防獣ネットで獣の侵入を防ぐ

害獣対策の正解とは?高い効果を得られる方法をご紹介!防獣ネットで獣の侵入を防ぐ!
設置方法や選び方について

害獣に畑や家庭菜園などを荒らされていませんか?害獣対策をしても数日すれば慣れてしまい、思ったような効果が得られない人も多くいることでしょう。害獣対策に効果的なのは、「防獣ネット」です。防獣ネットをフェンスのように張り巡らせることで、害獣の種類を問わず対策が叶います。そこでこの記事では、害獣対策に悩む人向けに、防獣ネットの選び方や優れた点、設置方法などについて解説します。

害獣被害と対策の種類

害獣被害が発生しやすい場所

害獣に狙われる・害獣が住み着く原因とは?
害獣被害が発生しやすい場所

「害獣=自然が豊かな場所でしか発生しない」と思われがちですが、近年では山で食べ物を得られなくなった害獣が、人里まで降りてくることも少なくありません。害獣がやってくる理由のほとんどは、「餌のニオイ」だと考えられます。畑や家庭菜園など、獣が好物とする食物のニオイがある場所を嗅ぎつけて、やってくることが多いようです。

しかし害獣の餌となるのは手入れをされている果物・野菜ばかりではありません。放置されている柿の木、野菜くずの置かれた畑も害獣被害にあいやすいと言えます。

カラスや肉食の獣の場合は野菜が狙いではなく、外飼いしているペットを求めて襲いに来るケースもあります。

害獣対策の種類

超音波・光・毒餌などの害獣対策が持つ弱点
害獣対策の種類

害獣対策には、超音波や毒餌、ネット(網)などを用いることが多いです。それぞれ効果が異なり、メリットデメリットがあります。

【超音波】
超音波を発生させる害獣対策は、周波数を変えることで多種類の害獣に対応できます。しかし定期的に少しずつ周波数を変えていかないと、害獣が音に慣れてしまう可能性もあります。

【光】
光を使った害獣対策は、小型の獣であれば効果的です。イノシシといった大型の害獣の場合は、光が点灯した程度では効果が薄いといえます。光と同時に大きな音を発して害獣をびっくりさせる装置もありますが、隣家とのトラブルの原因になる可能性も、考慮しておきましょう。

【毒餌】
毒餌は害獣の通り道を特定できている場合、効果を発揮します。しかし死骸が出てしまうこと、害獣以外の動物が誤って餌を食べてしまう危険性も無視できません。

 

効果的な害獣対策と設置方法

害獣対策には防獣ネットの活用がおすすめ!

低リスクでありメリットが豊富なのは防獣ネット!
害獣対策には防獣ネットの活用がおすすめ!

害獣対策にはそれぞれメリットデメリットがあります。設置がしにくかったり害獣によっては効果が薄かったりと、すべての問題に対応できる対策方法は少ないです。

しかし防獣ネットは、その他の害獣対策が抱える問題をクリアしています。たとえば、害獣ネットの扱いは簡単で、女性1人でも設置可能です。設置方法さえ間違えなければ、ほぼすべての獣の侵入を抑制できると考えられます。また、防獣ネットを設置する形を工夫すれば、獣だけでなく空からやってくる鳥害にも対応可能です。

このように、害獣対策を考えるのであれば、防獣ネットの導入が近道といえるでしょう。

害獣対策に使う防獣ネットの選び方

編み目の大きさ・糸の太さ・結び目に注目!
害獣対策に使う防獣ネットの選び方

害獣対策に使用する防獣ネットは、「編み目が大きすぎない」「頑丈である」ことが大切です。大きすぎる編み目の場合、網の目を害獣がすり抜けて侵入してしまう危険性があります。害獣のサイズにもよりますが、編み目は5cm以下を選ぶと多種類の害獣による侵入を防げるでしょう。

