ササラ巾木とは?

ソフト巾木には、色や高さなどの違いにより多くの種類分けがあります。 ソフト巾木の色については、メーカーごとに微妙に違いますが、無地柄で20色程度の種類があり、その他に木目調のものや石目調のものがあります。

木目調や石目調のソフト巾木は、無地柄よりも少し価格は上がりますが、床のクッションフロア柄が木目の場合には、相性がよくお部屋に少し高級感が生まれます。 また高さも複数サイズがあり、お部屋の状況により選択できるようになっています。

巾木の種類は、色・高さ・タイプ・Rアリ・Rナシなどさまざま

ソフト巾木の高さ

ソフト巾木の高さは、40mm・60mm・75mm・100mmの種類があり、部屋のイメージやリフォーム時には下地の状態により選択します。

木目や石目調のソフト巾木では、すべての高さのラインナップはありません。一般的には、60mmまたは、75mmのものが使用されます。

ソフト巾木の長さ

ソフト巾木の長さは、大きく分けると2タイプ。長さ約90cmのものと、50m巻のロール状があります。

直線部分が多い空間では、ロール状の巾木の方が効率的に施工できます。一般的な住宅では、90cmタイプのものが使われます。

Rアリ・Rナシの違い

ソフト巾木のタイプとして、「Rアリ」「Rナシ」があり、用途によって使い分けします。 使い分けとしては、絨毯張りの場合で、絨毯張りよりもソフト巾木を先に施工する場合には、Rナシを使います。

壁、床を先に施工し、最後にソフト巾木を貼る場合には、Rアリを使います。DIYで使用される場合は、ほとんどがRアリが使われています。

ササラ巾木

階段の段に合わせてカットできるようになっているシート上の巾木です。3段分が2枚取れるサイズです。

メニュー

MENU

メニュー

メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶ

タイプで選ぶ

タイプで選ぶ

関連リンク

関連リンク

To PageTop