防草シートに水はけは必要?

実は水を通さない方が良い!? 防草シートに水はけは必要?

雑草は水・光・空気の3つの条件のもと成長します。雑草を抑えるための防草シートには水はけは必要なのでしょうか?このページでは、防草シートの水はけの必要性について解説します。

防草シートの水はけの必要性

ほとんどの雑草は水がなければ
成長しない

  • ほとんどの雑草は水がなければ成長しない
  • 雑草を含むほとんどの植物は水・光・空気の3つの条件のもと成長します。多くの防草シートは、遮光性が高く光を通さないですが、水は通します。しかし、雑草の性質を考慮すると、水も空気も通さない防草シートが最も防草効果が高いと考えられます。

防草シートの水はけが
重要視されている理由

  • 防草シートの水はけが重要視されている理由
  • 防草シートを敷くことで水はけが悪くなるのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか。防草シートの透水性が低いと、防草シートの上に水たまりができてしまうと思われがちですが、実はそんなことはありません。多くの場所にはわずかな傾斜があり、防草シートが水を通さなくても水はけをすることができます。

雨水はわずかな傾斜でも
流れていきます

  • 舗装地面では水はけのために
    わずかな傾斜があります
    わずかな傾斜があることが一般的

    一戸建ての庭や、舗装された地面では、雨が降っても水が溜まらないようにわずかな傾斜があることが一般的です。

  • ほとんどの場合浸み込む前の水は
    傾斜を流れていきます
    浸み込む前の水は傾斜を流れる

    実際にシャワーで水を流してみると、防草シートに浸み込む前の水はわずかな傾斜によってゆっくりと流れていきました。

防草シートを敷いたときの水はけが気になる場合は、ブルーシートなど水を通しにくいものを地面に敷いた上で実際に水を撒き、水の流れを確認してみましょう!

防草シートの水はけの必要性は
場所によって異なります

水はけの良い防草シートが
おすすめの場所

  • 植栽の周りや畑、田んぼ
  • 植栽の周りや畑、田んぼ

    植栽の周りや畑など、雑草以外の植物を育てている場合は、水はけの良い防草シートを選ぶことをおすすめします。特に傾斜が急な場所では、水が防草シートの上を流れてしまい、周りの植物に水が行き届かない可能性があります。水が流れる前に地面に通すことができる透水性に優れた防草シートを選びましょう。

液体肥料を撒きたい場合は、防草シートの素材にも注意!
  • ポリプロピレン素材は加水分解を起こさない
  • ポリエステル素材は加水分解を起こす

防草シートには、ポリエステル素材のものと、ポリプロピレン素材のものがあります。ポリエステル素材のものは、水分と反応し分解する「加水分解」と呼ばれる現象が起こります。ポリエステルの加水分解は、酸・アルカリによって加速されるため、液体肥料を撒く場合は、ポリプロピレン素材の防草シートのがおすすめです。

水を通しにくい防草シートが
おすすめの場所

  • 徹底的に雑草を抑えたい場所
  • 徹底的に雑草を抑えたい場所

    防草シートで物理的に雑草を抑えることもできますが、防草シートの下の雑草が成長してしまうと、防草シートのすき間から生えてくる可能性があります。光を通さないだけでなく、水も通さないようにすることで、雑草の成長をさらに抑えることができます。

水はけの悪い場所にも
防草シートは敷けるの?

水はけの悪い場所に
防草シートを敷く注意点

  • 元々水はけの悪い場所は改善できない
  • 元々水はけの悪い場所は改善できない

    水はけの悪い場所に防草シートを敷くと、雑草の発生を抑えることができますが、水はけの悪さの改善は期待できません。防草シート自体は水を通しても、その先の地面に水の出口がないためです。

  • 水に濡れている時間が長いため劣化しやすい
  • 水に濡れている時間が長いため劣化しやすい

    水はけが悪い場所に防草シートを敷くと、雨が降った後は長時間防草シートが濡れたままの状態になります。そのため、水はけが良い場所よりも劣化が早く進んでしまいます。ポリエステルなどの加水分解を起こす素材はより、劣化しやすくなってしまうでしょう。

アイコン

水はけが悪い場所でも劣化しにくい
ポリプロピレン製の防草シート!

  • 曝露施工用防草シートで
    RESTA最安値!

    とにかく安価で雑草対策をしたい方におすすめ!リーズナブルな価格ですが、十分な強度があり、青色のライン入りで施工性にも優れています。

    1m×10m巻 税込693円/本
    織布耐用年数約3~5年(曝露施工)
  • 不織布タイプなのでカットしても
    ほつれにくく施工がしやすい!

    ポリプロピレン製のスパンボンド不織布に耐UV剤を配合した防草シート。耐用年数約3年で気軽に雑草対策できます!

    1.1m×10m巻 税込1,540円/本
    不織布耐用年数約3年(曝露施工)

水はけが悪い場所は、
防草シート上に
砂利を敷くのがおすすめ!

  • 砂利を敷くことでぬかるみや泥はねの防止に
  • 砂利を敷くことでぬかるみや泥はねの防止に

    砂利を敷くと地面の水はけ自体が良くなるわけではないですが、降った雨が砂利の下に溜まるので、水たまりができるのを防ぐことができます。防草シートを敷いた上に砂利を敷くことで、雑草の発生を抑えるだけでなく、砂利が地面に沈み込むのを防ぐ効果があるのでおすすめです!

水はけ(透水性)で選ぶ
RESTAの防草シート
ラインナップ

曝露(ばくろ)施工用防草シート

下地施工用防草シート

- RETURN - 防草シートTOPに戻る

防草シートの施工方法・豆知識・選び方を
動画やコンテンツ記事で学べる!
防草シート教室

施工方法・防草シートの選び方・雑草対策の豆知識など、お客様の防草シートDIYをサポートする豊富なコンテンツをまとめました。スタッフが実際に防草シートを敷いてみた感想や、リアルな経過観察のコンテンツも必見です!防草シートDIYに失敗しないための参考にしてみてください。

おすすめ商品

PICK UP

おすすめ商品

DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
コスパに優れた人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
リーズナブルな日本製ロールスクリーン!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!
DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

To PageTop