網戸と高気密住宅

「高気密断熱住宅では、網戸を使わないのでしょうか?」
という質問を受ける事があります。
本当のところどうなのでしょうか?

熱を逃がさない、熱い日差しで部屋の温度を上げないことが節約になるという考えから、高気密高断熱住宅・24時間自動換気システムを導入している家が増えています。

確かに、熱を逃がさない窓・サッシにすることで、冷暖房の効果が逃げていくのを防ぐことができます。また、最近では花粉症の人も増え、窓を開けない暮らしの方が快適な人もいることでしょう。

ですので、最近の住宅では、網戸がオプションになっているところも珍しくありません。そのような考え方が悪いとは思いませんが、逆に、自然の風を感じて四季を楽しみたいという人や、庭に植物を植えて自然の空気を取り込んでその香りも楽しみたいという人もいるでしょう。窓を開ける生活をしてきた人が、高気密高断熱住宅に住み替えたとしても、生活の仕方は変わらないかもしれません。

また、網戸がオプションになった理由の一つとして住宅展示場で、「この家にはなぜ網戸がついていないのでしょうか?」と質問すると、「高気密高断熱仕様で、24時間自動換気システムがついているので、窓を開ける必要がないから」と返答を受けることもあるかと思います。

しかし、本音の部分では、外観上網戸は少し不恰好になることと、売出価格を少しでも安く見せたいという一面があるのも事実だと思います。実際、エアコンを付けなくても快適に生活できる時期が日本にはあります。その時に窓を開けても、光熱費は変わりません。ですので、窓をあけることに対して抵抗を持つことはないと思います。

さて話をここまで進めてきましたが、結論として、「高気密・高断熱住宅に網戸がいるのか、要らないのか?」という議論はもうしなくても済むようになりました。なぜなら生活してみて必要であれば、リスタで購入すれば良いからです。

今までは、網戸を頼むにしてもどこに頼んでいいかわからない。頼んだ価格が高いのか安いのかわからないという不安があったかもしれませんが、その心配ももうありません。リスタでは、自動見積りで価格が表示され、安く網戸を購入できます。また、定番のメーカーアルミカラーに対応しているので、色が合わないという心配もほとんどありません。

網戸があれば、掃除をかけるときに窓をあけるか開けないか? 24時間換気だけで本当に大丈夫か?などという心配も実際に生活してみて不便と感じた時に考えればいいのです。高気密・高断熱住宅の網戸についての議論は、「必要なときにリスタで購入すれば良い!」という結論で解決です!

大人気ラインナップ!

安心サービス&品揃え

To PageTop