珪藻土・しっくいを塗る前の下地処理

珪藻土・しっくいを塗る前の下地処理

珪藻土やしっくいなどの塗り壁材を上手にDIYして長くキレイに保つためには、下地処理が大事な工程です。下地の表面を平滑に整え、シーラーを塗布することで、既存の壁紙や土壁、石膏ボード、コンクリートなど様々な下地に珪藻土・しっくいを塗ることができます。

壁紙(ビニールクロス)が下地の場合

  • 壁紙の上から直接施工する場合
    壁紙の上から直接施工する場合
    STEP1
    壁紙表面の汚れや油分を拭きとる。
    STEP2
    壁紙に穴や凹凸、めくれがある場合は補修をする。
    STEP3
    シーラーを塗布して乾燥させる。
    STEP4
    珪藻土・しっくいを塗る。

    ※壁紙の汚れがひどい場合や剥がれそうな場合、また表面に防汚・撥水加工が施された壁紙の場合は、壁紙を剥がしてからシーラーを塗布しましょう。

  • 壁紙を剥がして施工する場合
    壁紙を剥がして施工する場合
    STEP1
    施工面の壁紙を全て剥がす。裏紙も剥がす。
    STEP2
    壁に穴や凹凸がある場合は補修をする。
    STEP3
    シーラーを塗布して乾燥させる。
    STEP4
    珪藻土・しっくいを塗る。

    ※壁紙の裏紙が壁に残ったままシーラーを塗布すると、シーラーの水分で裏紙の糊が緩み、珪藻土・しっくいの浮きや剥がれの原因になります。裏紙は霧吹きで水を吹き付け少し時間をおくと糊が緩み、ヘラなどでそぎ落としやすくなります。

壁紙の補修方法

  • 壁紙のめくれ補修
    壁紙のめくれ補修

    剥がれているところにジョイントコークや壁紙補修材を塗り、剥がれた壁紙をしっかりと貼り付けます。

  • 小さな穴の補修
    小さな穴の補修

    穴の空いているところにパテ材を乗せ、パテベラで表面を平坦になるようになぞり、パテ材を完全に乾かします。

大きな穴の補修
  • 空いた穴の周りの壁紙に切り込みを入れ剥がします。

    空いた穴の周りの壁紙に切り込みを入れ剥がします。

  • 矢印
  • 穴が隠れる大きさのリペアプレートを貼り付けます。

    穴が隠れる大きさのリペアプレートを貼り付けます。

  • 矢印
  • リペアプレートの上にパテ材をのせます。

    リペアプレートの上にパテ材をのせます。

  • パテベラで表面を平らにならし、パテを完全に乾かします。

    パテベラで表面を平らにならし、パテを完全に乾かします。

  • 矢印
  • パテが乾いたらサンダーで表面を平らにならします。

    パテが乾いたらサンダーで表面を平らにならします。

壁紙の補修方法をもっと詳しく!

土壁・聚楽壁・繊維壁などが
下地の場合

  • 劣化の少ない土壁などの場合
    劣化の少ない土壁などの場合
    STEP1
    指で触るとポロポロと粉が落ちる程度の古壁の場合、ほうきなどで撫でて落とせるものを落とす。
    STEP2
    ヒビや凹凸をパテで埋めて平らにならす。
    STEP3
    シーラーを塗布して乾燥させる。
    STEP4
    珪藻土・しっくいを塗る。
  • 劣化の激しい土壁などの場合
    劣化の激しい土壁などの場合
    STEP1
    ボロボロ大きく剥がれ落ちるような劣化の激しい古壁の場合は、表面を除去する。(霧吹きや剥がし剤で表面をふやかし、ヘラなどで優しく削り取ります。)
    STEP2
    凹凸をパテで埋めて平らにならす。
    STEP3
    シーラーを塗布して乾燥させる。
    STEP4
    珪藻土・しっくいを塗る。

石膏ボード・プリント合板・ベニヤ板の場合

  • 石膏ボード・プリント合板・ベニヤ板の場合
  • STEP1
    継ぎ目にパテを塗り表面を平らにする。
    STEP2
    表面に付いたくずやホコリをきれいに取り去る。
    STEP3
    シーラーを塗布して乾燥させる。
    STEP4
    珪藻土・しっくいを塗る。

モルタル・コンクリートの場合

  • モルタル・コンクリートの場合
  • STEP1
    錆や汚れのある部分をヤスリなどで削り、ヒビや凹凸のある部分をパテで埋め平らにならす。
    STEP2
    表面に付いたくずやホコリをきれいに取り去る。
    STEP3
    シーラーを塗布して乾燥させる。
    STEP4
    珪藻土・しっくいを塗る。

アク止めシーラーは
何のために使うの?

下地が汚れていたり、壁の内部に金属の釘やビスが打ち込まれている場合など、その上に直に珪藻土を塗ると、時間の経過と共にアクや汚れが珪藻土の表面に浮き出てきてしまう事があります。また、古壁の場合は下地の強化の役割もあります。アクの浮き出しや剥がれなどを防止し、いつまでもきれいな状態を保つためにシーラー処理はとても大事な工程です。

アク止めシーラーは何のために使うの?

RESTAおすすめ珪藻土用シーラー

  • 壁紙が下地の場合に

    壁紙クロスと珪藻土の接着を良くし、アクの浮きだしも防ぎます。希釈する手間のない原液2回塗りタイプ。ポロポロと落ちてこない古壁の下地処理にも使えます。1.5kg/本で約13m²の2回塗りが可能です。

  • 古壁の補強、様々な下地にOK

    ポロポロと粉の落ちる古壁を補強し、珪藻土の定着を良くします。強力アク止め剤配合で、合板・コンクリート・石膏ボード下地にもおすすめ。1回目は希釈塗布、2回目は原液塗布。4Lで約12m²の2回塗りができます。

珪藻土を施工するために必要な関連商品
  • 床や天井に珪藻土が付かないように養生するための材料はこちら。

  • 下地処理材やコテなどの施工に必要な材料はこちら。

- RETURN - 珪藻土TOPに戻る

お問い合わせQA
東京2020
休暇のお知らせ
無料サンプルの注文方法
biz0
PayPay
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube
2021年7月
8月>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<7月
2021年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

To PageTop