使いこなして上手に壁紙を貼ろう

きれいに壁紙を貼るために道具の正しい使い方とコツを覚えよう!

施工方法以外にも覚えておきたい、道具の正しい使い方を詳しくレクチャー!そのほかにも作業効率を良くするためのコツなどもご紹介します。正しい使い方をマスターして、きれいに壁紙を貼りましょう!

スケール(メジャー)の上手な使い方

  • しっかり押さえる!
  • 壁の長さを天井側から測る場合
    ある程度スケールを引き出した後、天井や廻り縁にスケールの先を当てたら手でしっかりと動かないように押さえます。下部は引き出したスケールを折り曲げ、折り目が床や幅木に当たる位置までスケール本体を降ろします。
    測り終わっても押さえた手は離さずスケールを巻き取りましょう。
  • しっかり押さえる!
  • 壁の長さを床側から測る場合
    ある程度スケールを引き出した後、床や幅木にスケールの先を当て手でしっかりと押さえながら引き出します。押さえた手の届く位置まで引き出せたら、スケールを折り曲げ、折り目が天井や廻り縁に当たる位置までスケール本体を持ち上げます。スケールの先が動いて測りにくい場合はつま先でスケールの先を押さえて固定しましょう。

撫でバケの上手な使い方

  • 空気を抜きたいときは撫でバケを壁に垂直に当て、壁紙の外側へ向かってしっかりと空気を押し出します。

  • 角の部分は壁紙が角に沿うように撫でバケをしっかりと入れ込むと、後の筋目付けがしやすくなります。

  • 壁紙の継ぎ目の部分は撫でバケを動かす方向へ寝かせ、継ぎ目の上をなぞります。

ヘラ(竹へラ・プラスチックへラ)の上手な使い方

  • ヘラを壁に押し当てるように沿わせ、ヘラの角度を45°位に保ちながら筋目を付けます。同じ個所を数回ずつなぞり、しっかりと筋目を付けましょう。

  • 隅の部分は、壁際にかかった切りしろ部分を折り曲げ、2枚に重なったところにしっかりと筋目を入れます。

  • 切りしろが長い場合や角を巻き込んで貼る場合は、のり面が向き合うように壁紙をつまみ、ヘラで少しずつ隅に押し込みながら筋目を付けます。

金属ベラ(地ベラ)の上手な使い方

  • 指はこの隙間に収めよう!
  • 天井側の持ち方
    立ち上がった方の端が室内側に向くように持ち、反対側の地ベラの端を角に入れ込みます。地ベラを壁に押し当てるように壁紙をしっかり押さえて作業しましょう。
  • 床側の持ち方
    4本の指で壁側に押さえる場合と、親指で押さえる場合があり、切り進める方向によって持ち方を変えます。いずれの場合も、しっかりと角に地ベラの端を入れ込み、壁に地ベラを押し付けるようにして壁紙を押さえながら切り進めます。
  • ジョイントカットの時の持ち方
    ジョイントカットの時は、親指で壁に押し当てる持ち方と、4本の指で壁に押し当てる持ち方があります。地ベラが動いてしまわないようにしっかりと押さえることができる持ち方を選びましょう。ジョイントカットの時も、地ベラは壁に沿わせるように押し当てます。

カッターの上手な使い方

  • 指はこの隙間に収めよう!
  • カッターの刃はこまめに折って、切れ味を保ちながら作業をします。切れにくくなった刃で作業を行うと、壁紙の切り口がガタガタになったり、壁紙が引っかかって破れてしまうことがあります。カッターの刃の折り方は、カッターに付いているカッター刃折りを使う他、ペンチなどで挟んで折る方法もあります。

  • 天井側・床側をカットする時の
    カッターの使い方
    壁に沿うようにカッターの刃を地ベラに当て、カッターの角度を寝かせて持ちながらカットしていきます。
  • 壁際カットの時のカッターの使い方
    壁際の方向や利き手によりカッターの当て方が変わります。壁際の方を向いた状態でカッターを持つ腕が室内側にある場合は、カットしやすい持ち方でカットを行いますが、逆の場合は地ベラを持った手の下からカッターを持った手をくぐらせるようにしてカットします。
  • ジョイントカットの時のカッターの使い方
    カッターの刃を壁に垂直に当て、カッターの角度を寝かせて持ちながらカットします。カットの時は、壁紙が動かないように地ベラでしっかりと押さえ付け、地ベラの淵に沿ってカッターの刃を下へ動かします。重なった2枚の壁紙をカットしますが、力を入れすぎて下地までカットしてしまわないように気を付けましょう。
  • 切り進める時はカッターの刃は壁から離さず、地ベラを下へスライドさせるように動かします。地ベラをスライドさせた後は必ずカッターの刃に地ベラの淵が当たっているか、地ベラが真直ぐになっているかを確認しながら切り進めましょう。

ローラーの上手な使い方

  • ローラーの上手な使い方
  • 壁紙の端にローラーを当てる時は、壁際や幅木などにローラーの金具が当たらないように持ち、しっかりと壁紙を押さえます。

スポンジの上手な使い方

  • スポンジ上手な使い方
  • のりの拭き取りに使うスポンジはこまめに水の入ったバケツですすぎながら使いましょう。のりが付いたままの状態で拭き取りを続けると、壁紙に薄くのりが残った状態になり、施工後の壁紙の変色の原因になります。また、ローラーなどの道具に付いたのりもこまめにスポンジで拭き取りながら作業を進めましょう。

壁紙のDIYを始めよう!
  • 便利な糊付きタイプで簡単に壁紙を貼り替え!道具付きチャレンジセットもおすすめ。

  • 粘着剤付きの壁紙をペタッと貼るだけで簡単DIY!貼って剥がせるタイプも選べます。

  • 初めてでも簡単に壁紙DIYを楽しめるRESTAオリジナルのwaltikシリーズ。

- RETURN - 壁紙総合TOPに戻る

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop