珪藻土の模様の付け方

  • 扇仕上げ扇形の鏝波を残し、模様を付けます。
  • スパニッシュ仕上げ鏝の後部(鏝の先端は浮かせ気味にする)で、縦、横、斜めに押さえながら模様を付けます。
  • ヒキズリ仕上げ鏝の先端(鏝の後方は浮かせ気味にする)で模様を付けます。
  • ウェーブ仕上げ(粗目)コテバケを使い、30~40cmくらいの長さで同一方向に掃くような感じで2~3度繰り返しながら模様を付けます。
  • ラフ仕上げ塗り付けた面の上に、さらに部分的に塗り材を盛り付け、仕上げに表面を刷毛引きします。
  • 刷毛引き仕上げ表面水が引かないうちに左官刷毛などで刷毛引きを行います。まっすぐだけでなく、曲線やポイント模様など、自由な模様付けが可能です。
  • 鏝波仕上げ表面水が引かないうちに0.2mm厚のステンレス鏝で鏝波を残して仕上げます。
  • コテパケ扇仕上げ扇形のハケ目を残し、模様を付けます。
  • コテパケスパニッシュ仕上げコテバケで、縦、横、斜めにハケ目を残し、模様を付けます。
  • コテパケ ラフ仕上げ塗り付けた後、乾燥前に部分的に材料を盛り付けていき、その後、ならすような感じでハケ目を付けます。
  • 模様付無し仕上げ模様付け無し仕上げ(藁すさ・粗目大入り)藁すさを、混練りした材料で仕上げます。※多少鏝波の残る場合があります。※藁すさには「粗目大」「粗目」「細目」があります。
  • 吹付け仕上げ吹付けはリシンガンを用い、2度吹きを標準とし、下地が透けないように吹付けてください。口径は4mm程度のものを使用し、空気圧は5~6kg/c㎡が最適です。※色見本(コテ塗り仕上げ)とは異なります。※標準所要量は2.0㎡/袋になります。

珪藻土の塗り方

珪藻土の塗り方珪藻土(けいそうど)の塗り方

珪藻土の下地処理珪藻土の下地処理

珪藻土の模様の付け方珪藻土の模様の付け方

かんたんDIY講座 目次かんたんDIY貼り方(張り方)講座TOP

RETURN DIY講座TOPに戻る

To PageTop