ふすま紙&障子紙

税抜325円~

自分で貼れるんです。

ふすま紙&障子紙

日本の和室や茶室に欠かせない襖(ふすま)紙・障子紙。破れたり、穴が開いたりして、そのまま諦めていませんか。ふすまや障子は、自分で簡単に貼り替えられるんです。現在では、従来どおり糊で貼るタイプだけでなく、アイロンや水で貼るタイプなどさまざまです。機能性も充実しているので、紫外線カットタイプや、引っかき等に強い破れにくいタイプ、プラスチック製のものまで揃っています。デザインも豊富なので、お好みのデザインや色が選べます。

和室の必需品!自分で貼れるんです!

  • 再湿糊・アイロン貼り・粘着タイプ すふま紙
  • 糊貼り・アイロン貼り・両面テープ貼りタイプ 障子紙

RESTA売れ筋ランキングRESTAふすま・障子売れ筋ランキング

ふすま紙

RESTA売れ筋TOP3

障子紙

RESTA売れ筋TOP3

ふすま紙

簡単に貼れるんです!

水で貼るタイプをご紹介

タイプ別ふすまの貼り方

貼り方で選ぶ

アイロン貼りタイプ

ふすま紙の裏に熱で溶ける接着剤が加工されているので、アイロンを当てるだけで接着することができます。
枠の外れないふすまに適しています。

アイロン貼りタイプ一覧
再湿糊タイプ

ふすま紙の裏に水をつけるだけで貼れる糊を貼付しているので、水をたっぷりと付け、のりを戻してから貼っていきます。

再湿糊タイプ一覧
粘着タイプ

ふすま紙の裏に粘着加工をしているので、裏紙(離型紙)をはがすだけで貼ることができます。
枠の外れないふすまに適しています。

粘着タイプ一覧

ふすま紙Point

襖紙(ふすま紙)はもちろん従来どおりの糊・水を使用する施工方法の商品もありますが、面倒な糊付け不要で水のみで貼れる再湿タイプや、水も糊も不要でアイロンを使用して貼り付けるタイプの襖紙(ふすま紙)もあります。

種類と特徴

  • タイプ
  • 紙の種類
  • 特徴
  • タイプ
  • 紙の種類と特徴
鳥の子タイプ
鳥の子ふすま紙
製紙から印刷まで機械生産される普及タイプです。グラビア印刷も可能で柄数も豊富です。
本鳥の子ふすま紙
伝統的な手漉き和紙で、その色合いが卵の殻の淡黄色に似ていることから鳥の子と呼ばれるようになった高級タイプです。
うらばり紙
雲花紙と言われるもので、押入れなど裏面で見えないところに貼ります。
糸入りタイプ
新紗織ふすま紙
スフ糸を粗く平織りにし、紙を裏打ちしたものです。丈夫で実用的なタイプです。
麻織ふすま紙
横糸に麻糸を用いたものです。
純和室にあった風合いが得られます。
シルケットふすま紙
横糸に麻糸、縦糸に綿糸を用いた平織りタイプです。
ビニールタイプ
ビニールふすま紙
汚れても水拭きできるタイプです。

ふすまのサイズ

  • 幅72cmサイズ
    72cm
    幅72cmサイズ
    ふすま4枚で1間半です。
    (団地サイズと言われているものです)
  • 幅95cmサイズ
    95cm
    幅95cmサイズ
    ふすま2枚で1間です。
    (一般的な普及サイズです)
  • 幅135cmサイズ
    135cm
    幅135cmサイズ
    ふすま2枚で1間半です。
    (広巾サイズです)

※また、最近では建具サイズ215cmまで対応できるふすま紙もあります。

ふすまの構造・種類と特徴

ふすまの引き手いろいろ

  • ふすまの引き手
    435円(税抜)
  • ふすまの引き手
    509円(税抜)
  • ふすまの引き手
    144円(税抜)
引き手ご購入はこちら

障子紙

簡単に貼れるんです!

アイロンで貼るタイプをご紹介

タイプ別障子の貼り方

貼り方で選ぶ

アイロン貼りタイプ

アイロンの熱で接着します。片面にアイロンの熱で融ける樹脂が付いています。

アイロン貼りタイプ一覧
糊貼りタイプ

桟にハケで糊を付けて貼っていきます。糊の付け方に慣れが必要。

糊貼タイプ一覧
両面テープ貼りタイプ

桟に両面テープを貼り、障子紙を貼り付けていきます。

両面テープ貼りタイプ一覧

障子紙Point

障子紙は、フッ素加工で撥水効果があり、汚れにくいタイプ、畳や家具の日焼けを防ぐため、紫外線をカットするUV加工のタイプ、通常の規格より3倍の強度をもつタイプなどさまざまな障子紙があります。

種類と特徴

  • タイプ
  • 紙の種類と特徴
手漉き
楮(こうぞ)や三椏(みつまた)
楮や三椏などの樹皮を主原料とし、人の手加工で紙に漉いたものです。
薄く、張りがあり丈夫な最高級品です。価格も高くなります。
機械漉き
パルプ・レーヨン混合品
質的にも価格的にも最も実用的で一番多く使用されています。
レーヨンの含有量が多いほど価格は高くなり、保温性に富み丈夫になりますが、変色しやすくホコリを吸いやすくなります。
パルプ・麻混合品
マニラ麻とパルプの混合品です。
風合いがよく、丈夫ですが変色しやすい欠点があります。
パルプ・ケナフ混合品
1年草の雑草を主原料にしたものです。森林伐採を防ぐ環境保全の観点から使用されています。ケナフだけでは障子紙としての強さ、風合いが出ないためパルプとの混合で使われています。
パルプ・ポリエステル混合品
破裂強度に強く破れにくい障子紙として使用されています。
ポリエステル100%もありますが、障子紙の風合いとしては劣ります。
プラスチック加工品
紙の片面あるいは両面にプラスチック加工を施した障子紙です。
丈夫で湿気に強く通気性がないので冷暖房の部屋に適しています。
障子の構造・種類と特徴
その他のふすま・障子紙道具一覧

To PageTop