また、害獣がネットを噛みちぎろうとしたり引き裂こうとしたりする可能性もあります。害獣にネットを破壊されないよう糸が太いタイプ、さらに頑丈な結び目とされている「無結束タイプ」のネットを選ぶと安心です。

これらの条件を満たしていれば、防球・防鳥・多目的ネットであっても防獣ネットとして兼用できます。

防獣ネットの張り方

正しい設置で高い害獣対策効果を得よう!
防獣ネットの張り方

防獣ネットは正しく張ることで高い効果を発揮します。通常、ネットというと上から垂らして使用するイメージを持っているのではないでしょうか。害獣対策をする場合、フェンスのように支柱と支柱でネットを張り、害獣にとって「壁」を作る方法がおすすめです。

ネットを設置したい場所に、支柱を数本、地面に打ち付けます。このとき、支柱と支柱の間隔は1〜2mが目安です。さらに支柱の強度を増させるために、打ち付ける際は地面深くに埋めましょう。30〜50cmを目安に打ち込むと良いですよ。

その後、ネットを打ち付けた支柱に這わせます。このとき、地面ぴったりの高さにするのではなく、外側に50cmほど伸ばして設置すると、害獣が穴を掘って侵入してこなくなります。外側に伸ばしたネットは風で動かないよう、杭で固定しましょう。

防獣ネットを張った後は?

設置完了後にも気を抜かないで!
防獣ネットを張った後は?

害獣は想像よりも知恵があります。そのため、「防獣ネットを張ったからそれで終わり」とはならないケースがあるため注意が必要です。たとえば、害獣によっては傷んできた防獣ネットを破って、隙間から侵入してしまう可能性があります。また、雨の日の後には土が軟らかくなり、支柱を倒して防獣ネットを突破してくる危険性もゼロではありません。

防獣ネットを張った後は、定期的にメンテナンスをしたり雨の次の日には見回りをしたりなど、害獣被害に合わないように対策を継続しましょう。

RESTAのネットは
1cm単位のサイズオーダーに対応!

RESATAのネット(網)は全商品がタテヨコ1cm単位でのサイズオーダーに対応!害獣対策にはネットのテンションをかけてしっかり隙間なく設置することが重要です!使用場所にぴったりサイズで注文できるネットなら、支柱にしっかりと固定して取付が可能。さらに最大200mまで対応しているから、広範囲への施工も安心です。

防獣ネット(網)として使用可能な
商品のご購入はこちらから

多目的ネット

  • 防鳥・防球・落下防止にも使える多目的ネット。25mmの細かい網目なので、様々な害獣被害を防ぎます。

    税込4,290円~
    網目25mm糸の太さ2.2mm
  • 強固なロープで縫製しているため、強度・耐久性に優れたネットです。長期間使用しても安心の多目的ネット。

    税込4,235円~
    網目37.5mm糸の太さ2.4mm

防鳥ネット

  • ハトやカラス等の防鳥被害用に作られたネット。もちろん害獣対策としても使用可能です。L字カット等の変形オーダーにも対応!

    税込687円~
    網目37.5mm糸の太さ1.4mm
  • 18mm×18mmの細かな網目で害獣をしっかりガード。農作物の被害防止や、お庭への侵入防止など様々な場所で使えます。

    税込996円~
    網目18mm糸の太さ1.4mm

防球ネット

  • 野球などの防球に使用する耐久性に非常に優れたネットです。鹿や猪など、大型の害獣対策に特におすすめ。

    税込798円~
    網目37.5mm糸の太さ2.2mm
  • ポリエチレン製の強力糸で作られた防球用ネット。45mm×45mmと程よい網目で使いやすい。

    税込1,021円~
    網目45mm糸の太さ1.85mm

アイコン 間仕切り・パーテーションのメニュー

  • アコーディオンドア
  • パネルドア
  • 本格ドアの間仕切りプレイス
  • ビニールカーテン
  • 網・ネット

ネット(網)のお役立ちコンテンツ

- RETURN - ネット(網)TOPに戻る

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop