルをボトムバーに差し込みます。

  • プルハンドルの場合

    ボトムバーの中心位置にネジで固定します。

  • プルハンドルの場合

After
こんな時は?
巻きズレが起こった場合
巻きズレが起こった場合

巻き込んだ時にズレて"タケノコ状態"が生じる場合、ローラーパイプにビニールテープを2~3cm貼って調整します。

うまく巻き戻らない場合
うまく巻き戻らない場合

無理に巻かず、斜め手前に引いてから離すと戻ります。※破損の恐れがありますので、ローラーパイプを手で回転させないでください。

商品仕様

全体図

プルコード式
プルコード式

1.スプリング・モーター 2.ローラー・パイプ 3.丸アナ・ブラケット 4.角ミゾ・ブラケット 5.タッピン・ネジ(3×20mm) 6.スクリーン 7.ボトム・バー(FRP) 8.プル・グリップ 9.プル・コード 10.プル・ボール 11.角リング 12.キャップ 13.ローラー・エンド 14.マウント・ブラケット 15.マウント・ベース 16.タッピン・ネジ(4×16mm)

チェーン式
チェーン式

1.フリクション・ブースター(フリクション・ヘッド) 2.ローラー・パイプ 3.リダクション・ギア 4.角ミゾ・ブラケット 5.プーリー・ブラケット 6.タッピン・ネジ(4×16mm) 7.スクリーン 8.ボトム・バー(FRP) 9.ビーズ・コード 10.キャップ 11.マウント・ブラケット 12.マウント・ベース 13.コードクリップ

製品寸法

  • プルコード式
    プルコード式
  • チェーン式
    チェーン式

S:スクリーン幅 W:製品幅 L:スクリーン丈 H:製品丈 I:ビーズコード有効長(I=H-250mm)

  • カーテンボックス寸法
    カーテンボックス寸法

規格・性能

  • プルコード式
    ローラー径 φ31mm
    製品最大(最小)幅W 2000(600)mm
    製品最大丈H 2000mm
    スクリーン幅S W-35(17.5,17.5)mm
    最大(最小)
    スプリングトルク
    5900(1500)g・cm
    許容回転数
    (スプリング・モーター)
    30,45回
  • チェーン式
    ローラー径 φ31mm
    製品最大(最小)幅W 2000(200)mm
    製品最大丈H 2000mm
    スクリーン幅S W-30(15,15)mm
    許容回転数 ∞(FPGD)
    45回転(FPFBGD)
    減速比 1/3(FPGD.FPFBGD)
防炎ラベル・アフターサービスについて

【防炎ラベル】防炎ラベルと製造番号等の商品情報は、ローラパイプの中央に貼り付けてあります。確認が必要な場合は、スクリーンをローラーパイプが見えるまで下にさげてください。

【アフターサービス】保証期間は製品の製造日から1年間です。
(メカ部分のみの保証となります。スクリーン生地は保証対象外です。)※保証書、取扱説明書は内容をよくご確認いただき、大切に保管してください。

防炎ラベル・アフターサービスについて
ロールスクリーンをもっと見る
簡単施工のおすすめ床材!
クリックeuca

- RETURN - ロールスクリーンTOPに戻る

ラストオーダー
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop