タイルカーペットってどうやって染めているの?

タイルカーペットってどうやって染めているの?

様々な色のバリエーションがあるタイルカーペット。じつはパイル繊維の染め方にも色々あるんです!そんなパイル繊維の染め方色々をご紹介します!

原着染め

原着染め
タイルカーペットのパイル繊維になる前の原料の段階で染料を混ぜて着色する方法です。科学薬品による色落ちや日焼けによる色あせが少ないのが特徴です。

連続染色

連続染色
織り上げた白い状態のパイル繊維を染料を吹きつけながら連続的に流し染色する方法です。

ウインス染色

ウインス染色
織り上げた白い状態のパイル繊維を染料の入った染槽で回転させながら染色する方法です。 この方法で染められたパイル繊維はふっくらとした仕上がりになります。

ジェットプリント

ジェットプリント
タイルカーペットとして仕上がった後にコンピューターにより染色放射ノズルを操作し模様などを染色する方法です。
ロゴや絵など織り込みでは難しい柄を染色できます。

スペース・ダイ

スペース・ダイ
特殊な機械であらかじめ1本の糸を2色以上に染め、その糸を使ってパイルを織り込むことにより、ランダムな模様が出来上がります。

RETURN タイルカーペットTOPに戻る

PICK UP!

To PageTop